Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM(MVNO)

ワイモバイルのiPhone SEが値下げで実質500円。一括なら月額280円で利用可

更新日:

大手キャリアから乗り換えて、ワイモバイル(Y!mobile)でiPhone SEを購入したいという人も多いと思います。

そこで気になるのが、

・iPhone SEの本体価格や実質負担額がいくらなのか?
・端末代を含めた月々の維持費は?
・UQモバイルとどちらが安いのか?

といったことです。

結論から言うと、ワイモバイルのiPhone SEは値下げによって実質負担額が500円(32GBモデル)。SIMフリー版よりも約4万円安く購入できます。

ただし、公式オンラインストアでは実質500円で購入できないことには注意。

また、キャッシュバックなどを考えると、実はワイモバイルよりもUQモバイルでiPhone SEを買った方がお得です。

以下で、ワイモバイル版のiPhone SEの本体価格や実質負担額、プランの月額料金、注意点、UQモバイルとの比較について、詳しく解説していきます。

iPhone SEの特徴と本体価格

コンパクトで持ちやすいiPhone SE

iPhone SEは、4インチのディスプレイを搭載したコンパクトなスマホ。サイズはiPhone5やiPhone5sと同等です。

最新のiPhone8(4.7インチ)などと比べるとサイズが小さく、片手でも快適に操作できるのが特徴。ポケットにもしまいやすいです。

CPUはiPhone 6sと同じA9チップを搭載しているので、性能はiPhone 6よりも上。これから使う上でも申し分ない性能と言えるでしょう。

iPhone SEのスペック詳細(タップして展開)
iPhone SE
ディスプレイ4インチ
画面解像度1,136 x 640
カメラメイン:約1,200万画素
サブ:約120万画素
OSiOS 11
CPUA9チップ
内蔵メモリ
内蔵ストレージ32GB または 128GB
外部メモリ非対応
寸法123.8×58.6×7.6mm
重量113g
バッテリー容量
連続通話時間最大14時間
連続待受時間最大10日間
最大下り速度150Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
指紋認証
テザリング
緊急速報メール

iPhone SEは2016年3月に発売された機種であり、それほど新しくはありません。

しかし、最近のiPhoneは大型化していて、コンパクトな機種はiPhone SE以降登場していません。

最新iPhoneが大きすぎると感じている人、コンパクトで低価格なiPhoneが欲しい人には最適な機種と言えます。

iPhone SE32GB・128GBモデルの本体価格

ワイモバイルでは、内蔵ストレージ容量別で32GB・128GBという2つのモデルのiPhone SEを購入できます。

参考までに、SIMフリー版の本体価格は以下のようになっています。

SIMフリー版 iPhone SE 本体価格
32GBモデル39,800円
128GBモデル50,800円

ワイモバイルでiPhone SEを購入した場合、SIMフリー版よりもどのくらい安くなるのかを以下で確認していきます。

ワイモバイルは割引でiPhone SEを安く買える

ワイモバイルは「月額割引」という端末代割引があり、スマホを安く購入できるのが特徴です。

月額割引は、2年間にわたって月々の料金から一定額を割引するもので、大手キャリアの「月々サポート」「毎月割」と似た割引サービス。実際に支払う端末代(実質負担額)を引き下げることが可能です。

32GBモデルと128GB実質負担額は次のようになっています

iPhone SE 32GBモデルは実質500円、ただし公式ストアは一括のみ

iPhone SEの32GBモデルは、ワイモバイルの公式オンラインストアでは一括払いでしか購入できず、分割払いができません。

32GBモデル
(公式オンラインストア)
スマホプランS・M・L
本体価格(一括)30,000円
分割払い無し
実質負担額30,000円

一括購入は特別割引価格の30,000円で購入が可能です。

ただし、月額割引は適用されないので、実質負担額がこれ以上安くなることありません。

なお、Yahoo!モバイルのワイモバイルストアでは、iPhone SE 32GBモデルの分割払いが可能です。

32GBモデル
(Yahoo!ストア)
スマホプランS・M・L
本体価格(一括)41,300円
分割支払金1,700円×24回+500円
月額割引−1,700円×24回
月々の端末代0円
実質負担額500円
(0円×24回+500円)

月額割引も利用でき、割引適用後の月々の端末代は0円。頭金の500円だけが実質負担額となっています。

SIMフリー版が39,800円なので、差額は39,300円。約4万円安いです。

なお、スマホプランにはS・M・Lと言う容量別のコースがありますが、各コースで月額割引や実質負担額に違いはありません。

なお、Yahoo!モバイルのワイモバイルストアでは、一括払いで32GBモデルを購入することも可能です。

一括払いの場合も実質負担額は500円となり、月額割引によって月々の料金を安くできます。

つまり、iPhone SEの32GBモデルは、現時点ではワイモバイル公式オンラインストアではなく、Yahoo!モバイルのワイモバイルストアで購入するほうがお得です。

iPhone SE 128GBモデルは実質12,500円

一方、128GBモデルは、ワイモバイルの公式オンラインストアでも月額割引を利用して、分割払いで購入できます。

128GBモデル
(公式オンラインストア)
スマホプランS・M・L
本体価格(一括)53,300円
分割支払金2,200円×24回+500円
月額割引−1,700円×24回
月々の端末代500円
実質負担額12,500円
(500円×24回+500円)

128GBモデルは月々の端末代が500円×24回。頭金の500円を加えて実質12,500円で購入できます。

32GBモデルと同様に、スマホプランのS・M・Lで月額割引や実質負担額に違いはありません。

ちなみに、Yahoo!モバイルのワイモバイルストアでも、128GBモデルの実質負担額は公式オンラインストアと同額になっています。
SIMフリー版と比べると実質負担額との差額は38,300円で、約4万円安くなります。

なお、上記はいずれもドコモ・auからの乗り換え、または新規契約の場合の価格。ソフトバンクからの乗り換えは機種変更と同じ扱いになり、月額割引が500円減額されてしまうので注意してください。

ワイモバイルのiPhone SE維持費は月額1,980円〜

スマホプランの月額料金と端末代を含めた、iPhone SEの月々の維持費は以下のようになります。

端末代込みの料金
(32GBモデル)
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月間データ容量2GB
(3年目以降は1GB)
6GB
(3年目以降は3GB)
14GB
(3年目以降は7GB)
月額料金1年目 1,980円
2年目以降 2,980円
1年目 2,980円
2年目以降 3,980円
1年目 4,980円
2年目以降 5,980円
月々の端末代
(2年間)
0円
合計月額料金1年目 1,980円
2年目以降 2,980円
1年目 2,980円
2年目以降 3,980円
1年目 4,980円
2年目以降 5,980円

Yahoo!モバイルのワイモバイルストアで32GBモデルを分割払いで購入した場合、月々の端末代は0円になるので、プランの月額料金だけで利用できます。

小容量のスマホプランSなら月々1,980円、標準的なMなら月々2,980円で利用可能です。

端末代込みの料金
(128GBモデル)
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月間データ容量2GB
(3年目以降は1GB)
6GB
(3年目以降は3GB)
14GB
(3年目以降は7GB)
月額料金1年目 1,980円
2年目以降 2,980円
1年目 2,980円
2年目以降 3,980円
1年目 4,980円
2年目以降 5,980円
月々の端末代
(2年間)
500円
合計月額料金1年目 2,480円
2年目 3,480円
3年目以降 2,980円
1年目 3,480円
2年目 4,480円
3年目以降 3,980円
1年目 5,480円
2年目 6,480円
3年目以降 5,980円

なお、32GBモデルと128GBモデルの差額は月々500円。iPhone SEに写真や動画を大量に保存したい人には128GBモデルがおすすめです。

一括購入なら月額280円〜で利用可

前述の通り、ワイモバイルでiPhone SEを一括購入した場合でも、月額割引を利用することができます(公式オンラインストアの32GBモデル一括購入を除く)。

一括購入すれば、月々の分割支払金が無いので、月額料金からの割引となり、月額280円〜で利用可能です。

一括払い後の月額料金
(32GB・128GBモデル)
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月間データ容量2GB
(3年目以降は1GB)
6GB
(3年目以降は3GB)
14GB
(3年目以降は7GB)
月額料金1年目 1,980円
2年目以降 2,980円
1年目 2,980円
2年目以降 3,980円
1年目 4,980円
2年目以降 5,980円
月額割引
(2年間)
−1,700円
合計月額料金1年目 280円
2年目 1,280円
3年目以降 2,980円
1年目 1,280円
2年目 2,280円
3年目以降 3,980円
1年目 3,280円
2年目 4,280円
3年目以降 5,980円

最初の端末代の負担が大きくなってしまいますが、月々の料金をより安くしたいという人は、iPhone SEを一括払いで購入するのもいいかもしれません。

ワイモバイル版iPhone SEの注意点

ワイモバイル版iPhone SEの注意点は以下の3つです。

・ワイモバイルのスマホプランは2年縛り
・ソフトバンクからの乗り換えは月額割引が減額される
・ワイモバイル版iPhone SEはSIMフリーではない

ワイモバイルのスマホプランは2年縛り

ワイモバイル版のiPhone SEを実質負担額で手に入れるには、2年間継続して利用することが前提です。

スマホプランは2年契約となり、途中解約の場合は違約金9,500円がかかります。また、2年以内に解約すると月額割引も途中で終了するため、割引のメリットもなくなってしまいます。

2年間使い続けないとメリットが無いので、他社にすぐに乗り換えようと考えている人には、ワイモバイル版iPhone SEの購入はおすすめできません。

ソフトバンクからの乗り換えは月額割引が減額される

月額割引の箇所でも説明した通り、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは機種変更と同じ扱いになり、月額割引が500円減額されます。
結果、端末代の実質負担額は12,000円の上乗せになってしまいます。

iPhone SE 32GBモデルが実質12,500円、128GBモデルが実質24,500円となるので、ソフトバンクからの乗り換えは、あまりお得ではないです。

なお、新規契約の場合はドコモ・auからの乗り換えと同じ割引額となります。そのため、電話番号は変わってしまいますが、現在ソフトバンクを使ってる人は新規契約も検討したほうが良いでしょう。

ワイモバイル版iPhone SEはSIMフリーではなくロック解除が必要

また、ワイモバイル版iPhone SEはSIMフリー(SIMロックフリー)ではありません。

他社の格安SIMや大手キャリアに乗り換えて使う場合には、iPhone SEのSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックの解除ができるようになるのは購入日から101日以降。会員サイトの「My Y!mobile」、またはワイモバイルショップでSIMロック解除の手続きができ、手数料はサイトでは無料、ショップでは3,000円となっています。

2年後に他社へ乗り換えることを考えているなら、あらかじめ注意しておいてください。

UQモバイルとワイモバイルはどちらが安い?

iPhone SEは、au系の格安SIMサービスであるUQモバイルからも販売されています。
ワイモバイルとUQモバイルは料金プランもほぼ同じであり、どちらも速度に定評があるので、両方を選択肢として考えてる人もいるかもしれません。

UQモバイルのiPhone SEの実質負担額は32GBモデルが9,700円、128GBモデルが12,100円です。

参考>> UQモバイルのiPhone SEは実質9,700円〜

一見、32GBモデルに関してはワイモバイルが安いように見えますが、実はUQモバイルのほうがおすすめできます。

まず第一の理由として、繰り返しになりますが、ソフトバンクからの乗り換えの場合、実質負担額が1万円以上高くなってしまうことが挙げられます。
UQモバイルなら、ソフトバンクからの乗り換えだからといって不利になることはないので、ソフトバンクを使っている人なら間違いなくUQモバイルに乗り換えたほうが良いです。

そして、もう一つの理由は、UQモバイルの公式オンラインショップでは、現金のキャッシュバックキャンペーンが実施されていることです。

キャッシュバック額は小容量のプランSでは10,000円、標準的なプランMでは11,000円。

このキャッシュバック額と実質負担額をあわせて計算すると、プランSで800円、プランMで1,800円、ワイモバイルよりもお得になります。

iPhone SE 比較ワイモバイルUQモバイル
実質負担額実質負担額キャッシュバック
32GBモデル500円9,700円プランS −10,000円
プランM −11,000円
プランL −13,000円
128GBモデル12,500円12,100円

また、128GBモデルはUQモバイルのほうが実質負担額も400円安いので、キャッシュバックを含めて断然UQモバイルがお得です。
>> UQモバイル公式オンラインショップの現金キャッシュバックキャンペーン(当サイト限定)

なお、ワイモバイルとUQモバイルのプランで異なるのは音声通話。ワイモバイルでは通話が10分かけ放題ですが、UQモバイルでは5分かけ放題の「おしゃべりプラン」と無料通話付きの「ぴったりプラン」を選べるようになっています。

音声通話ではワイモバイルがやや有利なので、端末代よりも通話代を重視する人は、ワイモバイルを選んでも良いかもしれません。

まとめ

ワイモバイルでは、月額割引によってiPhone SEを安く購入できます。

実質負担額は32GBモデルが500円、128GBモデルが12,500円。

ただし、2年縛りのプランであること、公式オンラインストアでは32GBモデルの分割払いができないことに注意が必要です。

さらに、キャッシュバックを考慮するなら、UQモバイルでiPhone SEを購入するほうがお得です。

ぜひ参考にして、損することのないようにiPhone SEを手に入れてください。
公式サイトはこちら>> ワイモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。公 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

4

auのiPhoneを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたいと考えている人も多いと思います。 そこで気になるのが ・自分が使っている機種は使えるのか? ・どのプランを選べばいいのか? ・UQモバイルに乗 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-Y!mobile(ワイモバイル), 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.