Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM(MVNO)

ワイモバイルのiPhone7は一括購入がお得。他社から乗り換えで1万4800円

投稿日:

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えて、iPhoneを購入したいと考えている人も多いと思います。

ワイモバイルで購入できるiPhoneのうち、Apple Payで電子マネーを使いたいなら選択肢はiPhone7だけです。

そこで気になるのが、

  • ワイモバイルのiPhone7はいくらなのか?
  • ワイモバイルのiPhone7は本当に安いのか?
  • 注意すべき点は何か?

といったことです。

結論から言うと、ワイモバイルのiPhone7は一括購入がお得。

他社からの乗り換えなら、iPhone7の32GBモデルが一括14,800円、128GBモデルが一括29,800円で購入でき、分割払いで購入するよりも割安です。

この記事では、ワイモバイルのiPhone7の価格やプラン、注意点について詳しく解説しています。

iPhone7をよりお得に入手するために、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

公式サイトはこちら>> ワイモバイル

ワイモバイルのiPhone7は一括販売特典で1万円台

ワイモバイルで購入できるiPhone7は、32GBモデルと128GBモデルの2種類。

各モデルの価格は以下のようになっています。

iPhone7 32GBモデルは一括14,800円〜

ワイモバイル版iPhone7 32GBモデルスマホプランS・M・L
本体価格67,700円
一括販売特典ドコモ・auから乗り換え14,800円
新規契約24,800円

まず、iPhone7 32GBモデルのワイモバイルでの本体価格は67,700円。

ドコモ・auからの乗り換え(MNP)の場合、「一括販売特典」により14,800円で購入できます。

新規契約の場合は、1万円上乗せされて、一括24,800円で購入可能です。

なお後述の通り、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、一括販売特典の対象外となっています。

iPhone7 128GBモデルは一括29,800円〜

ワイモバイル版iPhone7 128GBモデルスマホプランS・M・L
本体価格79,700円
一括販売特典ドコモ・auから乗り換え29,800円
新規契約39,800円

一方、iPhone7 128GBモデルの本体価格は79,700円。ドコモ・auからの乗り換えの場合、一括29,800円で購入可能です。

乗り換え(MNP)ではなく、電話番号を新たに取得する新規契約の場合は、+1万円で一括39,800円となります。

ワイモバイルの月額料金は1,980円〜

一括販売特典を利用して、一括払いでiPhone7を購入すれば、当然ながら月々の端末代はかかりません。

そのため、プランの月額料金だけでiPhone7を利用できます。

 スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月間データ容量
(データ増量オプション適用時)
3GB9GB21GB
1年目1,980円2,980円4,980円
2年目以降2,980円3,980円5,980円
通話料10分以内の国内通話がかけ放題
(10分を超過した分は20円/30秒)

ワイモバイルのスマホプランはデータ容量別でS・M・Lのコースがあり、たとえば月間3GBのSは月額1,980円(2年目以降は2,980円)。

この料金で10分通話かけ放題が込みなので、1回あたり10分を超える長電話をかけなければ、月々の料金は1,980円だけ。

参考>> ワイモバイルのスマホプランを詳しく解説

また、家族割引を利用すれば、2人目以降は毎月500円引きの月額1,480円になります。

分割購入ならiPhone7の実質負担額は3万円台〜

ワイモバイルのiPhone7は一括購入がお得ですが、もちろん分割払いでも購入できます。

分割払いの場合、端末代割引の「月額割引」が適用されます。月額割引はキャリアの「月々サポート」「毎月割」と似たもので、端末代の一部が2年間にわたって割引され、端末代の実質負担額が安くなります。

なお、月額割引の割引額はスマホプランのSとM・Lで異なっているので、実質負担額にも差があります。

iPhone7を分割購入する場合、32GBモデルと128GBモデルの実質負担額は以下の通りです。

iPhone7 32GBモデルは実質31,700円〜

32GBモデルスマホプランSスマホプランM・L
本体価格67,700円
(頭金500円+2,800円×24回)
分割支払金(24回)2,800円
月額割引(24回)−1,000円−1,500円
月々の端末代1,800円1,300円
実質負担額43,700円
(頭金500円+1,800円×24回)
31,700円
(頭金500円+1,300円×24回)

スマホプランM・Lの場合、iPhone7 32GBモデルの割引適用後の月々の端末代は1,300円。頭金の500円を加えて、実質負担額は31,700円です。

スマホプランSの場合、月額割引が500円減額されるので、月々の端末代は1,800円。実質負担額は43,700円で、スマホプランM・Lと比べて1万円以上高くなります。

iPhone7 128GBモデルは実質43,700円〜

128GBモデルスマホプランSスマホプランM・L
本体価格79,700円
(頭金500円+3,300円×24回)
分割支払金(24回)3,300円
月額割引(24回)−1,000円−1,500円
月々の端末代2,300円1,800円
実質負担額55,700円
(頭金500円+2,300円×24回)
43,700円
(頭金500円+1,800円×24回)

iPhone7 128GBモデルは、32GBモデルと比べて月々の端末代が500円高くなります。

スマホプランM・Lの場合、月額割引適用後の月々の端末代は1,800円。実質負担額は43,700円です。

一方、スマホプランSでは、端末代がさらに月々500円高くなり2,300円。実質負担額は55,700円となります。

なお、上記の実質負担額はドコモ・auからの乗り換え、または新規契約で分割払いを選んだときの金額です。

あとで説明する通り、ソフトバンクのからの乗り換えでは、実質負担額は高くなってしまいます。

iPhone 7の一括購入は分割よりどのぐらいお得か?

端末代の分割払いには、一括払いとは違って「最初の支払いを少なくできる」というメリットもあります。

しかし、一時的な負担が大きくなってしまっても、ワイモバイルのiPhone7は一括払いで購入したほうがお得であることを、以下で見ていきます。

iPhone7 32GBモデルの一括・分割価格を比較

32GBモデルスマホプランSスマホプランM・L
一括販売特典価格
(ドコモ・auからの乗り換え)
14,800円
分割購入時の実質負担額43,700円31,700円
差額−28,900円−16,900円

前述の通り、分割購入ではスマホプランSとM・Lで実質負担額が異なります。しかし一括購入では、スマホプランS・M・Lで価格に違いがありません。

そのため、月間3GBのスマホプランSなら断然、一括購入がお得であり、iPhone7 32GBモデルでは分割購入との差額は28,900円と3万円近くになっています。

一方、大容量のスマホプランM・Lでも一括購入のほうが16,900円安いので、できる限り一括購入を選ぶことをおすすめします。

iPhone7 128GBモデルの一括・分割価格を比較

128GBモデルスマホプランSスマホプランM・L
一括販売特典価格
(ドコモ・auからの乗り換え)
29,800円
分割購入時の実質負担額55,700円43,700円
差額−25,900円−13,900円

iPhone7 128GBモデルでも、スマホプランSのほうが一括購入のメリットが大きく、分割払いとの差額は25,900円となっています。

また、スマホプランM・Lでも一括購入が13,900円お得。そのため、間違いなく一括購入を選んだほうが良いでしょう。

ワイモバイルでiPhone7を購入する際の注意点

一括購入でも2年間の利用が前提

前述の通り、ワイモバイルのiPhone7は32GBモデルが一括14,800円、128GBモデルが一括29,800円で購入可能です(他社からの乗り換えの場合)。

ただし、この一括販売特典は、2年間の利用が前提となっていることには注意が必要です。

24ヶ月以内に途中解約した場合、プランの“2年縛り”の違約金9,500円に加えて、端末代の違約金最大40,000円が別途発生します。

一括払いで購入したからいつ解約しても良いというわけではなく、途中解約の場合は端末代が高くなってしまいます。

なお、分割購入でも2年間利用しなければ月額割引をすべて受けられないので、途中解約の場合、実質負担額が増えることになります。

一括購入でも分割購入でも、2年間の利用が前提となっていることには注意してください。

ソフトバンクからの乗り換えは対象外

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え(MNP)する場合、一括販売特典の対象外となってしまうことも注意すべき点の一つです。

ワイモバイルはソフトバンクが運営する格安ブランドであり、ソフトバンクからワイモバイルへのMNPは「番号移行」として、ドコモ・auからの乗り換えとは扱いが異なっています。

また、分割購入でもソフトバンクから乗り換えは月額割引が減額され、月々の端末代が500円割高になってしまうので不利です。

ソフトバンクから乗り換えの場合、iPhone7の実質負担額は一括・分割ともに以下の金額になります。

ワイモバイル版iPhone7 実質負担額
(ソフトバンクから乗り換え)
スマホプランSスマホプランM・L
32GBモデル55,700円
(500円+2,300円×24回)
43,700円
(500円+1,800円×24回)
128GBモデル67,700円
(500円+2,800円×24回)
55,700円
(500円+2,300円×24回)

そのため、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、iPhone7を購入するのはおすすめできません。

ソフトバンクからワイモバイルに移行したいのであれば、番号が変わってしまいますが新規契約でiPhone7を一括購入するのが良いでしょう。

また、どうしても電話番号を変えたくない場合は、UQモバイルのiPhone7を検討すると良いかもしれません。

一括販売特典では月額割引は非適用

なお通常、ワイモバイルで端末を本体価格のまま一括購入した場合、分割購入と同様に月額割引が適用されます。

そのため、分割購入でも一括購入でも端末代の実質負担額は同額になり、一括購入の場合は毎月の月額料金が割引されるというメリットがあります。

しかし、今回のような「一括販売特典」で購入する場合、月額割引は適用されません。

一括14,800円でiPhone7を購入でき、さらに月額割引で月々の料金も安くなって“二重でお得”、というわけではないので注意してください。

参考>> ワイモバイルのiPhone 6sは一括500円〜。2年縛りに注意

まとめ

ワイモバイルのiPhone7は、分割購入よりも一括購入がお得です。

ドコモ・auからの乗り換えなら、iPhone7 32GBモデルが14,800円、128GBモデルが29,800円で購入できます。(新規契約は1万円上乗せ)

分割購入の場合、実質負担額が32GBモデル31,700円〜となっているので、一括購入のほうがかなり割安です。

なお、一括購入といってもあくまで2年間の利用が前提となり、途中解約の場合は端末代の違約金が発生してしまうことには注意が必要です。

また、ソフトバンクからの乗り換えは一括販売特典の対象外となっていることにも気をつけてください。

高額な料金の大手キャリアから格安のワイモバイルに乗り換えつつ、一括購入でお得にiPhone7を入手してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら>> ワイモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに申し込むと最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 なお、このキャッシュバックは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。UQモバイルの公式オン ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

3

UQモバイルでは、iPhone 6sも購入可能です。約3年前の2015年9月に発売された少し古い機種ですが、安く買えるのであればと興味を持っている人も多いと思います。 そこで、この記事では UQモバイ ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えて、iPhoneを購入したいと考えている人も多いと思います。 ワイモバイルで購入できるiPhoneのうち、Apple Payで電子マネーを使いたいなら選択肢は ...

-Y!mobile(ワイモバイル), 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2019 AllRights Reserved.