Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM(MVNO)

Y!mobileで選ぶべきスマホはどれ?おすすめ機種5選

投稿日:

ワイモバイル(Y!mobile)への乗り換えと、スマホの購入を検討している人も多いと思います。

ワイモバイルには「月額割引」や「一括販売特典」があり、2年契約を条件としてスマホを安く購入できます。

ワイモバイルでは、iPhone 7などのいわゆる“型落ち”の古いiPhoneも購入できますが、手頃な価格の最新機種を購入したいならAndroidスマホを選ぶべきです。

この記事では、価格や機能、性能を踏まえながら、ワイモバイルでおすすめできるAndroidスマホを紹介していきます。

結論から言うと、現時点で一番おすすめできるのはコストパフォーマンスに優れているファーウェイの「P20 lite」。ワイモバイルでは一括100円で購入できます。

また、おサイフケータイや防水に対応する機種が欲しい人には、LGの「Android One X5」がおすすめです。

最後まで読んで、ぜひ参考にしてください。

1位:一括100円の一番人気Androidスマホ「P20 lite」

機種名:P20 lite メーカー:ファーウェイ
本体価格:29,300円 一括販売特典:100円
実質負担額(分割):500円(スマホプランM以上)
発売日:2018年6月15日

ファーウェイの「P20 lite」は、2018年にSIMフリーAndroidスマホで最も売れた機種です。

価格の割に性能が良いという、コストパフォーマンス(コスパ)に非常に優れているのが特徴。約3万円のスマホながら、デュアルレンズカメラや4GBメモリを搭載しています。

また、指紋センサーを廃止した最新iPhoneとは異なり、顔認証と指紋認証の両方を使えるのも魅力です。

格安ながら快適なスマホを使いたい人は、P20 liteを選べば問題ありません。

ワイモバイルでは、一括販売特典により一括100円で購入可能(ドコモ・auからの乗り換え、または新規契約の場合)。

なお、一括100円といっても2年間の利用が前提となっていて、途中解約すると端末代の違約金も発生します。

参考>> ワイモバイルのスマホプランや各種割引を解説

P20 liteの詳細スペックと端末代(タップして展開)
P20 lite
ディスプレイ5.8インチ
画面解像度2280×1080
カメラメイン:約1600万画素+200万画素
サブ:約1600万画素
OSAndroid 8.0
CPUKirin 659(2.36GHz/4コア+1.7GHz/4コア、オクタコア)
内蔵メモリ4GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約W71×H149×D7.4mm
重量約145g
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間[LTE] 約960分
連続待受時間[LTE] 約433時間
最大下り速度最大187.5Mbps
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
ワンセグ×
指紋認証/顔認証◯/◯
テザリング
緊急速報メール
本体価格29,300円
一括販売特典100円
分割時の頭金500円
分割支払金(24回)1,200円
月額割引(24回)-1,200円(スマホプランM以上)
月々の負担額(分割時)0円
実質負担額(分割時)500円

ワイモバイル 一括販売特典の注意点

ワイモバイルの一括販売特典では、2年間の利用が前提。2年以内に解約すると、プランの2年契約の違約金9,500円とは別に、端末代の違約金(機種と経過月数により異なる)がかかります。P20 liteの場合は、違約金が最大19,999円。また、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え(MNP)は対象外です

2位:おサイフ対応の最新Android Oneスマホ「Android One X5」

機種名:Android One X5 メーカー:LG
本体価格:77,300円 一括販売特典:29,800円
実質負担額(分割):31,700円(スマホプランM以上)
発売日:2018年12月13日

Google仕様のスマホである“Android One”のハイスペックな機種がLGの「Android One X5」です。

Android Oneは、Google純正のシンプルなインターフェース(UI)を採用し、最新OSへのアップグレードが最低1回以上保証されているのが特徴。

Android One X5は、おサイフケータイや防水・防塵といった日本向けの機能にも対応。また、ハイスペック機種向けのオクタコアCPU、4GBメモリも搭載しています。

ただし、メインカメラはシングルレンズであり、カメラ機能にはあまり力を入れていないと言えます。

本体価格は77,300円ですが、一括販売特典により29,800円で購入可能。

また、分割払いでは月額割引適用後の実質負担額は31,700円(頭金500円+月々1,300円×24回)。なお、小容量のスマホプランSの場合、月額割引が減額されるので、実質負担額は43,700円となります。(いずれもソフトバンクからの乗り換えは除く)

おサイフケータイや防水に対応した最新スマホがほしいなら、Android One X5を選ぶと良いでしょう。

Android One X5の詳細スペックと端末代(タップして展開)
Android One X5
ディスプレイ6.1インチ
画面解像度3,120×1,440
カメラ[メイン]約1,600万画素
[サブ]約800万画素
OSAndroid 9
CPUMSM8998(オクタコア)2.45GHz + 1.9GHz
内蔵メモリ4GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB
寸法約W72×H153×D7.9mm
重量約158g
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間[FDD LTE]約1100分
連続待受時間[FDD LTE]約420時間
最大下り速度最大400Mbps
Wi-Fia/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.0
防水
防塵
おサイフケータイ
ワンセグ×
指紋認証
テザリング
緊急速報メール
本体価格77,300円
一括販売特典29,800円
分割時の頭金500円
分割支払金(24回)3,200円
月額割引(24回)-1,900円(スマホプランM以上)
月々の負担額(分割時)1,300円
実質負担額(分割時)31,700円

3位:バッテリー長持ちの防水スマホ「Android One S5」

機種名:Android One S5 メーカー:シャープ
本体価格:49,700円 実質負担額:8,900円
発売日:2018年12月21日

「Android One S5」は、ワイモバイルでは比較的安価な“Android One S”シリーズの最新機種。

おサイフケータイや指紋認証には非対応。メモリも3GBで、スペックは必要最低限といった印象です。

シャープ独自の高精細で省電力なIGZO液晶を搭載していて、連続待受時間がLTEで約650時間と、バッテリーが長持ちすることがアピールポイント。

また、防水・防塵対応で、画面に水滴が付いていてもスムーズに動作するので、キッチンや風呂場でスマホを使いたい人にも最適です。

月額割引適用後の実質負担額は8,900円(分割・一括どちらも)。スマホプランSとM・Lで月額割引に差がなく、実質負担額も同額。そのため、小容量のスマホプランSでもお得に購入することができます。

Android One S5の詳細スペックと端末代(タップして展開)
Android One S5
ディスプレイ5.5インチ
画面解像度2160×1080
カメラ[メイン]約1,200万画素
[サブ]約800万画素
OSAndroid 9
CPUSDM450(オクタコア)1.8GHz
内蔵メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB
寸法約W71×H148×D8.1mm
重量約149g
バッテリー容量2,700mAh
連続通話時間[FDD LTE] 約1960分
連続待受時間[FDD LTE] 約650時間
最大下り速度最大112.5Mbps
Wi-Fia/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
防水
防塵
おサイフケータイ×
ワンセグ×
指紋認証×
テザリング
緊急速報メール
本体価格49,700円
一括販売特典
分割時の頭金500円
分割支払金(24回)2,050円
月額割引(24回)-1,700円
月々の負担額(分割時)350円
実質負担額(分割時)8,900円

4位:一括1万円以下で買えるおサイフスマホ「Android One X3」

機種名:Android One X3 メーカー:京セラ
本体価格:41,900円 一括販売特典:9,800円
実質負担額(分割):12,500円(スマホプランM以上)
発売日:2018年1月25日

「Android One X3」は、京セラ製のおサイフケータイ・防水対応スマホです。

おサイフケータイと防水・防塵に加えて、ワンセグ、赤外線通信といったガラケー譲りの日本向け機能にすべて対応しているのが特徴。指紋認証にも対応しています。

耐衝撃性能を備え、ガラスが割れにくい京セラ独自の“ハイブリッドシールド”を採用するほか、省電力設計により3日間充電不要で利用可能としています。

本体価格は42,900円ですが、一括販売特典により9,800円で購入可能。

分割払いの場合、月間9GBのスマホプランM以上なら実質負担額が12,500円。一括購入のほうがわずかにお得です。

手頃な価格のおサイフケータイ対応スマホを購入したい人におすすめできます。

Android One X3の詳細スペックと端末代(タップして展開)
Android One X3
ディスプレイ5.2インチ
画面解像度1920×1080
カメラ[メイン]約1,300万画素
[サブ]約800万画素
OSAndroid 9
CPUSDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
内蔵メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約W72×H149×D8.2mm
重量約150g
バッテリー容量2,800mAh
連続通話時間[LTE]1400分
連続待受時間[LTE]620時間
最大下り速度最大300Mbps
Wi-Fia/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.0
防水
防塵
おサイフケータイ
ワンセグ
指紋認証
テザリング
緊急速報メール
本体価格41,900円
一括販売特典9,800円
分割時の頭金500円
分割支払金(24回)1,725円
月額割引(24回)-1,225円(スマホプランM以上)
月々の負担額(分割時)500円
実質負担額(分割時)12,500円

5位:メインもサブもデュアルレンズのAIカメラスマホ「nova 3」

機種名:nova 3 メーカー:ファーウェイ
本体価格:54,800円 実質負担額:35,600円(スマホプランM以上)
発売日:2018年10月5日

ワイモバイルでは、SIMフリースマホも割引価格で購入できます。

SIMフリースマホの中でおすすめなのは、ファーウェイの「nova 3」です。

メインもサブもデュアルレンズを搭載しているカメラ機能が特徴。シーンや被写体を識別して、撮影方法を自動設定するAI機能も搭載しています。

5万円台のスマホながら、フラグシップ機種と同じCPUを搭載。さらに、ディスプレイが6.3インチと大画面で、バッテリーも3,750mAhと大容量。

128GBという大容量の内蔵ストレージを搭載しているのも特徴の一つです。

本体価格54,800円のところ、月額割引(F)適用により頭金が15,200円、月々の負担額が850円×24回で、実質35,600円で購入できます(スマホプランM以上の場合)。

nova 3の詳細スペックと端末代(タップして展開)
nova 3
ディスプレイ約6.3インチ
画面解像度2340x1080
カメラ約1600万画素カラー+約2400万画素モノクロ
約2400万画素+約200万画素
OSAndroid 8.1
CPUKirin 970 オクタコアCPU (4x2.36GHz+4x1.8GHz)
内蔵メモリ4GB
内蔵ストレージ128GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約73.7×157×7.3mm
重量約166g
バッテリー容量3750mAh
連続通話時間不明
連続待受時間不明
最大下り速度不明
Wi-Fia/b/g/n/ac(2.4 GHz / 5 GHz)
Bluetooth4.2 BLE
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
ワンセグ×
指紋認証/顔認証◯/◯
テザリング
緊急速報メール×
本体価格54,800円
一括販売特典
分割時の頭金15,200円
分割支払金(24回)1,650円
月額割引(F)(24回)-800円
月々の負担額(分割時)850円(スマホプランM以上)
実質負担額(分割時)35,600円

まとめ

ワイモバイルでAndroidスマホを購入するなら、現時点ではファーウェイの「P20 lite」が最もおすすめできます。低価格ながら十分な性能を備えたコスパに優れた機種で、ワイモバイルなら一括100円で購入可能。

また、おサイフケータイや防水に対応したスマホを購入したいなら、LGの「Android One X5」を選ぶと良いでしょう。

なお、ワイモバイルでは旧型のiPhoneも購入できますが、やっぱりiPhoneが欲しいという場合は一括500円のiPhone 6sがおすすめです。

自分にぴったりな機能・価格の機種を選んで、月額料金の安いワイモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら>> ワイモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに申し込むと、5,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 なお、このキャッシュバックは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。UQモバイルの公式オンライ ...

2

UQモバイルでは、SIMカードとスマホをセットで購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、おサイフケータイや ...

3

UQモバイルのiPhone7が、2018年12月20日に販売開始されました。 格安のiPhoneを購入したい人にとって、Apple Payや防水に対応したiPhone7は注目の存在です。 UQモバイル ...

4

UQモバイルでは、iPhone 6sも購入可能です。約3年前の2015年9月に発売された少し古い機種ですが、安く買えるのであればと興味を持っている人も多いと思います。 そこで、この記事では UQモバイ ...

5

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

-Y!mobile(ワイモバイル), 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2019 AllRights Reserved.