Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM(MVNO)

ワイモバイルでAndroid Oneを購入するメリットと選び方のポイント

投稿日:

ワイモバイル(Y!mobile)は、Android Oneというスマホを購入できるのが特徴のひとつです。

そこで気になるのが、

・そもそもAndroid Oneとは何か?
・他のAndroidスマホとの違いは?
・ワイモバイルでAndroid Oneを選ぶメリットは?
・結局のところ、Android Oneは買いなのか?

といったことです。

この記事では、ワイモバイルで購入できるAndroid Oneの特徴やメリット、選び方のポイントについて解説していきます。

Android OneはGoogle仕様のスマホ

Android Oneは、Googleのサービスをシンプルに使いやすくしたスマホです。

そもそも、AndroidはGoogleが開発しているOSですが、オープンソースとして提供されているため、Androidを搭載したスマホ(Androidスマホ)は様々なメーカーによって製造されています。

それぞれのAndroidスマホは、各メーカーやキャリアによってカスタマイズが行われているので、ホームアプリのUI (ユーザーインターフェイス)や標準搭載されているアプリには違いがあります。

要するに、一口にAndroidスマホといっても、メーカーによってバラバラであるということです。

Android Oneは、Androidオリジナルのインターフェイスを搭載し、必要最低限のアプリだけを標準搭載したスマホ。メーカーによるバラつきを抑えているのが特徴です。

Nexus/Pixelシリーズとは異なる

なお、Android Oneは「Google製のスマホ」というわけではありません。

Googleがハードウェアの開発も手がけているAndroidスマホには、Nexusシリーズ、Pixelシリーズがありますが、Android Oneはこれらとは位置付けが異なります。

Android Oneは一定の条件を満たす必要はあるものの、メーカー独自の機能を加えることも許されています。

たとえば、ワイモバイルのAndroid Oneでは、防水・防塵やおサイフケータイといった日本向けの機能が搭載されています。

OSバージョンアップとセキュリティアップデートを保証

Android Oneの特徴であり、メリットでもあるのがOSのバージョンアップとセキュリティアップデートが保証されていることです。

具体的には、発売から24ヶ月間に最低1回のOSのバージョンアップを実施。また、発売から3年間はセキュリティアップデートが毎月提供されます。

Androidスマホは、前述したメーカーやキャリアによるカスタマイズが要因で、OSのバージョンアップがなかなか実施されないことがあります。

最新OSの2世代以上前のOSが使われているケースもあり、古いOSはセキュリティリスクにつながるので問題です。

Android Oneは最低1回のOSバージョンアップが保証されていて、即時ではないものの、比較的早い時期にバージョンアップを実施可能。

また、セキュリティアップデートも毎月提供されるため、最低でも3年程度は安全に使い続けられる端末となっています。

スマホ選びでセキュリティを重視する人には、Android Oneがおすすめできます。

Android Oneを購入するメリットは選びやすさと価格

ワイモバイルのスマホの中でAndroid Oneを買うメリットは、選びやすさと価格の2つです。

ワイモバイルのAndroid Oneには、高性能なAndroid One Xシリーズ、性能はそこそこで低価格のAndroid One Sシリーズがあります。

そのため、高性能か低価格のどちらが良いかを決めれば、スマホ選びで悩むことはありません。あとは、発売時期から最適なものを選べば良いでしょう。

各機種の価格と発売時期は以下の通りです。

機種名メーカースマホプラン本体価格実質負担額発売時期
Android One X3京セラS62,900円29,300円2018年1月
M・L17,300円
Android One X2HTCS62,900円29,300円2017年12月
M・L17,300円
Android One X1シャープS58,100円24,500円2017年6月
M・L12,500円
Android One S4京セラS46,100円12,500円2018年2月(予定)
M・L500円
Android One S3シャープS46,100円12,500円2018年1月
M・L500円
Android One S2京セラS・M・L29,300円500円2017年3月
Android One S1シャープS・M・L29,300円500円2017年2月

ワイモバイルのスマホプランでは、端末代割引の「月額割引」によって、スマホの実質負担額を下げられます。

参考>> ワイモバイルのスマホプランと月額割引の解説

ただし、データ容量が小さいスマホプランSは、M・Lより割引額が少なくなり、実質負担額が高くなることがあります。

以下で、最新機種2つの特徴と本体価格を詳しく確認してみます。

Android One最新機種の特徴と価格

防水・おサイフ・指紋認証対応のAndroid One X3

Android One X3は、京セラ製の高性能スマホ。OSはAndroid 8.0を搭載しています。

防水・防塵・耐衝撃性能に加えて、おサイフケータイや指紋認証にも対応。赤外線通信やワンセグといったガラケーでも人気だった機能も搭載しています。

メインカメラは1,300万画素、サブカメラは800万画素。内蔵メモリは3GB、内蔵ストレージは32GBです。

本体価格は62,900円で、分割払いは頭金500円+月々2,600円×24回。月額割引が−1,900円、差し引きで月々の端末代が700円。実質負担額は17,300円(500円+700円×24回)となっています。

なお、上記はドコモ・auからの乗り換えで、スマホプランM・Lを申し込んだ場合の価格。新規契約・機種変更とソフトバンクからの乗り換えは、月額割引が減額されるので、月々の端末代が+500円になります。

また、小容量のスマホプランSで申し込む場合も、月額割引が減額され、月々の負担が+500円増えます。

Android One X3の詳細スペックと価格(タップして展開)
Android One X3
ディスプレイ5.2インチ
画面解像度フルHD(1920×1080)
カメラメイン:約1300万画素
サブ:約800万画素
OSAndroid 8.0
CPUSDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
内蔵メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約72×149×8.2mm
重量約150g
バッテリー容量2,800mAh
連続通話時間[3G]1550分[LTE]1400分
連続待受時間[3G]690時間[LTE]620時間[AXGP]600時間
最大通信速度下り最大250Mbps / 上り最大37.5Mbps
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
防水
防塵
おサイフケータイ
指紋認証
テザリング
緊急速報メール
本体価格一括:62,900円
分割:500円+2,600円×24回
月額割引1,900円(スマホプランM・L)
月々の端末代700円
実質負担額17,300円

IGZO液晶搭載で防水・防塵のAndroid One S3

Android One S3は、シャープ製の防水・防塵対応スマホ。OSはAndroid 8.0です。

高精細かつ低消費電力のIGZO液晶を搭載しているのが特徴。防水・防塵には対応していますが、おサイフケータイや指紋認証には非対応と、X3よりもスペックは劣っています。

メインカメラは1,300万画素、サブカメラは500万画素。内蔵メモリは3GB、内蔵ストレージは32GBです。

本体価格は46,100円で、分割払いは頭金500円+月々1,900円×24回。

ドコモ・auからの乗り換えでスマホプランM・Lの場合、月額割引が−1,900円なので、月々の端末代は0円。頭金の500円だけで購入できます。

スマホプランSで申し込む場合は、月額割引が−1,400円となり、月々の端末代は500円。実質負担額は12,500円となります。

なお、新規契約と機種変更、ソフトバンクからの乗り換えは、月額割引の減額によって、月々+500円の負担増です。

Android One S3の詳細スペックと価格(タップして展開)
Android One S3
ディスプレイ5.0インチ
画面解像度フルHD(1920×1080)
カメラメイン:約1310万画素
サブ:約500万画素
OSAndroid 8.0
CPUMSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
内蔵メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約71×144×8.5mm
重量約143g
バッテリー容量2,700mAh
連続通話時間[3G]1190分[LTE]1310分
連続待受時間[3G]約740時間[LTE]約605時間[AXGP]約590時間
最大通信速度下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth4.2
防水
防塵
おサイフケータイ×
指紋認証×
テザリング
緊急速報メール
本体価格一括:46,100円
分割:500円+1,900円×24回
月額割引1,900円(スマホプランM・L)
月々の端末代0円
実質負担額500円

UIが同じなので機種変更がしやすい

前述の通り、Android OneはAndroidオリジナルのインターフェースを搭載しているので、メーカーが異なっていても見た目が同じで、使い勝手がほとんど変わりません。

そのため、次回もAndroid Oneに機種変更すれば、たとえ別のメーカーの端末でも違和感なく移行できるでしょう。

機種変更するたびに操作方法で悩むことがないのも、Android Oneのもう一つのメリットといえます。

まとめ

Android Oneは、必要最低限のアプリだけを標準搭載したGoogle仕様のAndroidスマホ。

余計なアプリが搭載されていないので、OSのバージョンアップが早く、24ヶ月間で最低1回のバージョンアップが保証されているのが特徴です。

さらに、セキュリティアップデートが毎月提供され、セキュリティ面でも安心できます。

ワイモバイルのAndroid Oneは、高性能なXシリーズ、低価格なSシリーズの2種類だけなので、選び方が簡単。Sシリーズなら実質500円で購入することも可能です。

ワイモバイルで、セキュリティが高い最新スマホに乗り換えたい人、iPhone以外のスマホを購入したい人なら、Android Oneを選んでおけば間違いないでしょう。

公式サイトはこちら>> ワイモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 キャッシュバックがもらえるなら、乗り換え費用を穴埋めできるので ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 iPhone XSなどの新型iPhoneが発表されたことに伴い、アップル公式オンラインストアではiPhone SEの販売が終 ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-Y!mobile(ワイモバイル), 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.