UQモバイル 格安SIM(MVNO)

まだ使えるiPhone7でUQモバイルに乗り換えるメリットと注意点3つ

更新日:

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone7を使っていて、UQモバイルに乗り換えようと考えてる人も多いかもしれません。

iPhone7は2016年9月の発売で、分割払いやプランの2年縛りからそろそろ解放される時期となっています。

そこで気になるのが、

  • UQモバイルでiPhone7が使えるのか?
  • UQモバイルを選ぶメリットとデメリットは?
  • UQモバイルではどのプランを選べばいいのか?
  • iPhone7はまだ使えるけれど、新型のiPhoneに変えたほうがいいのか?

といったことです。

以下で解説していくので、最後まで読んで参考にしてください。

UQモバイルはiPhone7対応

まず結論から言うと、UQモバイルではドコモ・au・ソフトバンク すべてのキャリアのiPhone7 / 7 Plus(以下、まとめてiPhone7)を利用可能です。

UQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧でも、iPhone7が利用できることを確認できます。

また、iPhone7より搭載され、Suicaなどの電子マネーが使えるApple PayもUQモバイルで利用することが可能です。

ただし、UQモバイルでiPhone7を使う場合、以下のような注意点もあります。

UQモバイルでiPhone7を使うときの注意点

UQモバイルでiPhone7を使うときに注意すべき点は以下の3つです。

  • iPhone7でテザリングが使えない
  • SIMフリー版以外はSIMロック解除が必要(au版も)
  • プロファイルのインストールが必要

iPhone7でテザリングが使えない

まず、UQモバイルのSIMカードでiPhone7を使う場合、iPhoneをモバイルルーターのようにできるテザリングが利用できません。

iPhone6s・SE以前の機種であれば、UQモバイルでもテザリングを利用できるので、これはiPhone7の一番のデメリットと言えます。

au版iPhone7もSIMロック解除が必要

次に、大手キャリア3社のiPhone7をUQモバイルで使用する前には、SIMロックの解除が必要になります。

UQモバイルはau回線を使用する格安SIMですが、au版のiPhone7でもSIMロックの解除が必要になるのが注意すべきポイントです。

もちろん、ドコモ・ソフトバンク版のiPhone7もSIMロックの解除が必要。

なお、SIMフリー版のiPhone7を購入してキャリアで使っているのであれば、UQモバイルで使う前にSIMロックの解除は必要ありません。

iPhone7はプロファイルのインストールが必要

iPhone7をUQモバイルで使う場合、ネットワーク設定のためのプロファイル(APN構成プロファイル)のインストールが必要です。

なお、iPhone7用のプロファイルはUQモバイルのWebページから簡単にインストールできます。

わずかな手間ではありますが、iPhone6s・SE以前の機種ならプロファイルのインストールが不要なので、これもiPhone7のデメリットの一つだと言えます。

このように、UQモバイルでiPhone7を使う上では、いくつかのデメリットもあります。

しかし、月々の料金を安くしたいのであれば、UQモバイルに乗り換えることは大いに有りです。

次に、UQモバイルでiPhone7を使うときに選ぶべきプランについて解説していきます。

iPhone7で選ぶべきUQモバイルのプラン

UQモバイルには、通話代込みの主力プランである「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」もありますが、iPhone7を持ち込んで使うなら「データ高速+音声プラン」が一番おすすめです。

データ高速+音声プランは、月間データ容量が3GBのコースのみ。月額料金は1,680円、通話料は20円/30秒となっています。

参考>> UQモバイルのデータ高速+音声プランを解説

おしゃべりプラン・ぴったりプランがおすすめできない理由は、スマホをセット購入する人に向いたプランだからです。

スマホを安く買える端末代割引がある代わりに2年縛り(2年契約)となっていて、月額料金も高めです。そのため、iPhone7を持ち込みたい人には向いていません。

一方、データ高速+音声プランは、2年縛りがないことが特徴。1年間の最低利用期間はあるものの、その後はいつ解約しても違約金はかかりません。

また、音声通話のかけ放題や無料通話が付いていないこともポイント。音声通話をあまり使わない人でも、通話代を無駄にすることなく利用できます。

UQモバイルでスマホ買うならAndroid

前述の通り、おしゃべりプラン・ぴったりプランは端末代割引があるので、スマホをセット購入する人に向いたプランです。

もしも、iPhone7に飽きてきて新しいスマホに変えたいのであれば、UQモバイルに乗り換えるついでにスマホを買い替えるのもいいかもしれません。

ただし、UQモバイルでスマホをセット購入するなら、iPhoneよりもAndroidスマホがおすすめです。

UQモバイルではiPhoneも購入できますが、iPhoneSE / iPhone6sというiPhone7よりも古い機種しかありません。

Androidスマホであれば最新機種も数多くあり、端末代の実質負担額が100円というものもあります。

参考>> UQモバイルはマンスリー割でスマホが実質100円〜

まとめると、UQモバイルにiPhone7を持ち込んで使うなら、2年縛りやかけ放題が付いていない、データ高速+通話プランを選ぶべきです。ただし、スマホを変えたいなら、おしゃべりプラン・ぴったりプランでAndroidスマホを購入するのがおすすめです。

UQモバイルのメリットとどんな人に向いているのか?

次に、UQモバイルのメリットと、どんな人に向いているかについて見ていきます。

UQモバイルに乗り換えるメリットは、安くてシンプル

UQモバイルに乗り換える一番のメリットは、月々のスマホ料金を安くできることです。

データ高速+音声プランは月額1,680円なので、あまり電話をかけない人であれば、月々の料金を2,000円以下に抑えられます。

また、料金プランをシンプルにできることもUQモバイルのメリットです。

大手キャリアには、料金プランが年々複雑になっているという問題があります。

auやソフトバンクでは、2年ごとにiPhoneを買い替えると機種代金が半額になるというアップグレードプログラムを提供していますが、これは実質的な4年縛りです。

また、ドコモも含めて3社が提供しているパケット料金が段階制のプランは、データ使用量の上限を自分で決められないので、データ通信を使い過ぎると月額料金が高額になってしまう可能性があります。

参考>> ドコモの段階制プラン「ベーシックパック」の落とし穴

一方、UQモバイルなら、データ高速+音声プランは2年縛りではないので、「解約時期を逃したから違約金がかかってしまう」ということはありません。また、データ通信を使い過ぎて料金が高額になることもないので、安心して利用できます。

さらに、UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が比較的速いのも特徴です。

料金が安くなっても通信速度が遅くなってしまうというのが、格安SIM全般のデメリット。しかし、auのサブブランドとも呼ばれるUQモバイルなら、料金を安くしつつ、大手キャリアと遜色ない通信速度でデータ通信を楽しむことができます。

どんな人がUQモバイルに向いているか?

ここまで見てきた注意点やメリットから、iPhone7で格安SIMに乗り換えたいとき、UQモバイルは以下のような人に向いていると言えます。

  • データが大容量じゃなくてもいい人
  • 通信速度にはこだわりたい人
  • 料金プランをシンプルにしたい人

データが大容量じゃなくてもいい人

UQモバイルのデータ高速+音声プランは、月間データ容量が3GBのコースしかないので、もっと大量のデータを使いたいという人には向いていません。

外出先で動画を見たりすることなく、そこまでデータ通信を使わない人におすすめできます。

また、iPhone7でテザリングを利用できないので、パソコンやタブレットを接続してインターネットを使いたいという人にも向いていません。

外出時にはiPhoneだけを持ち歩くという人なら、UQモバイルを選んでも問題ないでしょう。

通信速度にはこだわりたい人

通信速度にこだわる人なら、UQモバイルを選ぶべきです。

他社の格安SIMの場合、設備増強などによって一時的に通信速度が速くなることがあっても、ユーザーの増加に伴って速度が低下してしまうということが起きています。

格安SIMで安定的に通信速度が速いのは、現在のところUQモバイルとワイモバイルだけです。

料金プランをシンプルにしたい人

前述の通り、データ高速+音声プランは2年縛りもなく、通話のかけ放題も付いていないのでシンプルです。

大手キャリアの料金プランが複雑でわかりにくいと感じている人なら、UQモバイルを選んだほうがいいかもしれません。

なお、かけ放題が付いていないのは、通話をよく使う人にとってはデメリットと言えるかもしれません。

しかしその場合は、どの格安SIMでも使える10分かけ放題の「G-Call」などのサービスを使えば、データ高速+音声プランでもかけ放題利用することが可能です。

iPhone7で選ぶべきSIMサイズと種類

iPhone7をUQモバイルに持ち込んで使う場合、SIMカードのみを購入することになりますが、サイズや種類は自分で選ぶ必要があります。間違った種類のSIMカードを購入すると、あとでSIMカード交換料がかかってしまうので注意してください。

ネットで申し込むなら、大手キャリアのようにSIMカードを店舗でセットしてくれるわけでもないので、自分でSIMカードの装着を行うことになります。

UQモバイルでiPhone7に対応するSIMカードは、高音質通話のVoLTEに対応する「マルチSIM」です。

マルチSIMは、自分で切り抜いてサイズを変えられるSIMカードとなっていて、nano SIMのサイズで切り抜いて、iPhone7に装着することになります。

まとめ

iPhone7は、2016年9月に発売されましたが、約2年経ってもまだまだ使える機種たと言えます。

Apple Payで電子マネーが使えるのはもちろん、カメラやバッテリー、指紋IDなどは後継機種のiPhone8とほぼ同等の性能。決して見劣りするわけではありません。

大手キャリアの買い替えプログラムに踊らされて、律儀に2年ごとにiPhoneを買い替える必要はないです。

iPhone7がまだ使えると思っているなら、高額なお金を出して最新機種に変えるよりも、iPhone7を使い続けたほうが良いでしょう。

UQモバイルに乗り換えれば、月々の料金を安くできて、通信速度は大手キャリア並みで
快適にデータ通信ができます。

しかし、テザリングができないことや、au版でもSIMロック解除が必要といったデメリットもあります。

とはいえ、料金を安くしたしたいなら、UQモバイルに乗り換えるべきです。

スマホ料金のことでもう悩みたくないなら、iPhone7をUQモバイルに持ち込んで、大手キャリアの複雑なプランから解放されてみてはいかがでしょうか。

>> UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンはSIMのみ申し込みも対象【当サイト限定】

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone SEも割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

UQモバイル公式オンラインショップにて、当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。公 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

4

auのiPhoneを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたいと考えている人も多いと思います。 そこで気になるのが ・自分が使っている機種は使えるのか? ・どのプランを選べばいいのか? ・UQモバイルに乗 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.