UQモバイル 格安SIM(MVNO)

UQモバイルのiPhone7は実質3万1700円〜。最大1万円キャッシュバックも

更新日:

UQモバイルのiPhone7が、12月20日より販売開始されました。

格安のiPhoneを購入したい人にとって、Apple Payや防水に対応したiPhone7は注目の存在です。

UQモバイルでは、iPhone SEが販売終了となり、その代わりに登場したのがiPhone7です。なお、iPhone 6sも実質9,700円に値下げされて販売されています。

そこで気になるのが、

  • UQモバイルのiPhone7は本当にお買い得なのか?
  • UQモバイルで購入する際の注意点やデメリットは?
  • iPhone7は今さら買うべき機種なのか?

といったところです。

結論から言うと、UQモバイルのiPhone7は実質負担額31,700円〜。

なお、ドコモ・auからの乗り換えの場合、現時点ではワイモバイル(Y!mobile)でiPhone 7を一括購入するほうがお得です。

以下で詳しく解説していくので、最後まで読んで参考にしてください。

また、当サイトから申し込み限定のUQモバイルのキャッシュバックキャンペーンについても紹介しているので、見落とさないようにしてください。

UQモバイルのiPhone7は端末代割引があるのでお得

UQモバイル版iPhone7のラインナップと本体価格

UQモバイルで販売されているiPhone7は、32GBモデルと128GBモデルの2機種。大画面のiPhone7 Plusは取り扱われていません。

本体価格は、32GBモデルが62,900円、128Gモデルが74,900円。分割払いの場合の分割支払金は、以下のようになっています。

UQモバイル版 iPhone 7 本体価格
32GBモデル一括払い62,900円
分割払い初回500円+2,600円×24回
128GBモデル一括払い74,900円
分割払い初回500円+3,100円×24回

iPhone7のマンスリー割と実質負担額

UQモバイルには、「マンスリー割」という端末代割引があり、iPhone7を安く購入できます。

マンスリー割が適用されるのは、通話代込みのプランである「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」のみ。どちらのプランもデータ容量別にS・M・Lという3つのコースがあります。

参考>> UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプラン

なお、プランSとM・Lでは、マンスリー割の割引額が異なっています。

32GBモデルの場合、マンスリー割の割引額は以下の通りで、割引後の月々の端末代はプランSなら1,800円、プランM・Lなら1,300円。

32GBモデルプランSプランM・L
分割支払金(24回)2,600円
マンスリー割(24回)−800円−1,300円
月々の端末代1,800円1,300円
実質負担額43,700円
(初回500円+1,800円×24回)
31,700円
(初回500円+1,300円×24回)

端末代の実質負担額は、初回に上乗せされる500円を加えて、プランSが43,700円、M・Lが31,700円となっています。

一方、128GBモデルでも、マンスリー割はプランSが800円、M・Lが1,300円。

128GBモデルプランSプランM・L
分割支払金(24回)3,100円
マンスリー割(24回)−800円−1,300円
月々の端末代2,300円1,800円
実質負担額55,700円
(初回500円+2,300円×24回)
43,700円
(初回500円+1,800円×24回)

割引後の月々の端末代はプランSが2,300円、M・Lが1,800円で、32GBモデルよりも月々500円ずつ高くなります。

実質負担額は、プランSで55,700円、M・Lで43,700円です。

SIMフリー版iPhone7の本体価格と比較

iPhone7は、アップルの公式オンラインストアなどでSIMフリー版を購入することも可能です。

UQモバイルでのiPhone7の実質負担額と、SIMフリー版の価格を比べると、以下のようになります。

32GBモデルプランSプランM・L
UQモバイル版本体価格(参考)62,900円
実質負担額43,700円31,700円
SIMフリー版50,800円
差額−7,100円−19,100円

32GBモデルの場合、プランM・LならSIMフリー版よりも19,100円安くなります。

128GBモデルプランSプランM・L
UQモバイル版本体価格(参考)74,900円
実質負担額55,700円43,700円
SIMフリー版61,800円
差額−6,100円−18,100円

また、128GBモデルでは、SIMフリー版よりも18,100円安くなる計算です(プランM・Lの場合)。

ワイモバイル版iPhone7は条件により一括14,800円

iPhone7は、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイル(Y!mobile)からも販売されています。

まず、ワイモバイル版のiPhone7は、32GB・128GBモデルともに分割払いの実質負担額はUQモバイルと同額。

しかし、ドコモ・auからの乗り換えの場合、一括販売特典により32GBモデルが14,800円、128GBモデルが29,800円で購入できます。

ワイモバイル版iPhone 7 実質負担額 スマホプランSスマホプランM・L
32GBモデル分割43,700円
(頭金500円+1,800円×24回)
31,700円
(頭金500円+1,300円×24回)
一括14,800円(ドコモ・auから乗り換え)
(新規契約は24,800円)
128GBモデル分割55,700円
(頭金500円+2,300円×24回)
43,700円
(頭金500円+1,800円×24回)
一括29,800円(ドコモ・auから乗り換え)
(新規契約は39,800円)

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランもほぼ同じなので、ドコモ・auから乗り換えるなら、ワイモバイルで一括購入したほうが良いです。

参考>> ワイモバイルのiPhone 7は他社から乗り換えで一括14,800円〜

しかし、ソフトバンクから乗り換える場合、ワイモバイルでは「機種変更」と同じ扱いになり、一括販売特典は非適用。さらに、分割払いでも端末代割引が減額され、月々500円割高になってしまいます。

参考>> ソフトバンクから乗り換えるならワイモバイルでなくUQモバイルを選ぶべき

そのため、ソフトバンクから乗り換えてiPhone7を購入したいなら、UQモバイルを選ぶべきです。

なお、新規契約の場合は、ワイモバイルの一括販売特典価格は1万円割高になってしまいます。一括価格が高額になってしまうこと、UQモバイルでは後述のキャッシュバックキャンペーンが実施されていることから、トータルではUQモバイルを選んだほうがお得です。

UQモバイル版iPhone7の月々の維持費

マンスリー割適用後の月々の端末代と、おしゃべりプラン・ぴったりプランの月額料金を組み合わせると、iPhone7の毎月の維持費は以下のようになります。

まず、32GBモデルの場合、維持費が一番安いのはデータ容量が月間3GBのプランSを選んだときで、合計月額3,780円です(1年目)。

 プランSプランMプランL
月間データ容量3GB9GB21GB
基本料金1,980円
(14ヶ月目以降は2,980円)
2,980円
(14ヶ月目以降は3,980円)
4,980円
(14ヶ月目以降は5,980円)
分割支払金2,600円
マンスリー割(24ヶ月間)−800円−1,300円
合計月額料金3,780円
(2年目 4,780円、3年目以降 2,980円)
4,280円
(2年目 5,280円、3年目以降 3,980円)
6,280円
(2年目 7,280円、3年目以降 5,980円)
(実質負担額)43,700円31,700円

しかし前述の通り、プランSではマンスリー割の割引額が少なくなるので、プランMの合計月額料金との差は月々500円しかありません。

そのため、データ容量が月間3GBでは物足りないと思うのであれば、月間9GBのプランMを選んだほうが良いです。

一方、128GBモデルの場合、合計月額料金は以下の通りです。

 プランSプランMプランL
月間データ容量3GB9GB21GB
基本料金1,980円
(14ヶ月目以降は2,980円)
2,980円
(14ヶ月目以降は3,980円)
4,980円
(14ヶ月目以降は5,980円)
分割支払金3,100円
マンスリー割(24ヶ月間)−800円−1,300円
合計月額料金4,280円
(2年目 5,280円、3年目以降 2,980円)
4,780円
(2年目 5,780円、3年目以降 3,980円)
6,780円
(2年目 7,780円、3年目以降 5,980円)
(実質負担額)55,700円43,700円

こちらも、プランSとMの差は月々500円だけなので、余裕があるならプランMを選ぶことをおすすめします。

なお、UQモバイルには家族割引もあるので、家族で使う場合、2人目以降は毎月500円引き(月額1,480円〜)で利用可能です。

参考>> UQモバイルの家族割引は毎月500円引き

UQモバイルでiPhone7を購入する注意点

おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛り

UQモバイルでiPhone7を購入する際の注意点の一つは、マンスリー割が適用されるおしゃべりプラン・ぴったりプランが“2年縛り”のプランであることです。

2年以内に解約した場合は、違約金9,500円が発生します。

また、途中解約の場合はマンスリー割も途中で終了してしまうため、割引をフルで受けることができず、実質負担額が増えてしまいます。

そのため、2年以内に解約するつもりであれば、UQモバイルでのiPhone7の購入はおすすめできません。

通話代込みのプランなので割高

もうひとつの注意点は、おしゃべりプラン・ぴったりプランは通話代込みのプランであることです。

おしゃべりプランは5分かけ放題、ぴったりプランは無料通話が付いたプランとなっていて、他の格安SIMと比べると月額料金はやや高めです。

そのため、音声通話をほとんど使わない人には、おしゃべりプラン・ぴったりプランはあまりおすすめできません。

SIMロックがかかっている

まだ、UQモバイルで販売されるiPhoneにはSIMロックがかかっていることにも注意が必要です。

SIMロックの解除を申し込めるのは、一括払いの場合を除いて、購入から101日目以降。

SIMロックの解除は、会員サイトの「my UQ mobile」なら無料で手続きができますが、UQお客様センターに電話する場合は、3,000円の手数料が発生します。

2年後に、他社の格安SIMなどに乗り換えることを考えているのなら、留意しておきましょう。

UQモバイル版iPhone7を機種変更で購入するのは損

なお、すでにUQモバイルを利用している場合も、機種変更でiPhone7を購入することが可能です。

しかし、iPhone7のマンスリー割は、機種変更では割引額が減額されてしまうことに注意。SIMフリー版よりも割高になるケースもあるので、機種変更でのUQモバイル版iPhone7の購入はおすすめできません。

具体的には、マンスリー割が500円減額されるため、新規申し込みと比べて、実質負担額が12,000円(500円×24回)高くなります。

32GBモデル(機種変更)プランSプランM・L
UQモバイル版本体価格(参考)62,900円
実質負担額55,700円
(2,300円×24回+500円)
43,700円
(1,800円×24回+500円)
SIMフリー版50,800円
差額+4,900円−7,100円
128GBモデル(機種変更)プランSプランM・L
UQモバイル版本体価格(参考)74,900円
実質負担額67,700円
(2,800円×24回+500円)
55,700円
(2,300円×24回+500円)
SIMフリー版61,800円
差額+5,900円−6,100円

プランSの場合、32GB・128GBモデルともに実質負担額がSIMフリー版iPhone7よりも高くなってしまいます。

一方、プランM・Lでは、SIMフリー版よりは数千円安くなるものの、そこまでお得とは言えません。

UQモバイルで機種変更を考えている場合は、現時点ではiPhone7以外の機種を選んだほうが良いでしょう。

iPhone SEとの違いは? iPhone7の機種の特徴をおさらい

最後に、iPhone7の機種の特徴をおさらいしておきます。

iPhone7は、2年前の2016年9月に発売されたやや古い機種となります。

しかし、iPhone版のおサイフケータイともいえる「Apple Pay」に対応しているほか、防水にも対応しているので、最新機種と比べてそこまで機能が見劣りするわけではありません。

iPhone XS・XRといった最新機種は、パソコンが買えてしまうほどの高価格になっているので、型落ちでリーズナブルなiPhoneを購入するという戦略は有効です。

また、最新iPhoneでは廃止されてしまったホームボタンを搭載し、指紋認証(Touch ID)が利用できるのもメリットです。

ステータスよりも実用性やコストパフォーマンスを重視するなら、iPhone7を選ぶべきです。

前機種のiPhone 6s、iPhone SEと比較すると、前述の通りApple Payに対応してSuicaなどの電子マネーが利用できること、水深1mで最大30分の耐水性能という防水に対応していることが一番の違い。

 iPhone 7iPhone 6siPhone SE
ディスプレイ4.7インチ4.7インチ4インチ
画面解像度1,334 x 7501,334 x 7501,136 x 640
カメラメイン:約1,200万画素メイン:約1,200万画素メイン:約1,200万画素
サブ:約700万画素サブ:約500万画素サブ:約120万画素
OSiOS 12.1.4iOS 12.1.4iOS 12.1.4
CPUA10 FusionチップA9チップA9チップ
内蔵メモリ
内蔵ストレージ32GB または 128GB32GB または 128GB32GB または 128GB
外部メモリ非対応非対応非対応
寸法138.3×67.1×7.1mm138.3×67.1×7.1mm123.8×58.6×7.6mm
重量138g143g113g
バッテリー容量
連続通話時間最大14時間最大14時間最大14時間
連続待受時間最大10日間最大10日間最大10日間
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.24.24.2
防水××
防塵××
Apple Pay(FeliCa)××
指紋認証
テザリング
緊急地震速報
本体価格(32GBモデル)一括:62,900円一括:55,300円(販売終了)
分割:500円+2,600円×24回分割:100円+2,300円×24回
マンスリー割−1,300円(プランM以上)−1,900円
月々の端末代1,300円400円
実質負担額31,700円9,700円

一方、デメリットとしては、iPhone 6sまで搭載されていたイヤホンジャックがなくなり、Lightning端子でイヤホンを接続することが挙げられます。

なお、iPhone 8以降に搭載されているワイヤレス充電には非対応です。

とにかく、iPhone 7の一番のメリットはApple Payと防水に対応していて、それをUQモバイルなら実質3万円程度で購入できることです。

しかし、これらの機能が必要ないという人なら、実質9,700円〜で購入できるUQモバイル版のiPhone 6sのほうがおすすめといえます。

参考>> UQモバイルのiPhone 6sは実質9,700円〜

まとめ:最大10,000円還元のキャンペーンも

UQモバイルのiPhone7は、実質負担額が31,700円〜で、SIMフリー版よりも約2万円安く購入できることが特徴。

端末代込みで月々3,780円〜という維持費で利用できるので、Apple Payに対応したiPhoneを安く運用したい人にはおすすめと言えます。

ただし、端末代割引のマンスリー割が適用されるおしゃべりプラン・ぴったりプランが、2年縛りであることには注意。UQモバイルを長く使い続けるつもりがないなら、選ばないほうが良いでしょう。

なお、当サイトからの申し込み限定で、最大10,000円の現金がもらえるUQモバイルのキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

たとえば、おしゃべりプラン・ぴったりプランのLなら10,000円、Mなら9,000円、Sなら8,000円のキャッシュバックがもらえます。

UQモバイルのiPhone7をさらにお得に入手できるチャンスとなっているので、格安にiPhoneを入手しつつ、月々の料金も安くしたいなら、この機会を逃さないようにしてください。

>> 当サイト限定、UQモバイルの申し込みで最大10,000円キャッシュバック

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone 6s / 7も割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は3GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

当サイトからの申し込み限定で、最大10,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに申し込むと最大10,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。なお、このキャッシュバックは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。UQモバイルの公式オンラ ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

3

UQモバイルでは、iPhone 6sも購入可能です。約3年前の2015年9月に発売された少し古い機種ですが、安く買えるのであればと興味を持っている人も多いと思います。 そこで、この記事では UQモバイ ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えて、iPhoneを購入したいと考えている人も多いと思います。 ワイモバイルで購入できるiPhoneのうち、Apple Payで電子マネーを使いたいなら選択肢は ...

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2019 AllRights Reserved.