UQモバイル 格安SIM(MVNO)

au版iPhone 6/6s等でUQモバイルに乗り換えるメリットと注意点

更新日:

auのiPhoneを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたいと考えている人も多いと思います。

そこで気になるのが

・自分が使っている機種は使えるのか?
・どのプランを選べばいいのか?
・UQモバイルに乗り換える注意点は?

といったことです。

結論から言えば、auのiPhone 5s以降はUQモバイルで利用可能です。

とくにiPhone6や5sなら、テザリングが利用できる格安SIMはUQモバイルだけなので、これらの機種でUQモバイル選ぶメリットは大きいです。

ただし、機種によって使えるSIMカードの種類が違うなど、UQモバイルに乗り換える際にはいくつかの注意点もあります。

この記事では、UQモバイルで使えるau版iPhoneの機種と注意点、UQモバイルで選ぶべきプランなどについて解説していきます。さらに、UQモバイルで使えるドコモ版・ソフトバンク版のiPhoneもあわせて解説します。

また、UQモバイルへの乗り換えにお得なキャッシュバックキャンペーンも紹介するので、見落とさないように気をつけてください。

格安SIM選びで間違わないように、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

au系格安SIMでUQモバイルを選ぶメリットとデメリット

auのiPhoneを格安SIMで使うなら、au回線を使ったau系MVNO(格安SIM)が第一候補になります。通信エリアがauと全く同じなので、電波のつながりにくさを気にせずに利用可能です。

au系格安SIMにはUQモバイルのほか、mineo、IIJmio、BIGLOBEモバイルなどがありますが、iPhoneで使うなら、UQモバイルが一番メリットが大きいです。

なぜなら、UQモバイルには「iPhone 6や5sでもテザリングが使える」「プロファイルのインストールが不要」という特徴があるからです。

以下で詳しく説明します。

iPhone 6や5sでもテザリングが使える

iPhoneにUQモバイルSIMカードを装着した場合、iPhoneをモバイルルーターのように使えるテザリングが利用可能です。

au系格安SIMでは、iPhoneでテザリングを利用できないというデメリットがありましたが、2018年10月31日よりテザリングがほぼ全面的に解禁されました。

UQモバイルでは、以前からiPhone SEや6sなどテザリングを利用可能な機種がありましたが、テザリング解禁によって、iPhone 8やiPhone Xなどを含むすべての機種でテザリングが利用可能になっています。

mineoやIIJmioのau回線に対応するSIMカードでも、多くのiPhoneでテザリングが利用可能になりましたが、iPhone 5sやiPhone 6ではテザリングが使えないことには注意が必要です。

au SIMでのテザリングUQモバイルmineoIIJmioBIGLOBEモバイル
iPhone 5s×動作対象外動作対象外
iPhone 6 / iPhone 6 Plus×動作対象外動作対象外
iPhone 6s / iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7 / iPhone 7 Plus
iPhone 8 / iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XS / XS Max
iPhone XR

プロファイルのインストールが不要

iPhoneで格安SIMを使う場合、通常は各MVNOのAPN構成プロファイル(プロファイル)をインストールする必要があります。プロファイルをインストールしないと、データ通信が使えません。

しかし、UQモバイルだけはプロファイルのインストールが不要。iPhoneでキャリアアップデートをするだけで、データ通信が使えます。

UQモバイル以外の格安SIMでは、プロファイルをインストールするまではデータ通信が使えないので、プロファイルのダウンロード自体をWi-Fiなどで行わなければいけません。そのため、自宅にネット環境がない場合は、Wi-Fiの確保に苦労することがあります。

Wi-Fiを確保してプロファイルをダウンロードするといった手間が必要なく、簡単にiPhone使い始められるのがUQモバイルのメリットです。

なお、プロファイルのインストールが不要なのは、iPhone 7以前の機種。iPhone 8以降( 8 / X / XS / XR)では、プロファイルのインストールが必要となっています。

MMS(メール)が使える

UQモバイルでは、月額200円のオプションサービスで「@uqmobile.jp」というメールアドレスを利用可能です。

iPhone 5sからSEまでの機種では、このUQモバイルのメールアドレスをMMSに設定して、「メッセージ」アプリで使えます。

ただし、iPhone 8以降ではMMSも利用できないことには注意してください。

UQモバイルのデメリットはプランが少ないこと

一方、UQモバイルのデメリットは、選べるプランが少ないことです。

詳しいプランについては後述しますが、他のau系格安SIMと比べて、データ容量の選択肢が少なくなっています。

そのため、「テザリングが使える」「プロファイルのインストールが不要」ということにメリットを感じず、プランが多いことを望むなら、他の格安SIMを検討したほうが良いです。

UQモバイルに持ち込めるau版iPhoneと対応SIM

UQモバイルで利用可能なau版iPhoneの機種を表にまとめてみます。

au版iPhone機種通話 / データ通信テザリングSIMロック解除プロファイルの
インストール
対応SIMモデル番号
iPhone 5s不要不要専用SIMA1453
iPhone 6 / iPhone 6 Plus不要不要専用SIMA1586 / A1524
iPhone 6s / iPhone 6s Plus必要不要マルチSIMA1688 / A1687
iPhone SE必要不要マルチSIMA1723
iPhone 7 / iPhone 7 Plus必要不要マルチSIMA1779 / A1785
iPhone 8 / iPhone 8 Plus
不要必要マルチSIMA1906 / A1898
iPhone X不要必要マルチSIMA1902
iPhone XS / XS Max不要必要マルチSIMA2098 / A2102
iPhone XR不要必要マルチSIMA2106

ポイントは、iPhone 6以前と6s以降ではSIMカードの種類が異なるということ。また、iPhone 6s〜7までは、UQモバイルで使う前にSIMロックの解除が必要となっています。

au版iPhone 6 / 5sでテザリングが使えるのはUQモバイルだけ

iPhone 6 / 5sをUQモバイルで利用する場合、iPhone専用SIMを選ぶことになります。

専用SIMはLTEに加えて3Gにも対応しているのが特徴。ちなみに、もう一つのマルチSIMはLTEだけに対応し、3Gには非対応です。

なお、au系格安SIMのうち、IIJmioとBIGLOBEモバイルはマルチSIMしか提供してないので、iPhone 6 / 5sでは使えません。つまり、これらの機種の選択肢はUQモバイルかmineoだけです。

この2つで比べた場合、テザリングが使えて、プロファイルのインストールが不要という点でUQモバイルが有利です。

なお、iPhone 6 / 5sはSIMロックの解除が不可なので、ドコモ系の格安SIMでは使えません。

そのため、iPhone 6や5sでテザリングを使いたいなら、UQモバイルしか選択肢はありません。

au版iPhone 6s / SE / 7はSIMロックの解除が必要

au版iPhone 6s / SE / 7もUQモバイルで利用できます。ただし、あらかじめiPhoneのSIMロックを解除しておく必要があります。

iPhone 6s以降で使えるマルチSIMは高音質通話のVoLTEに対応していますが、auのVoLTE対応機種は、au系格安SIMで使う場合でもSIMロックの解除が必要になることが注意すべき点です。

au版iPhoneのSIMロック解除は、auの公式サイトから手続きする場合は無料、auショップで手続きする場合は手数料3,000円がかかります。

なお、SIMロックを解除すれば、au版iPhoneをドコモ系格安SIMで使うことも可能です。つまり、必ずしもau系格安SIMにこだわる必要はありません。

しかし、プロファイルのインストールが不要であることがUQモバイルのメリット。また、全体的にドコモ系格安SIMは速度が遅くなることがありますが、UQモバイルは速度の速さに定評があります。

プロファイルのインストール不要で簡単に使い始めたい場合、通信速度が遅くなるのが嫌な場合は、UQモバイルを選ぶことをおすすめします。

なお、auのSIMロック解除のルールは2017年12月に変更されており、auで端末を購入した本人以外はSIMロックの解除ができません。

また、解約後100日を経過すると、購入した本人でもSIMロックの解除ができなくなってしまいます。

中古でau版のiPhoneを購入した人、すでにauを解約している人などは注意してください。

参考>> iPhone 7でUQモバイルに乗り換えるメリットと注意点

au版iPhone 8 / XはSIMロックの解除が不要

ちなみに、auのVoLTE対応機種でも2017年8月以降に発売のものは、SIMロックを解除せずにau系格安SIMで使えます。

参考>> iPhone 8で選ぶべきUQモバイルのプラン

そのため、iPhone 8  / X以降はSIMロックを解除せずにUQモバイルで利用可能です。

しかし、auから乗り換える前にはSIMロックを解除したほうが良いです。

前述の通り、auのSIMロック解除のルールが変更され、解約後100日を過ぎると、購入した本人でもSIMロックの解除ができなくなります。

もし今後、ドコモ・ソフトバンク系の格安SIMに乗り換えたくなった場合、SIMロックが解除できないので、iPhone 8 / Xを持ち込むことができなくなるからです。

なお、au版iPhoneでSIMロックの解除ができるようになるには、購入から100日以上経過している必要があります。

au版iPhoneでUQモバイルへ乗り換える時に選ぶべきプラン

au版のiPhoneを持ち込んでUQモバイルで使う際に、選ぶべきプランは「データ高速+音声プラン」「データ無制限+音声プラン」の2つです。

プラン名種別基本料金データ容量と通信速度通話料最低利用期間
データ高速プランデータ専用SIM980円月間3GBまで
受信最大150Mbps
(送信最大25Mbps)
3GBを超えた場合は
送受信最大200kbps
-なし
データ高速+音声プラン音声通話対応SIM1,680円20円/30秒12ヶ月
データ無制限プランデータ専用SIM1,980円月間データ容量無制限で
送受信最大500kbps
-なし
データ無制限+音声プラン音声通話対応SIM2,680円20円/30秒12ヶ月

UQモバイルの主力プランとしては、5分かけ放題が付いた「おしゃべりプラン」、無料通話が付いた「ぴったりプラン」がありますが、端末を持ち込んで使うのには向いていないプランと言えます。

なぜなら、おしゃべりプラン・ぴったりプランは、自動更新型の2年契約(2年縛り)と引き換えに、端末代の割引があり、スマホをセット購入する場合にメリットがあるプランだからです。

一方、データ高速+音声プラン・データ無制限+音声プランには2年縛りがなく、1年間の最低利用期間があるだけです。1年経過後は、いつ解約しても違約金はかかりません。

参考>> UQモバイルの縛りなしプランの詳細

ただし、最初にも述べた通り、UQモバイルはプランの選択肢が少ないことがデメリットです。

データ無制限プランは最大500kbpsという低速のデータ通信が使い放題のプランなので、高速データ通信を使いたいのであれば、月間3GBのデータ高速+音声プランを選ぶしかありません。

おしゃべりプラン・ぴったりプランでスマホを買い替えるのもアリ

ちなみに、おしゃべりプラン・ぴったりプランなら、プランS・M・Lという3つのコースがあり、それぞれ月間2GB・6GB・14GBの高速データ通信を使えます。

UQモバイルを長く使うつもりなので2年縛りが気にならず、5分かけ放題や無料通話を付けたい場合は、おしゃべりプラン・ぴったりプランを選ぶのもアリですが、それなら端末代割引を活用して、いっそのことスマホを買い替えたほうが良いです。

UQモバイルの端末代割引は「マンスリー割」と呼ばれるもので、Androidスマホを実質100円で購入できます。また、UQモバイル版のiPhone SEiPhone 6sは実質100円ではありませんが、マンスリー割によって割引価格で購入可能です。

参考>> スマホを実質100円で買えるマンスリー割

iPhone 5sなどの古い機種を使っている場合、実質100円なら、ほぼ出費なしでスマホを新しくできるので、端末の持ち込みだけでなく、買い替えも検討してみると良いでしょう。

参考>> UQモバイルのおすすめ機種5選と実質負担額

UQモバイルで使えるドコモ・ソフトバンク・SIMフリー版のiPhone

ドコモやソフトバンクからiPhoneを持ち込んでUQモバイルに乗り換えたいという人もいるかもしれません。

ドコモ・ソフトバンク・SIMフリー版iPhoneのUQモバイルにおける対応機種を表にまとめてみます。

ドコモ版iPhone機種通話 / データ通信テザリングSIMロック解除プロファイルの
インストール
対応SIMモデル番号
iPhone 6s / iPhone 6s Plus必要不要マルチSIMA1688 / A1687
iPhone SE必要不要マルチSIMA1723
iPhone 7 / iPhone 7 Plus必要不要マルチSIMA1779 / A1785
iPhone 8 / iPhone 8 Plus必要必要マルチSIMA1906 / A1898
iPhone X必要必要マルチSIMA1902
iPhone XS / XS Max必要必要A2098 / A2102
iPhone XR必要必要A2106

ソフトバンク版iPhone機種通話 / データ通信テザリングSIMロック解除プロファイルの
インストール
対応SIMモデル番号
iPhone 6s / iPhone 6s Plus必要不要マルチSIMA1688 / A1687
iPhone SE必要不要マルチSIMA1723
iPhone 7 / iPhone 7 Plus必要不要マルチSIMA1779 / A1785
iPhone 8 / iPhone 8 Plus必要必要マルチSIMA1906 / A1898
iPhone X必要必要マルチSIMA1902
iPhone XS / XS Max必要必要マルチSIMA2098 / A2102
iPhone XR必要必要マルチSIMA2106

ドコモ・ソフトバンク版のiPhoneでUQモバイルで利用できるのはiPhone 6s以降。iPhone 8 / Xを含めて、すべての機種でSIMロックの解除が必要です。

なお、モデル番号はau版iPhoneと同一なので、対応周波数帯も同じ。Androidスマホのように対応周波数帯の違いで電波をつかみにくくなる、という心配はありません。

SIMフリー版iPhone機種通話 / データ通信テザリングSIMロック解除プロファイルの
インストール
対応SIMモデル番号
iPhone 5s不要不要専用SIMA1453
iPhone 6 / iPhone 6 Plus不要不要専用SIMA1586 / A1524
iPhone 6s / iPhone 6s Plus不要不要マルチSIMA1688 / A1687
iPhone SE不要不要マルチSIMA1723
iPhone 7 / iPhone 7 Plus不要不要マルチSIMA1779 / A1785
iPhone 8 / iPhone 8 Plus不要必要マルチSIMA1906 / A1898
iPhone X不要必要マルチSIMA1902
iPhone XS / XS Max不要必要マルチSIMA2098 / A2102
iPhone XR不要必要マルチSIMA2106

SIMフリー版はau版と同様にiPhone 5s以降のすべての機種が利用できます。

対応するSIMカードは、iPhone 6までの機種がiPhone専用SIM。6s以降はマルチSIMです。

プロファイルの要不要はau版iPhoneと同じ

また、iPhone 8以降では、APN構成プロファイルのインストールが必要になることはau版と同様です。

ドコモ版やソフトバンク版のiPhoneでは、SIMロックの解除が必須となるので、UQモバイルへの乗り換えは正直デメリットもあります。

しかし、格安SIMの中でも通信速度が速いのがUQモバイルの特徴。速度を重視する人なら、UQモバイルに乗り換えることで、料金を下げつつ快適に利用できるでしょう。

まとめ

UQモバイルでは、iPhone 5s以降のau版iPhoneを利用できます。

ほぼすべてのiPhoneでテザリングを利用でき、プロファイルのインストールが不要(iPhone 7以前の機種)なのがUQモバイルのメリット。ただし、プラン選択肢が少ないのがデメリットです。

しかし、iPhone 6や5sでテザリングを使いたいなら、UQモバイルを選ぶしかありません。また、iPhone 6s / SEはSIMロック解除が必要になるものの、プロファイルのインストール不要で簡単に、なおかつ快適な速度で使いたいなら、UQモバイルを選ぶのがベストです。

au版iPhoneでUQモバイルに乗り換える際に最適なデータ高速+音声プランは月額1,680円。あまり通話を使わない人なら、通話料を含めても月々2,000円以下で運用できるでしょう。

なお、UQモバイルでは、当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の現金キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

iPhoneの持ち込みに最適なデータ高速+音声プランなら5,000円のキャッシュバック。おしゃべりプラン・ぴったりプランのSでは10,000円のキャッシュバックがもらえます。

>> UQモバイルで最大13,000円の現金キャッシュバックが実施中

月々のスマホ料金を大幅に節約しつつ、キャッシュバックももらって、有意義にお金を使いたいなら、UQモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone SEも割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は3GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
データ通信
通信速度受信最大150Mbps / 送信最大25Mbps
(データ無制限プランは送受信最大500kbps)
通信速度制限月間データ容量を超えた場合は
送受信最大200kbps
データの繰り越し翌月まで
追加チャージ料金100MB/200円、500MB/500円
SMS送受信料国内SMS送信料3円/通
国際・海外SMS送信料100円/通
受信料0円
オプションサービス
電話基本パック380円/月
(留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退サービス)
着信転送サービス月額料0円
割込通話サービス月額料0円
(VoLTE用プランは200円/月)
番号通知リクエスト月額料0円
フィルタリング300円/月
端末保証500円/月
(無償修理または低価格で有償交換)
端末補償380円/月
(端末修理および盗難・紛失時の補償。
UQモバイル端末のみ。iPhoneは対象外)
遠隔サポート350円/月
メール200円/月
(◯◯◯@uqmobile.jpのメールアドレス)
公衆無線LAN月額料0円
(Wi2 300 for UQ mobile)
セキュリティ290円/月
各種手数料
SIMカード再発行3,000円
SIMカードサイズ変更3,000円
SIMカード交換3,000円
MNP転出料3,000円
解約金契約解除料9,500円
(最低利用期間内の解約の場合)
最低利用期間と料金支払方法
最低利用期間12ヶ月:音声通話対応SIM
なし:データ専用SIM
料金支払方法クレジットカード / 口座振替
当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに新規申し込みすると、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 キャッシュバックがもらえるなら、乗り換え費用を穴埋めできるので、損することなく格安 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 iPhone XSなどの新型iPhoneが発表されたことに伴い、アップル公式オンラインストアではiPhone SEの販売が終 ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.