UQモバイル 格安SIM(MVNO)

UQモバイルでWi-Fiスポットを活用するなら「ギガぞう」。無料プランもあり

更新日:

UQモバイルで公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)が使えるのかどうかが、気になっている人もいると思います。

結論から言うと、UQモバイルではオプションサービスによって、無料でWi-Fiスポットを利用できます。

なお、UQモバイルの公衆無線LANサービスは2種類あります。

そのため、UQモバイルに乗り換えた後で、2種類の公衆無線LANサービスがどう違うのか、どちらを選べばいいのかと迷うこともあるかもしれません。

そこでこの記事では、UQモバイルの公衆無線LANサービスについて、詳しく解説していきます。最後まで読んで参考にしてください。

UQモバイルの公衆無線LANサービスは「Wi2 300」と「ギガぞう」

UQモバイルで公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を利用するためのオプションサービスは2種類あります。

UQモバイルの公衆無線LANサービス月額料金特徴
Wi2 300 for UQ mobile無料・通常362円
・約6万ヶ所のスポットを利用可能
・アプリで自動接続
ギガぞう500円(Googleウォレット決済)、または
463円(iTunes / クレジットカード決済)
※無料プランあり
・アプリでVPN接続&自動接続
・LTE通信のデータ量も圧縮
・無料プランのエリアはWi 300同等

ひとつ目は「Wi2 300 for UQ mobile」。通常は月額362円の有料サービスですが、UQモバイルのユーザーであれば月額無料で利用可能です。

Wi2 300 for UQ mobileは従来からあるオプションサービスであり、月額料金や初期費用も無料のため、魅力的に感じられるかもしれません。

しかし、もうひとつのサービスであり、2018年6月にオプションサービスに追加された「ギガぞう」のほうが安全かつ簡単に利用できるので、おすすめできます。

ギガぞうは月額500円。ただし、UQモバイル向けにフリープランが用意されていて、一部のサービスは無料で利用できます。

なお、ギガぞうの提供開始によって、Wi2 300 for UQ mobileの新規利用登録はできなくなっています。以前から利用している人は、引き続き利用可能です。

「ギガぞう」はVPNでWi-Fiスポットに安全に接続可能

ギガぞうは、スマホに専用アプリをインストールすることで、安全かつ簡単にWi-Fiスポットを利用できるサービスです。

VPN(仮想プライベートネットワーク)接続という仕組みを利用しており、スマホとWebサイトが暗号化されたネットワークでつながれるので、通信を盗み見しようとする攻撃から身を守ることができます。

また、VPN接続により画像・動画のデータを圧縮でき、LTE通信のデータ使用量を節約することも可能です。

専用アプリをインストールしていれば、こうしたVPN接続を自動で利用でき、Wi-Fiスポットにも自動で接続できます。接続するたびにパスワードを入力したりする必要なく、手軽にWi-Fiスポットを利用できるのが特徴です。

ギガぞうスタンダードプランは月額500円。無料プランもあり

ギガぞうの利用料金は月額500円(または月額463円)。ただし、UQモバイル向けのフリープランも用意されていて、一部のサービスを無料で利用できます。

フリープランと有料のスタンダードプランでは、利用できるアクセスポイント(SSID)が異なります。

具体的には、スタンダードプランでは「Wi2eap」というSSIDに接続できますが、フリープランでは接続できません。また、VPN接続機能もフリープランでは利用できません。

主なSSIDスタンダードプラン
(月額500円)
フリープラン
(無料)
オプションエリアチケット
(1時間100円〜)
Wi2eap
Wi2
Wi2_club
Wi2_free
Wi2premium
Wi2premium_club

フリープランで利用できる主なSSIDは「Wi2」「Wi2_club」となっていて、「Wi 300」のエリアとほぼ同等となっています。

なお、「Wi2premium」「Wi2premium_club」というSSIDはオプションエリアとなり、1時間/100円(税込)〜の有料チケットを購入すると利用可能。スタンダードプランでもチケットの購入が必要です。

ギガぞうアプリのインストールと初期設定

以下では、iPhoneでの「ギガぞう」アプリのインストールと初期設定について説明します。

まず、ギガぞうのWebサイトのリンクから、UQモバイル専用のギガぞうアプリをインストールします。

アプリの起動後、指示に従って2種類のプロファイルをインストールする必要があります。1つ目はWi-Fiスポットに自動接続するためのプロファイル、もう1つがVPN接続を行うためのプロファイルです。

次に[新規登録]から、ギガぞうのID/パスワードを設定してログインすれば、利用を開始できます。

なお、ギガぞうとWi2 300はどちらもワイヤ・アンド・ワイヤレス社のサービスですが、すでにWi2 300を利用している場合も新規登録が必要です。Wi2 300のID/パスワードは使えないので注意してください。

UQモバイルのユーザーなら初回ログイン後、スタンダードプランを30日間無料で体験できます。

なお、無料体験をするにあたって、クレジットカードなどの決済情報の登録は必要ありません。無料体験期間が終了したら、自動でフリープランに切り替わる仕組みなので、安心して利用できます。

ギガぞうの月額500円は高い?安い?

スタンダードプランと無料のフリープランとの主な違いは「Wi2eapというSSIDが使えるかどうか」ですが、体感的にはこの差が大きく感じられます。

主要な喫茶店でもWi2eapが使える店は多いですが、Wi2・Wi2_clubが使える店はあまりありません。

利用エリアはギガぞうのWebページでも検索できますが、無料体験期間に自分のよく行く店で確認してみるといいでしょう。

スタンダードプランは月額500円。これが高いか安いかは使い方によります。

UQモバイルでの追加データの料金は500円/500MBです。

そのため、Wi2eapが使える店で、1ヶ月に500MBを超えるデータ通信を利用するのであれば、スタンダードプランを続けても損はないと言えます。

まとめ

UQモバイルでWi-Fiスポットを使いたいなら、「ギガぞう」を使うのがおすすめです。

月額500円の公衆無線LANサービスですが、UQモバイル向けのフリープランもあり、一部を無料で利用できます。

VPNを使用して安全にWi-Fiスポットに接続できるほか、LTE通信でもVPNを使ってデータ使用量を圧縮することが可能です。

ギガぞうを使用するには、専用アプリとプロファイルをインストールするだけ。パスワードなどの入力も必要なく、Wi-Fiスポットに自動的に接続できます。

Wi-Fiスポットを安全かつお得に利用するためにも、UQモバイルに申し込んだら、ギガぞうのインストールを忘れないようにしましょう。

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone SEも割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は3GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに新規申し込みすると、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 キャッシュバックがもらえるなら、乗り換え費用を穴埋めできるので、損することなく格安 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 iPhone XSなどの新型iPhoneが発表されたことに伴い、アップル公式オンラインストアではiPhone SEの販売が終 ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-, , ,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.