BIGLOBE 格安SIM(MVNO)

BIGLOBEモバイルのiPhone SE/6sはコスパ微妙。5つの注意点とは?

投稿日:

BIGLOBEモバイルがiPhone SE / iPhone 6sの販売を開始しました。

2018年1月8日まではキャッシュバックキャンペーンが実施中なので、SIMフリー版を購入するよりも安くなっています。

しかし、BIGLOBEモバイルのiPhone SE / 6sには、いくつか注意すべきポイントがあります。

以下で、詳しく解説していきます。よく理解する前に申し込んで、後から後悔することがないように、最後まで読んで参考にしてください。

BIGLOBEモバイル版iPhone SE / 6sはau回線のみ

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線に対応する「ドコモSIM」、au回線に対応する「au SIM」という2種類の格安SIMを提供しています。

しかし、iPhone SE / 6sを購入できるのはau SIMのプランのみ。ドコモSIMではiPhone SE / 6sを購入できません。

BIGLOBEモバイルのドコモSIMとau SIMでは、エンタメフリーオプションが100円高くなるなど、au SIMのほうが少し不利です。

au SIMのデメリットを理解した上で、iPhone SE / 6sを申し込んだほうが良いでしょう。

参考>> BIGLOBEモバイルではau回線でなくドコモ回線を選ぶべき

BIGLOBEモバイル版iPhoneがau回線限定の理由

これまでiPhoneを取り扱う格安SIMは、UQモバイルとワイモバイル(Y!mobile)という大手キャリアのサブブランドに限られてきました。楽天モバイルなどでもiPhone SE / 6sを販売していますが、海外端末のメーカー整備品となっていて、正規ルートで調達したものではありません。

iPhoneを正規に取り扱うには、大手キャリアのコネクションが必要であることがうかがえます。

そして、BIGLOBEはUQモバイルと同じくKDDIグループに属しているため、今回、auのコネクションでiPhone SE / 6sを調達し、その際に「au回線でしか扱わない」という取り決めがあったことが推察されます。

これは、iPhoneのメーカーであるアップルが、ドコモに配慮した形と見ることができます。そのため、BIGLOBEモバイルが今後、iPhone SE / 6sをドコモ回線でも取り扱うという可能性は、あまり考えられません。

データ容量6GB以上のプランのみ

iPhone SE / 6sを購入できるのは、au SIMの6GB以上のプランのみです。

3GBプランは「今後提供予定」としていますが、現時点では選ぶことができません。

そのため、データ通信をたくさん使う人には向いていますが、月々6GBも必要ないという人なら、無駄に高いプランしか選べないことになります。

なお、BIGLOBEモバイルで6GB以上のプランしか選べないのは、同じグループ会社でiPhone SE / 6sを扱っている、UQモバイルとの競合を避けたためだと考えられます。

つまり、小容量から標準的なデータ容量まではUQモバイル、大容量はBIGLOBEモバイルがカバーするという棲み分けがなされているということです。

それほどデータ容量を使わないという人は、UQモバイルのiPhone SE / 6sも比較検討すると良いでしょう。

端末代の支払いは実質2年縛り

BIGLOBEモバイルは2年契約(2年縛り)がなく、1年間の最低利用期間があるだけです。1年経過後は、いつ解約しても違約金はかかりません。

しかし、スマホを分割払いで購入する場合、事情が異なってきます。

BIGLOBEモバイルの分割払いの仕組みが「アシストパック」。iPhone SE / 6sの端末代は以下のようになっています。

BIGLOBEモバイル版iPhone 端末代(アシストパック)(参考)SIMフリー版
iPhone SE32GB1,700円×24ヶ月
(総額40,800円)
39,800円
128GB2,100円×24ヶ月
(総額50,400円)
50,800円
iPhone 6s32GB2,350円×24ヶ月
(総額56,400円)
50,800円
128GB2,850円×24ヶ月
(総額68,400円)
61,800円

アシストバックで注意すべきなのが、2年以内に解約した場合、残りの端末代を一括で支払わなければいけないこと。

たとえば、iPhone SE 32GBモデルを購入して1年で解約する場合、端末代の半額の20,400円を一括で支払う必要があります。

端末代が割増になることはないものの、2年以内に解約すると一時的な負担が大きくなってしまうので、実質的な2年縛りと見ることができるでしょう。

キャッシュバックは4回に分けて受け取り

BIGLOBEモバイルでは、iPhone SE / 6sを対象としたキャッシュバックキャンペーンを2018年1月8日まで実施しています。

キャッシュバック総額は25,200円。これにより、iPhone SE / 6sの端末代の実質負担額を下げることが可能です。

しかし、キャッシュバックは4回に分けて6,300円ずつ支払われることに注意。キャッシュバックが行われるのは、6ヶ月目・12ヶ月目・18ヶ月目・24ヶ月目の特典適用月。全てのキャッシュバックを受け取るには2年間の継続利用が必要になります。

つまり、キャッシュバックの面でも2年縛りです。

また、キャッシュバックの受け取り方法は銀行振込で、特典適用月に送付されるメールから、口座情報を登録することで振り込みが行われます。

キャッシュバックを全て受け取るには、毎回メールをチェックして、忘れずに口座情報を登録しなければならず、手間がかかるのがデメリットです。

通話代が別途必要

たとえば、6GBプランでiPhone SE 32GBモデルを購入する場合、プランの月額料金が2,150円、端末代が月々1,700円で、合計月額料金は3,850円となります。

しかし、プランの料金に通話代は含まれておらず、電話をかけるごとに20円/30秒の通話料がかかることには注意が必要です。電話を頻繁にかける人なら、通話代が高額になってしまう可能性あります。

なお、BIGLOBEモバイルでは「BIGLOBEでんわ」という専用通話アプリを使うことで、通話料を10円/30秒(不課税)の半額に抑えられます。

また、月々650円(不課税)で「3分かけ放題」の通話オプションを付けることも可能。3分以上の電話かけた時も、超過分の通話料は10円/30秒になるので、電話よくかける人なら通話オプションにも加入するのが良いでしょう。

ただし、3分かけ放題を利用するためには「BIGLOBEでんわ」から電話をかける必要があります。iPhone標準の電話アプリからかけると、通常の20円/30秒の通話料がかかってしまいます。

専用通話アプリを常に使う必要があるので、不在着信などに折り返す際にはやや不便といえます。

UQモバイル版iPhone SEとの比較

同じくau回線でiPhone SE / 6sを販売しているUQモバイルと、2年間のトータルコスト比較してみます。

iPhone SE 32GBモデルBIGLOBEモバイルUQモバイル
プラン6ギガプランおしゃべりプランM
データ容量6GB6GB
(3年目以降 3GB)
月額料金2,150円2,980円(1年目)
3,980円(2年目以降)
通話オプション650円(不課税)
端末代1,700円500円
(初回 600円)
合計月額料金4,500円3,480円(1年目)
4,480円(2年目以降)
2年間合計108,000円95,620円
2年間合計(税込)115,392円103,270円
キャッシュバック−25,200円−10,000円
差し引き90,192円93,270円

上記は、iPhone SE 32GBモデルの利用料金の比較。

BIGLOBEモバイルでは、データ容量6GBのプランに3分かけ放題を追加したもの、UQモバイルでは、5分かけ放題の「おしゃべりプランM」(2年間は6GB)を選択しています。

前述の通り、BIGLOBEモバイルではキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、UQモバイルでも商品券のキャッシュバックキャンペーンを実施中なので、どちらも反映させています。

2年間のトータルコストでは、BIGLOBEモバイルが3,078円ほど安くなっています。

しかし、UQモバイルでは5分かけ放題、BIGLOBEモバイルでは3分かけ放題であることに注意。

1ヶ月あたりの差額は約130円なので、BIGLOBEモバイルで4分間の通話を7回かけただけで(超過分140円)、UQモバイルを上回ってしまいます。

しかも、UQモバイルは1年目の料金が1,000円引きで負担が少ないこと、商品券のキャッシュバックも契約先住所に送付されるだけで、面倒な手続きが不要なのがメリットです。

UQモバイルでは選べない20GB以上の大容量プランを使いたい人でない限り、iPhone SE / 6sを買うなら、BIGLOBEモバイルよりもUQモバイルのほうがおすすめです。

参考>> UQモバイルのiPhone SEは実質12,500円〜

まとめ

BIGLOBEモバイルのiPhone SE / 6sは、au SIM限定で6GB以上のプランのみとなっていることに注意が必要です。

また、キャッシュバックが4回に分けて支払われるので実質2年縛りであること、通話代が別途かかることにも気をつけたほうが良いでしょう。

小容量や標準的なデータ容量のプランであれば、同じくau回線のUQモバイルほうが有利です。BIGLOBモバイルのiPhone SE / 6sは大容量プランを使いたい人だけに向いています。

小容量プランが選べないBIGLOBEモバイルでiPhone SE /6sを購入してしまい、料金が思ったほど安くならなかったと、後悔することがないように気をつけてください。

公式サイトはこちら>> BIGLOBEモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

現在、UQモバイルに新規申し込みすると、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 キャッシュバックがもらえるなら、乗り換え費用を穴埋めできるので、損することなく格安 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 iPhone XSなどの新型iPhoneが発表されたことに伴い、アップル公式オンラインストアではiPhone SEの販売が終 ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、 ...

4

UQモバイルの「増量オプション」は、2018年2月にスタートした新しいオプションサービスです。 大手キャリアからUQモバイルへの乗り換えを検討している人であれば、以下のようなことが気になると思います。 ...

5

大手キャリアからスマホを持ち込んで、UQモバイルに乗り換えたい人も多いと思います。 格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度の速さに定評があり、速度を重視するなら、UQモバイルを選ぶのは当然です。 し ...

-BIGLOBE, 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.