UQモバイル 格安SIM(MVNO)

UQモバイルで使えるXperiaの対応機種と注意点。SIMフリー版は使用不可

投稿日:2017年3月31日 更新日:

ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia(エクスペリア)は、アップルのiPhoneやサムスンのGalaxyと並んで人気のスマホのひとつです。

UQモバイルに乗り換えようと考えている人の中には、Xperiaを使いたいという人もいるかもしれません。

この記事では「Xperiaのどの機種がUQモバイルで使えるのか?」「UQモバイルで使えるXperiaの入手方法」について解説していきます。

UQモバイルで使えるXperiaはau版が基本。ドコモ・ソフトバンク版も一部のみ可

UQモバイルではスマホの販売もしていますが、現時点ではXperiaシリーズは取り扱っていません。そのため、UQモバイルでXperiaを使いたいなら、自分で機種を用意してから乗り換える必要があります。

大手キャリアで購入したXperiaが、そのままUQモバイルで使えるケースもありますが、SIMロックの解除が必要な場合、そもそもUQモバイルでは使用できない場合もあります。

以下で詳しく確認していきます。

auで購入したXperiaなら使える。ただし、一部機種はSIMロック解除が必要

UQモバイルは、au回線を使用する格安SIMサービスなので、auで購入したXperiaであれば原則的に使うことができます。動作確認機種は次の通りです。

au版Xperia機種利用可否SIMロック解除SIM種別発売時期
Xperia VL SOL21不要microSIM2012年10月
Xperia UL SOL22不要microSIM2013年5月
Xperia Z1 SOL23不要microSIM2013年10月
Xperia Z Ultra SOL24不要microSIM2014年1月
Xperia ZL2 SOL25不要microSIM2014年5月
Xperia Z3 SOL26不要nanoSIM2014年9月
Xperia Z4 SOV31マルチSIM(nano)2015年5月
Xperia Z5 SOV32マルチSIM(nano)2015年9月
Xperia X Performance SOV33マルチSIM(nano)2016年5月
XPERIA XZ SOV34マルチSIM(nano)2016年11月

2012年10月発売のXperia VLから2016年11月発売のXperia XZまでの機種であれば、UQモバイルで利用できます。

ただし、Xperia Z4以降の機種の場合、あらかじめSIMロックの解除が必要になります。Xperia Z3以前の機種は、SIMロックを解除せずに、そのままUQモバイルで使用可能です。

また、SIMカードの種類はXperia ZL2までがmicroSIM、Xperia Z3がnanoSIM、Xperia Z4以降がマルチSIMとなっています。マルチSIMは高音質通話のVoLTEに対応するSIMカードです。

UQモバイルに申し込む際、SIMカードの種類を間違えてしまうと、あとでSIMカード交換手数料3,000円がかかるので、機種に合ったSIMカード選ぶように注意してください。

なおXperia Z4以降のように、auのVoLTE対応機種は、au回線に対応する格安SIMで使う場合であっても、SIMロックの解除が必要になっています。しかし、2017年8月以降に発売された機種では、このような制限はありません。

UQモバイルの動作確認機種には現在のところ掲載されていませんが、2017年11月発売のXperia XZ1以降は、SIMロックを解除せずにUQモバイルで使えるようになる見込みです。

ドコモ・ソフトバンク版のXperiaは一部機種のみ使用可

ドコモやソフトバンクで購入したXperiaも、一部機種はUQモバイルで利用できます。動作確認機種は以下の9つです。

ドコモ版Xperia機種利用可否SIMロック解除SIM種別発売時期
Xperia Z4 SO-03GマルチSIM(nano)2015年6月
Xperia A4 SO-04GマルチSIM(nano)2015年6月
Xperia Z5 SO-01HマルチSIM(nano)2015年9月
Xperia Z5 Compact SO-02HマルチSIM(nano)2015年9月
Xperia Z5 Premium SO-03HマルチSIM(nano)2015年9月
Xperia X Performance SO-04HマルチSIM(nano)2016年6月
SB版Xperia機種利用可否SIMロック解除SIM種別発売時期
Xperia Z4 402SOマルチSIM(nano)2015年6月
Xperia Z5 501SOマルチSIM(nano)2015年10月
Xperia X Performance 502SOマルチSIM(nano)2016年6月

いずれの機種もSIMロックの解除が必須。また、オプションサービスの「電話基本パック」(月380円)を利用する場合、ドコモ・ソフトバンク版のXperiaでは三者通話が使えないという制限があります。

au版XperiaのSIMロック解除の注意点

auのXperia Z4以降では、UQモバイルで使う前にSIMロックの解除が必要です。auのSIMロック解除は、ネットで手続きする場合は無料、auショップで手続きする場合は手数料3,000円で有料になります。

ただし、auの回線契約がない場合、ネットでは手続きができず、auショップで有料でSIMロックを解除するしかありません。そのため、auを解約する前にネットでSIMロックを解除しておくべきです。

なお、2017年12月以降はauのSIMロック解除のルールが変わるので、さらに注意が必要です。

まず、auで端末を購入した本人以外は、SIMロックの解除手続きができなくなります。家族や友人からもらった端末や、中古で購入した端末をauで使っている場合などは、SIMロックの解除ができません。

また、au解約後のSIMロック解除については、解約日から100日以内のみ可能となり、以降は購入した本人であっても、SIMロックの解除ができなくなります。

SIMロックの解除がかなり制限されるルール改変となるので、該当する場合は、11月までにXperiaのSIMロックを解除しておくことをおすすめします。

UQモバイルで使えるXperiaが手元にない場合の対処法

現在使っているXperiaがUQモバイルで利用できない場合、どのような対処法があるかを考えてみます。

SIMフリー版のXperiaは使用不可

現在のところ、国内販売されているSIMフリー版のXperiaは、「Xperia J1 Compact」の1機種のみ。しかしこの機種は、ドコモ回線を使用する格安SIM向けのスマホとなっているため、通信方式が異なるUQモバイルでは使えません。

なお、ネットでは海外版のSIMフリーのXperiaが販売されていることがあります。ですが、これらの機種は技術基準適合証明(技適)を受けておらず、日本国内で使用すると電波法違反になる可能性があるので注意が必要です。また、通信方式も異なるため、購入はおすすめできません。

予算があるなら、中古Xperiaの購入もアリ

SIMフリー版のXperiaを購入してUQモバイルで使うというのは実質的に不可能です。そのため、どうしてもUQモバイルでXperiaを使いたい場合は、中古端末を購入するのが唯一の選択肢です。

Xperiaをはじめとする中古スマホは、ソフマップやドスパラなどで購入できます。

中古のXperiaを購入するなら、ドコモ・ソフトバンク版は一部機種しか使えないので、基本的にはau版のXperiaを選ぶことになります。

ただし、Xperia Z4以降の機種はSIMロックの解除が必要であり、前述の通り、2017年12月以降はauで購入した本人以外はSIMロックの解除ができなくなることに注意。

なるべく、SIMロックが解除済みの端末を選ぶことをおすすめします。

中古端末の価格相場は、Xperia Z5で25,000円〜30,000円前後。SIMフリースマホの新品が購入できる価格なので高く感じますが、Xperiaにこだわりがあり、予算が潤沢なら、中古のXperiaを購入するのも良いでしょう。

他のスマホを購入するほうが中古Xperiaより安い

どうしてもXperiaを使いたいという場合でなければ、他のスマホを購入するのも選択肢です。UQモバイルには、マンスリー割という端末代割引があるので、最新スマホを安く購入できます。

参考>> UQモバイルのマンスリー割

Xperiaの代わりになるかもしれない機種をピックアップしてみます。

スペック・見た目にこだわるならZenFone 4

Xperiaといえば高性能なスペックと高級感のある外観が特徴です。ASUS製のZenFone 4は、オクタコアCPUや6GBメモリ、デュアルレンズカメラを搭載したハイスペックなスマホ。見た目にも高級感があるので、スペックや外観にこだわる人にはおすすめです。

分割払いやマンスリー割には対応していない機種ですが、UQ購入サポートにより2万円引きで、一括購入の実質負担額は36,800円となっています。

ZenFone 4の詳細スペック(タップして展開)
ZenFone 4
ディスプレイ約5.5インチ
画面解像度フルHD(1,920×1,080)
カメラメイン:1,200万画素+800万画素
サブ:800万画素
OSAndroid 7.1.1
CPUSnapdragon 660
(2.2GHz/オクタコア)
内蔵メモリ6GB
内蔵ストレージ64GB
外部メモリmicroSDXC 最大2TB
寸法約155.4×75.2×7.5mm
重量約165g
バッテリー容量3,300mAh
連続通話時間約1,740分
連続待受時間約531.7時間
最大下り速度225Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetoothver5.0
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
指紋認証
テザリング
緊急地震速報
本体価格一括:56,800円
分割:なし
UQ購入サポート−20,000円(プランM以上)
実質負担額36,800円

おサイフ・ワンセグが必要ならAQUOS L2

大手キャリアのXperiaは、おサイフケータイやワンセグ、防水・防塵といった日本仕様の機能も特徴のひとつです。これらの機能を使いたい人には、シャープ製のAQUOS L2をおすすめします。

マンスリー割適用時の実質負担額は100円と格安。分割払いの場合、月々の端末代は0円で、プランの月額料金だけで使えます。

AQUOS L2の詳細スペック(タップして展開)
AQUOS L2
ディスプレイ約5.0インチ
画面解像度HD(1280×720)
カメラメイン:約1310万画素
サブ:約500万画素
OSAndroid 7.0
CPUSnapdragon 430
(1.4GHz+1.1GHz/オクタコア)
内蔵メモリ2GB
内蔵ストレージ16GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約143×71×8.3mm
重量約138g
バッテリー容量2,700mAh
連続通話時間約1,440分
連続待受時間約950時間
最大下り速度下り最大150Mbps
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetooth4.2
防水
防塵
おサイフケータイ
指紋認証×
テザリング
緊急地震速報
本体価格一括:28,900円
分割:100円+1,200円×24回
マンスリー割−1,200円
月々の端末代0円
実質負担額100円

安さと性能のバランスを追求するならP10 lite

とくにこだわりがなく、安くて性能が良い機種を選びたいならファーウェイ製のP10 liteがイチオシです。指紋認証にも対応していて、見た目や性能もそれなり。バランスがとれた機種となっています。

マンスリー割によって、実質負担額は100円(6GB以上のプランのみ)ただし、2年間の利用が前提になります。

P10 liteの詳細スペック(タップして展開)
P10 lite
ディスプレイ約5.2インチ
画面解像度フルHD(1920×1080)
カメラメイン:約1200万画素
サブ:約800万画素
OSAndroid 7.0
CPUKirin 658
(2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コア)
内蔵メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大128GB
寸法約146.5×72×7.2mm
重量約146g
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間約1,260分
連続待受時間約534時間(WX2+)
約625時間(LTE)
最大下り速度最大220Mbps(WiMAX 2+)
/ 225Mbps(4G LTE)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1 LE
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
指紋認証
テザリング
緊急地震速報
本体価格一括:31,300円
分割:100円+1,300円×24回
マンスリー割−1,300円(プランM以上)
月々の端末代0円
実質負担額100円

iPhone SEも1万円台で購入可能

UQモバイルでは、iPhone SEやiPhone 6sも購入できます。今までXperiaを使っていたけれど、密かにiPhoneに憧れていたという人なら、UQモバイルでiPhoneに乗り換えるのもいいかもしれません。

この2機種では、発売時期も新しく、価格も安いiPhone SEのほうがおすすめです。

参考>> UQモバイルでiPhone SEが購入可能に

マンスリー割を適用すると、初回100円+月々500円×24ヶ月(総額12,100円)でiPhoneを購入できます(6GB以上のプランのみ)。

iPhone SEの詳細スペック(タップして展開)
iPhone SE
ディスプレイ4インチ
画面解像度1,136 x 640
カメラメイン:約1,200万画素
サブ:約120万画素
OSiOS 11
CPUA9チップ
内蔵メモリ
内蔵ストレージ32GB または 128GB
外部メモリ非対応
寸法123.8×58.6×7.6mm
重量113g
バッテリー容量
連続通話時間最大14時間
連続待受時間最大10日間
最大下り速度150Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
指紋認証
テザリング
緊急地震速報
本体価格(32GBモデル)一括:40,900円
分割:100円+1,700円×24回
マンスリー割−1,200円(プランM以上)
月々の端末代500円
実質負担額12,100円

なお、マンスリー割が適用されるのは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のみ。自動更新型の2年契約という、いわゆる2年縛りのあるプランになっています。

参考>> おしゃべりプラン・ぴったりプランの詳細

UQモバイルならXperiaを月々2,000円以下で運用可能

au版のXperia、および一部のドコモ・ソフトバンク版Xperiaと、利用できる機種は限られますが、UQモバイルではXperiaを使うことも可能です。

端末を持ち込むのであれば、マンスリー割は必要ないので、2年縛りのない「データ高速プラン」(月間3GB、月額1,680円)がおすすめです。通話料は別になりますが、それほど通話を使わない人なら、月々2,000円以下でXperiaを運用できるでしょう。

参考>> 2年縛りのないデータ高速プラン

また、Xperiaにそこまでこだわりがないなら、他のスマホの購入を検討することを強くおすすめします。端末を持ち込んで使っても、いずれ古くなれば買い替えが必要です。

格安SIMに乗り換えるなら、スマホを新しくする良い機会かもしれません。UQモバイルなら実質100円〜でスマホを購入でき、月額料金も大手キャリアより断然安くすることができます。

UQモバイルに乗り換えたいと思っているXperiaユーザーは、ぜひ参考にして、キャリアの高額な料金からいち早く逃れてください。

>> 当サイト限定、UQモバイルの最大13,000円分商品券キャッシュバックキャンペーン

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone SEも割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

UQモバイル公式オンラインショップにて、当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の商品券がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
データ通信
通信速度受信最大150Mbps / 送信最大25Mbps
通信速度制限月間データ容量を超えた場合は
送受信最大300kbps
データの繰り越し翌月まで
(おしゃべりプランSは最大1GB、Mは最大3GB)
追加チャージ料金100MB/200円、500MB/500円
SMS送受信料国内SMS送信料3円/通
国際・海外SMS送信料100円/通
受信料0円
オプションサービス
電話基本パック380円/月
(留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退サービス)
着信転送サービス月額料0円
割込通話サービス月額料0円
(VoLTE用プランは200円/月)
番号通知リクエスト月額料0円
フィルタリング300円/月
端末保証500円/月
(無償修理または低価格で有償交換)
端末補償380円/月
(端末修理および盗難・紛失時の補償。
UQモバイル端末のみ。iPhoneは対象外)
遠隔サポート350円/月
メール200円/月
(◯◯◯@uqmobile.jpのメールアドレス)
公衆無線LAN月額料0円
(Wi2 300 for UQ mobile)
セキュリティ290円/月
各種手数料
SIMカード再発行3,000円
SIMカードサイズ変更3,000円
SIMカード交換3,000円
MNP転出料3,000円
解約金契約解除料9,500円
(更新月以外の解約の場合)
契約期間と料金支払方法
契約期間2年間(自動更新)
料金支払方法クレジットカード / 口座振替
当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

3

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.