UQモバイル 格安SIM(MVNO)

スマホの学割。あれこれ悩みたくないなら、UQモバイルで決まり!

投稿日:2017年2月10日 更新日:

春の卒業・入学シーズンを前に、ケータイ各社は学割をスタートさせています。

この機会に、お子さんのスマホの新規契約や乗り換えを検討している人も多いかもしれません。

学割というと大手キャリアを思い浮かべがちですが、実は格安SIMのUQモバイルも学割を実施しています。その名も「UQ学割」。

とはいえ、「どんな内容の学割なの?」「キャリアの学割よりもお得なの?」と疑問を感じている人もいると思います。

そこで今回は、UQモバイルが実施している学割について、詳しく紹介していきます。

追記:UQ学割は、受付期間が終了しました。代わりに、UQモバイルでは家族割がスタートしています。

UQモバイルの学割は、とてもシンプルで分かりやすいので、あれこれ悩まずに、お子さんに低料金でスマホを持たせたいならおすすめです。

それでは見ていきましょう。

UQモバイルの学割とは?

UQモバイルの学割は、18歳以下の利用者を対象とした割引サービスです。

内容としては、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」に契約した場合、2年目の月額料金が1,000円引きになります。

そのため、月間データ容量が2GBのプランであれば、月額1,980円で2年間、スマホを使うことができるんです。

ちなみに、契約者と利用者は別々にできるので、親御さんを契約者、お子さんを利用者にすればOK。お子さん自身が契約しなければいけないわけではありません。

また、学割の条件として、フィルタリングサービス「安心アクセスV」への加入が必要になりますが、こちらは月額料無料です。

フィルタリングサービスは、お子さんを危険なサイトやアプリから守ってくれるので、スマホを持たせるなら入っておいて間違いないですよね。

以上が、UQモバイルの学割の特徴です。

大手キャリアの学割の場合、家族も一緒に乗り換えなければならなかったり、固定回線をセットで契約する必要があったりと、条件が細かいのですが、

UQモバイルの学割は、とてもシンプルで理解しやすい、というのが分かると思います。

学割で月額料金はどうなる?

それでは、UQモバイルの学割によって、月々の料金が具体的にいくらになるかを見ていきましょう。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の学割適用時の料金

 プランSプランMプランL
月額料金1年目1,980円2,980円3,980円
2年目2,980円 → 1,980円3,980円 → 2,980円4,980円 → 3,980円
3年目以降2,980円3,980円4,980円
月間データ容量2GB
(3年目以降は1GB)
6GB
(3年目以降は3GB)
14GB
(3年目以降は7GB)

まず、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のプランSでは、2年目までの月額料金が1,980円、3年目以降が2,980円になります。

プランMでは、2年目までの月額料金が2,980円、3年目以降が3,980円。プランLでは、2年目までの月額料金が3,980円、3年目以降が4,980円。

先ほども説明したように、2年目の月額料金が1,000円割引となるので、トータルで12,000円も安くなる計算です。

ただし、上記の金額は、新規契約またはドコモ、ソフトバンクからの乗り換えの場合。

auからの乗り換えの場合、2年間毎月1,000円を割引する「スマトク割」の対象外となるので、月額料金が異なります。

学割はauからの乗り換えにも適用

auからの乗り換えでは、スマトク割の対象外にはなってしまうのですが、

(2017年3月1日以降、キャンペーンによって、auおよびau系MVNOからの乗り換えでもスマトク割が適用されます)

参考>> auからUQモバイルの乗り換えについて

2年目の月額料金を1,000円引きにする学割は利用できるので、料金は次のようになります。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の学割適用時の料金(auからの乗り換え)

 プランSプランMプランL
月額料金1年目2,980円3,980円4,980円
2年目3,980円 → 2,980円4,980円 → 3,980円5,980円 → 4,980円
3年目以降2,980円3,980円4,980円
月間データ容量1GB3GB7GB

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のプランSでは、1年目からずっと月額2,980円、プランMは月額3,980円、プランLは月額4,980円です。

なお、データ容量を2年間、2倍にするキャンペーンは利用できません。

auからの乗り換えの場合、通常2年目の月額料金が1,000円高くなってしまうのですが、学割によって、その負担がなくなります。

ドコモやソフトバンクからの乗り換えと比べると、不利なことには変わりませんが、UQモバイルへの乗り換えを料金面で躊躇していたauユーザーの学生にとっては、学割が乗り換えのきっかけになるかもしれません。

スマホデビュー応援キャンペーンも実施

UQモバイルでは、学割に合わせて「スマホデビュー応援キャンペーン」も実施しています。

このキャンペーンは、「UQあんしんサポート」「Filli(フィリー)」というオプションサービスに初めて加入した場合に、初回特典としてオプションの月額料金が最大3ヶ月無料になるという内容です。

UQあんしんサポートは、専門スタッフが設定方法などを電話や遠隔操作でサポートしてくれるサービス。通常は月額350円です。

お子さんからスマホの使い方を質問されたときに、自分もよく分からなくて、ネット検索に明け暮れたという人も多いかもしれません。サポートサービスを利用すれば、分からないことをすぐに教えてくれるので安心ですよね。

もうひとつのFilliは、お子さんのSNSやアプリの利用状況を保護者が見守れる月額300円のサービス。お子さんのプライバシーに配慮しつつ、SNSなどの利用状況を把握できるのが特徴です。

せっかく、お子さんにスマホを持たせても、勉強がおろそかになったり、非行へのきっかけになってしまっては困ります。そうした不安の解消のためには、入っておきたいサービスですね。

どちらのサービスも、子供にスマホを持たせる際には入っておいて損はないので、無料期間の3ヶ月だけ試してみるのもいいと思います。

デメリットと注意点

UQモバイルの学割のデメリットと注意点についても確認しておきましょう。

まず、大手キャリアの学割では、「学割」と言いつつ25歳以下を対象としたものがあり、大学生や新社会人でも利用できる場合があります。

ですが、UQモバイルの学割は、18歳以下が対象なので、大学生などは利用できません。

とはいえ、初めてスマホを持つ中学生や高校生にとっては、UQモバイルは料金面でも手頃なので、オススメできると思います。

ちなみに、UQモバイルは、最新のスマホを実質100円で購入できるのも特徴です。スマホのセット購入については、以下の記事を参考にしてください。

参考>> 実質100円で端末購入できるマンスリー割

また、UQモバイルの学割を利用する際の注意点としては、契約者を親御さん、利用者をお子さんとして契約しなければいけないことです。

そのため、契約時の本人確認書類は、契約者である親御さん自身の書類と、利用者のお子さんの書類がどちらも必要になります。

ただし、利用者の本人確認書類に関しては、健康保険証であれば補助書類がなくてもOK。また、契約者と利用者の苗字・住所が同じなら、住民票を用意する必要もありません。

まとめ

UQモバイルの学割は、18歳以下を対象に、2年目の月額料金を1,000円割引するという、シンプルで分かりやすいキャンペーンになっています。

大手キャリアの学割は、家族の同時契約や固定回線のセット申し込み、シェアプランや大容量プランの加入など、条件がたくさんあって複雑です。

どのキャリアでどのプランを組み合わせれば一番お得なのかなどと、あれこれ検討するのはわずらわしいですよね。

でも、UQモバイルの学割はシンプルなので、頭を悩ますことはありません。考える時間を他のことに使えますし、月額料金も安いので、お財布にもやさしいはず。

というわけで、学割を利用して、低料金でお子さんにスマホを持たせたいなら、UQモバイルが断然オススメです。

学割の申し込み受付期間は2017年5月31日まで。(追記:受付期間は終了しました)

UQモバイル【正規代理店 LinkLife】

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。「ぴったりプラン」は、60〜180分の無料通話付き。

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 代理店限定キャッシュバック&初期費用無料キャンペーン実施中!
当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.