UQモバイル 格安SIM(MVNO)

au→UQモバイルの乗り換えは不利? 実はこっそり解消されていた!

投稿日:2017年3月4日 更新日:

これまで、auからUQモバイルへMNPで乗り換えるのは不利とされてきましたが、2017年3月1日より、その状況が解消されていることが判明しました。

au→UQモバイルが不利だった理由

UQモバイルの主力といえるプランが、月額1,980円から利用できる「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」です。

おしゃべりプランは、5分かけ放題が付いたプラン。ぴったりプランは、無料通話付きのプランとなっています。それぞれ、月間データ容量に応じて、プランS・M・Lという3種類のコースがあります。

おしゃべりプラン・ぴったりプランは、5分かけ放題や無料通話が付いていて、電話をよくかける人にとってメリットがあります。さらに、ファーウェイの「P10 lite」などの最新Androidスマホを実質100円で購入できるのも特徴です。

参考>> おしゃべりプラン・ぴったりプランの詳細

ところが、auからUQモバイルに乗り換えた人の場合、「スマトク割」が適用されないため、2年間の月額料金が+1,000円となることがデメリットでした。また、2年間のデータ容量を2倍に増量するキャンペーンも適用外となり、他のユーザーよりもデータ容量が少なくなるという状況になっていました。

↓従来のauからの乗り換え時の料金

 プランSプランMプランL
13ヶ月目まで2,980円3,980円5,980円
25ヶ月目まで3,980円4,980円6,980円
26ヶ月目以降2,980円3,980円5,980円
月間データ容量
(ずっと)
1GB3GB7GB

そのため、当サイトでも「ただし、auからの乗り換えの場合は…」という注意書きを必ず書くといった状況でした。

3月1日より、auからの乗り換えもスマトク割の対象に

しかし、UQモバイルの公式サイトによると、2017年3月1日以降にauおよびau系MVNOからMNPで乗り換えた場合も、キャンペーンとして「スマトク割」を適用し、さらに2年間のデータ容量も2倍になるとのこと。

つまり、auからの乗り換えも、ドコモ・ソフトバンクからの乗り換えや新規契約と同条件となり、これまでの不利な状況が解消されたことになります。

ただし、キャンペーンの終了時期は別途ホームページでお知らせするとしており、期間限定のキャンペーンであることを示唆しています。

>> au→UQモバイルの乗り換え手順を3ステップで解説

UQモバイル【正規代理店 LinkLife】

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。「ぴったりプラン」は、60〜180分の無料通話付き。

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 代理店限定キャッシュバック&初期費用無料キャンペーン実施中!

auユーザーにとっては選択肢が広がった

上記のように、おしゃべりプラン・ぴったりプランは、これまでauからの乗り換えが不利だったため、auユーザーの中にはUQモバイルを諦め、ワイモバイルなどへの移行を考えていた人も多いかもしれません。

ですが、不利な状況が解消されたことで、auユーザーにとって、俄然UQモバイルが有力な選択肢となったといえます。

とりわけ、auのiPhoneを使っているユーザーであれば、端末を変えずにUQモバイルに乗り換えられるため、おしゃべりプラン・ぴったりプランを不利な条件なく選べるようになったメリットは大きいでしょう。

参考>> UQモバイルで使えるauのiPhone

なお、前述の通り、auからの乗り換えでも「スマトク割」が適用となるのは、期間限定のキャンペーンとされています。auからUQモバイルに乗り換えたいと考えている人には、キャンペーン終了前の申し込みをオススメします。

なお、下記のバナーからUQモバイル正規代理店 LinkLifeで申し込むと、1万円以上のキャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。

詳細記事>> キャッシュバック&初期費用無料の代理店限定キャンペーン!

ワイモバイルでもソフトバンク冷遇が解消

ちなみに、ワイモバイルでも同じく2017年3月1日より、ソフトバンクからの乗り換えの冷遇を解消するキャンペーンを実施しています。

au→UQモバイルの乗り換えが不利だったのと同様に、以前はソフトバンク→ワイモバイルの乗り換え(番号移行)も月額料金が1,000円高くなり、不利な状況でした。

よく知られているように、ワイモバイルはソフトバンクが運営する格安ブランドです。ソフトバンクにとって、ドコモやauからワイモバイルの乗り換えであれば回線数を伸ばせますが、ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えでは回線数は変わらず、売上が下がるだけです。ソフトバンクからの乗り換えが冷遇されていた背景には、そうした事情があります。

しかし、それはユーザーにとってはどうでもいい話です。結果的に、他社の格安SIMへユーザーが流出する状況が起きていたと考えられます。また、KDDI(au)のグループ会社が運営しているUQモバイルにも、同様のことが言えるでしょう。

そこで、UQモバイルとワイモバイルは春商戦に向けたキャンペーンとして、それぞれauまたはソフトバンクからの乗り換えの冷遇を解消したと推察されます。もはや、なりふり構わずという戦い方です。

なお、UQモバイルはキャンペーンの終了時期を未定としていますが、ワイモバイルのキャンペーンは2018年5月31日までとなっています。

端末購入では依然不利な状況

ワイモバイルに乗り換えるソフトバンクのユーザーにとって、料金プランでは冷遇は解消されましたが、端末購入では依然不利な状況が続いています。

というのも、ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えは「機種変更」扱いになり、端末購入割引が減額されてしまうからです。

しかし、UQモバイルでは、端末購入の面でもドコモ・ソフトバンクからの乗り換えと、auからの乗り換えで条件の違いはありません。auからUQモバイルに乗り換えて、端末を購入したいと考えている人にとっても、ひとまず安心できるのではないでしょうか。

>> UQモバイルならiPhone SEも購入可能

UQモバイル【正規代理店 LinkLife】

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。「ぴったりプラン」は、60〜180分の無料通話付き。

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 代理店限定キャッシュバック&初期費用無料キャンペーン実施中!

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
データ通信
通信速度受信最大150Mbps / 送信最大25Mbps
通信速度制限月間データ容量を超えた場合は
送受信最大300kbps
データの繰り越し翌月まで
(おしゃべりプランSは最大1GB、Mは最大3GB)
追加チャージ料金100MB/200円、500MB/500円
SMS送受信料国内SMS送信料3円/通
国際・海外SMS送信料100円/通
受信料0円
オプションサービス
電話基本パック380円/月
(留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退サービス)
着信転送サービス月額料0円
割込通話サービス月額料0円
(VoLTE用プランは200円/月)
番号通知リクエスト月額料0円
フィルタリング300円/月
端末保証500円/月
(無償修理または低価格で有償交換)
端末補償380円/月
(端末修理および盗難・紛失時の補償。
UQモバイル端末のみ。iPhoneは対象外)
遠隔サポート350円/月
メール200円/月
(◯◯◯@uqmobile.jpのメールアドレス)
公衆無線LAN月額料0円
(Wi2 300 for UQ mobile)
セキュリティ290円/月
各種手数料
SIMカード再発行3,000円
SIMカードサイズ変更3,000円
SIMカード交換3,000円
MNP転出料3,000円
解約金契約解除料9,500円
(更新月以外の解約の場合)
契約期間と料金支払方法
契約期間2年間(自動更新)
料金支払方法クレジットカード

>> UQモバイルの口コミを見てみる

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

-UQモバイル, 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.