DMMモバイル ハウツー 格安SIM(MVNO)

月0円運用も? SMS認証のための電話番号を格安SIMで持つ方法

投稿日:2017年5月12日 更新日:

スマホアプリやネットサービスでは、会員登録時にSMS認証が必要になるケースが増えています。電話番号を登録して、送られてきたSMS(ショートメッセージサービス)に書かれている数字を入力すると、認証できるというものですね。

コミュニケーションアプリの「LINE」をはじめとして、「メルカリ」「フリル」などのフリマアプリでもSMS認証が必要です。

しかし、いまの電話番号を使いたくないといった事情で、SMS認証ができずに困っている人もいるかもしれません。とはいえ、キャリアで2台目のスマホを契約するのは、料金が高額になってしまうので現実的ではありません。

そんな場合は、格安SIMでSMS付きのデータSIMを契約するのがおすすめです。格安SIMなら月々600円以下で、SMS認証用の電話番号を持てます。

以下で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

SMS認証もできるSMS付きデータSIMとは?

SMS認証のために格安SIMを使うなら、選ぶべきは「SMS付きデータSIM」です。

格安SIMには、通話もできる音声通話SIMもありますが、SMS認証がおもな目的なら通話機能は不要ですよね。また、データ専用SIMではダメです。データ専用SIMにも一応、電話番号はあるのですが、SMSは使えません。

SMS付きデータSIMの月額料金は、データ専用SIMと比べて150円ほど高いのが一般的です。

また、SMSを受信するのは無料ですが、送信した場合は国内3円〜の送信料がかかります。SMS認証ならメッセージを受信するだけなので、送信料はとくに気にする必要はないですね。

SMS付きデータSIMを選ぶメリット

SMS付きデータSIMには、次のようなメリットがあります。

・契約期間や違約金がない
・音声通話SIMより料金が安い

音声通話SIMの場合、キャリアのような2年縛りはないですが、1年間の最低利用期間があります。期間内に解約した場合、約1万円の違約金が発生。一旦契約すると、なかなかやめられないんですね。

しかし、SMS付きデータSIMなら、最低利用期間もありません。いつやめても違約金が発生しないというのがメリットですね。

さらに、音声通話SIMの月額料金は、データ専用SIMの+700円程度となっています。SMS付きデータSIMの場合は+150円なので、500円以上も安いです。

また、音声通話SIMを契約する際には、免許証などの本人確認書類の提出が必須となっています。一方、SMS付きデータSIMは本人確認書類の提出が不要。その分、審査も短く、SIMカードが早く届くというのもメリットのひとつですね。

SMS認証で格安SIMを使うデメリット

SMS認証のために格安SIMを使うことには、次のようなデメリットもあります。

・スマホを用意する必要がある
・毎月の維持費がかかる

以下で詳しく見ていきましょう。

格安SIM用のスマホを用意する

格安SIMでは、通信を行うためのSIMカードだけを契約するので、スマホの用意が必要です。

いま使っているスマホで一瞬だけSIMカードを挿し替えるということもできなくはないですが、SMS認証のたびに挿し替えなければいけなくなってしまいます。それはさすがに不便ですよね。

格安SIM用のスマホを用意する方法としては、(1)中古端末の活用、(2)格安端末の購入、(3)スマホのレンタルという3つの方法が考えられます。

(1)中古端末の活用

昔使っていたスマホが手元にあるなら、格安SIM用に使える可能性があります。ドコモの中古スマホなら、ほぼ使用可能。ドコモ回線を使っている格安SIMを選べば、SIMロックを解除することなく使えます。

(2)格安端末の購入

SIMフリースマホの安いものであれば、1万円程度で購入可能です。格安端末なので、性能にはあまり期待できませんが、SMS認証がおもな目的なら、スペックにはこだわる必要もないかもしれません。

たとえば、goo Simsellerで販売されているコヴィアのFleaz Que は、OCN モバイル ONEのSIMパッケージ込みで9,980円となっていますね。

(3)スマホのレンタル

もし、中古端末が手元になく、新しいスマホを購入する余裕がない場合は、スマホをレンタルする方法も考えられます。DMM.comのDMMいろいろレンタルでは、Androidスマホを1ヶ月4,000円程度で借りられます。

ただし、数ヶ月借りるのであれば、1万円の格安端末を購入したほうが安いです。あくまで一時的にスマホを使いたい場合に限られますね。

なお、上記の3つの方法は、いずれもスマホを2台持ちすることになってしまいます。もし、1台で済ませたいなら、DSDS対応のSIMフリースマホを使うと良いかもしれません。DSDS対応端末にはファーウェイのHUAWEI novaなどがありますが、2枚のSIMカードを装着して、同時待ち受けができます。

SMS付きデータSIMの維持費は?

SMS付きデータSIMを使う場合、月額制のサービスになるので、どうしても月々の維持費がかかってしまいます。ちなみに、格安SIMには前払い式のプリペイドSIMもありますが、プリペイドSIMではSMSは使えません。

維持費をなるべく安くしたいなら、月額料金がリーズナブルな格安SIMを選ぶと良いでしょう。

DMMモバイルなら月額590円で運用可能

ある程度、知名度があり、安心して利用できるサービスとしては、DMMモバイルが安いですね。SMS認証だけなら高速データ容量は不要なので、低速通信のみ利用できる「ライトプラン」がおすすめ。

月額料金は440円で、SMSオプションが150円なので、合計月額料金は590円。600円以下で使えて、キャリアのスマホと比べれば断然リーズナブルです。

しかも、2017年11月30日までなら、新規契約手数料3,000円が無料になるキャンペーンを実施中。データSIMなら、どのタイミングで解約しても違約金が発生しないので、月額料金だけでDMMモバイルを試せるチャンスです。

公式サイトはこちら>> DMMモバイル

ロケットモバイルはポイントを貯めて0円運用も可能

DMMモバイルよりもっと安い格安SIMを使いたいなら、ロケットモバイルを選ぶと良いかもしれません。

低速通信のみの「神プラン」の月額料金は298円。SMSオプション150円を加えても、合計448円とワンコイン以下になっています。

しかも、アプリダウンロードや会員登録などの案件をこなすことでポイントが貯まり、料金から割り引くことが可能。ある程度の案件をこなす必要がありますが、ポイントで月額料金を0円にすることもできます。

ロケットモバイルは、エコノミカルというベンチャー企業が運営。サービスの知名度よりも安さ重視という人にはおすすめです。なお、契約時には新規契約手数料3,000円がかかります。

公式サイトはこちら>> ロケットモバイル

まとめ

格安SIMを使えば、月額600円以下でSMS認証用の電話番号を持つことができます。

スマホの用意が必要で、月々の維持費はかかりますが、キャリアでスマホを2台契約するよりは格段に安くすることが可能。しかも、SMS付きデータSIMなら契約期間は無し。どのタイミングで解約しても違約金はかからないので、リスクも無いですね。

SMS認証に使う電話番号がなくて困っている人は、格安SIMに申し込んでみると良いのではないでしょうか?

なお、DMMモバイルの新規契約手数料無料キャンペーンは11月30日までとなっています。

公式サイトはこちら>> DMMモバイル

DMMモバイル

DMMモバイルは、業界最安値クラスでとにかく料金が安い格安SIMサービス。高速データ容量 1GBのプランなら月額480円、最大200kbpsのライトプランなら月額440円と、ワンコイン以下で運用ができます。スマホの取り扱い機種も多く、端末代の分割払いも可能です。

契約事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンを2017年11月30日まで実施中!

・業界最安値クラスの料金、データ1GBプランが480円〜
・小容量プランでもデータのシェアが可能
・月850円の追加で5分かけ放題も利用できる

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

3

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

-DMMモバイル, ハウツー, 格安SIM(MVNO)
-

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.