まとめ

モバイルルーターはWiMAXと格安SIMのどちらが良いのか? それぞれのメリット・デメリット

投稿日:2017年5月9日 更新日:

モバイルWi-Fiルーター(モバイルルーター)の購入や乗り換えを考えていて、WiMAXと格安SIMで迷っている人も多いと思います。

かつては、モバイルルーターといえば、WiMAXかイーモバイル(現Y!mobile)でした。しかし最近では、SIMフリーのモバイルルーターも登場していて、格安SIMも有力な選択肢になっています。

この記事では、モバイルルーターとして使う場合のWiMAXと格安SIMのメリット・デメリットを解説し、それぞれが向いている人について述べます。

結論から言うと、月間のデータ使用量が10GB程度という人や、月によってデータ使用量にバラつきがある人、より安くモバイルルーターを運用したい人は、格安SIMを選んだほうが良いです。

逆に、毎月コンスタントにたくさんの高速通信を使いたい人には、WiMAXが向いています。

WiMAXのメリットとデメリット

WiMAXのメリット

・下り最大440Mbpsの高速通信
・ギガ放題でデータをたっぷり使える

WiMAXの最新規格は「WiMAX 2+」。通信速度は下り最大440Mbpsと超高速です。

もちろん、ベストエフォートサービスなので、そのままの速度が出るわけではなく、下り最大440Mbpsエリアも限られていますが、それでも格安SIMよりは安定して高速なのは間違いないですね。

また、3日間で10GBという制限はあるものの、月間のデータ容量の上限がない「ギガ放題」が選べるのもWiMAXの特徴。よほど大容量データのダウンロードをしない限り、3日間で10GBは超えないはずなので、ほぼ使い放題と言えますね。

ギガ放題の料金はUQ WiMAXでは月額4,380円(最大3ヶ月は3,696円)。ただ、WiMAXはプロバイダを選べるので、もっと安く使うこともできます。たとえば、Broad WiMAXは月額3,411円(最大3ヶ月は2,726円)となっています。

高速通信をたっぷり使えて、3,000円台〜4,000円台というのがWiMAXのメリットですね。

WiMAXのデメリット

・2年縛りがある
・3年目以降の料金が高くなる

WiMAXのギガ放題プランは2年縛りがあります。2年契約の更新月に解約すれば違約金はかかりませんが、それ以外の期間に解約すると違約金がかかってしまいます。

また、UQ WiMAXでは3年目以降の料金も変わらないのですが、その他のプロバイダの場合、最初の2年間だけ料金が安くて、3年目以降は高くなることが多いです。

先ほどのBroad WiMAXの場合、2年間は月額3,411円ですが、3年目以降は4,011円になります。そのため、WiMAXユーザーにとっては、2年ごとにプロバイダを乗り換えるのが基本です。更新月を逃すと違約金がかかってしまうので、計画的に乗り換える必要がありますね。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMのメリット

・データをあまり使わないなら安い
・2年縛り・違約金なし

格安SIMのメリットは、データ容量の少ないプランであれば、とにかく安いことです。料金は各社で若干異なりますが、3GBで月額1,000円程度というのが相場。WiMAXでは月額1,000円というのは考えられないので、あまりデータ通信を使わない人なら、格安SIMのほうが断然安くできますね。

また、モバイルルーターで使うならデータ通信専用SIMで良いので、契約期間や最低利用期間もありません。いつ解約しても違約金が発生しないのもメリットのひとつです。

格安SIMのデメリット

・端末本体の購入が必要
・プランの上限で速度制限がかかる
・通信速度はそれほど速くない

WiMAXでは、モバイルルーターの端末代が無料になっていることが多いです。しかし、格安SIMの場合は、SIMフリーのモバイルルーターを購入する必要があります。なので、ある程度の初期費用がかかってしまいますね。

SIMフリーのモバイルルーターとして代表的なのがNECの「Aterm MR05LN」。

なお、格安SIM会社でセット販売されている場合もありますが、Amazonなどで購入したほうが安いです。定価は23,000円ですが、Amazonなら約1万円安く購入できます。

>> Amazonで「Aterm MR05LN」を見る

格安SIMのもうひとつのデメリットが速度制限です。プランのデータ容量の上限を超えると、月末まで最大200kbpsに速度が制限されてしまいます。格安SIMにも、月間のデータ容量の上限がないプランもあることはありますが、他のプランと比べて速度が制限されている場合があります。

また、エリアにもよりますが、格安SIMの通信速度は一般的にWiMAXよりも遅いです。混雑状況や時間帯によっては、かなり速度が低下することもあるので、安さよりも速度重視の人にはおすすめできません。

格安SIMなら段階制プランが良さげ

WiMAXの場合は、データ通信を使っても使わなくても料金は一定です。しかし実際には、データ使用量が月ごとに変動するという人も多いのではないでしょうか。

格安SIMには段階制のプランもあるので、データ通信を使った分だけ料金を払って節約できます。たとえば、エキサイトモバイルの段階制プランである「最適料金プラン」なら、データ通信を全く使わない月は500円、よく使った月でも上限10GBの2,380円で利用可能です。

参考>> エキサイトモバイルのプラン詳細

1ヶ月に使うデータ量がせいぜい10GBという人なら、速度制限にも悩まされることなく、使った分だけ支払って、WiMAXよりも断然安くできそうですね。

しかも、エキサイトモバイルは2017年5月31日まで、新規契約手数料3,000円が無料になるキャンペーンを実施しています。SIMフリーのモバイルルーターさえ用意すれば、今なら月額料金だけでエキサイトモバイルを始められます。

データ通信専用SIMであれば契約期間もないので、いつでも違約金なしで解約可能。もし万が一、エキサイトモバイルの通信速度に不満があれば、他の格安SIMに気軽に乗り換えることもできますね。モバイルルーターはそのまま使い回せばいいですし。

公式サイトはこちら>> エキサイトモバイル

まとめ

こんな人ならWiMAXを選ぶべき

・とにかくデータをたくさん使う
・いつでも高速通信を使いたい

こんな人なら格安SIMを選ぶべき

・とにかく料金を安くしたい
・データ使用量はせいぜい10GB程度
・月によってデータ使用量にバラつきがある
・契約期間に縛られたくない

WiMAXのモバイルルーターが向いているのは、データ通信をたくさん使うヘビーユーザーですね。2年縛りでも良いから、とにかく快適な速度で使いたいという人におすすめです。

一方、モバイルルーターを気軽に持ちたいなら格安SIMがおすすめです。エキサイトモバイルのような段階制のプランなら、データ通信を使った分だけ支払えば良いので、料金もこまめに節約できそうです。しかも2年縛りがないので乗り換えも自由。新規契約手数料の無料キャンペーンを利用すれば、気軽に試せますね。

エキサイトモバイルの新規契約手数料無料キャンペーンは、2017年5月31日までです。

公式サイトはこちら>> エキサイトモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

-まとめ
-,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.