UQモバイル Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM(MVNO)

P20 liteを買うならUQモバイルがベストな理由。ワイモバイルと比較

投稿日:

ファーウェイのAndroidスマホ「P20 lite」をUQモバイルとY!mobile(ワイモバイル)のどちらで買おうか悩んでいる人も多いかもしれません。

UQモバイルとワイモバイルは、大手キャリアのサブブランドとしても知られ、高品質と低料金を両立しているのが特徴。

また、どちらのサービスにも端末代割引があり、スマホを安く購入できるのが魅力です。

UQモバイルとワイモバイルは料金プランも似ているので、どちらでP20 liteを買ったほうがお得なのか、と疑問を持つこともあると思います。

結論から言うと、P20 liteを購入するならUQモバイルを選ぶことをおすすめします。

以下で理由を詳しく説明するので、最後まで読んで参考にしてください。

P20 liteはリーズナブルな全画面スマホ

まずは、P20 liteの特徴を確認していきます。

P20 liteは、2017年に大人気となったSIMフリースマホ「P10 lite」の後継機種です。

一番目を引く特徴は、前機種から大幅刷新されたディスプレイ。端末前面がほぼすべてディスプレイという大画面の「フルビューディスプレイ」を搭載しています。

端末サイズは前機種とほとんど変わらないものの、画面サイズは約5.8インチと大幅アップ。持ちやすさはそのままに、動画や画像を大画面で楽しめるようになっています。

また、ダブルレンズのメインカメラ、顔認証のロック解除にも使えるサブカメラというカメラ機能も特徴です。

OSはAndroid 8.0を搭載。さらに、CPUはオクタコア(8コア)、内蔵メモリは4GBとハイスペック並みの仕様となっています。

P20 liteの詳細スペックと端末代(タップして展開)
P20 lite
ディスプレイ約5.84インチ
画面解像度2280×1080
カメラメイン:約1600万画素+200万画素
サブ:約1600万画素
OSAndroid 8.0
CPUKirin 659(2.36GHz/4コア+1.7GHz/4コア、オクタコア)
内蔵メモリ4GB
内蔵ストレージ32GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
寸法約148.6×71.2×7.4mm
重量約145g
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間約1,100分
連続待受時間約350時間
最大下り速度最大220Mbps(WiMAX 2+) / 225Mbps(4G LTE)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac, 2.4GHz/5GHz
Bluetooth4.2 LE
防水×
防塵×
おサイフケータイ×
指紋認証/顔認証◯/◯
テザリング
緊急地震速報
本体価格一括:28,900円
分割:100円+1,200円×24回
マンスリー割700円(プランM以上)
月々の端末代500円
実質負担額12,100円

P20 liteはSIMフリー版も販売されており、本体価格は約3万円。iPhoneなどと比べると格段リーズナブルです。

しかし、このP20 liteをより少ない負担で手に入れるなら、UQモバイルかワイモバイルで購入したほうが良いです。

なぜなら、UQモバイルには「マンスリー割」、ワイモバイルには「月額割引」という端末代割引があり、P20 liteを安く入手できるからです。

その上で、次に説明する理由からP20 liteを購入するなら、UQモバイルを選ぶことをおすすめします。

実質負担額はほぼ同じ。UQモバイルが400円だけ安い

まずは、UQモバイルとワイモバイルにおけるP20 liteの本体価格と実質負担額を確認してみます。

UQモバイルでは、P20 liteの本体価格が28,900円。分割払いの場合は、月々1,200円×24回+100円。初回のみ100円が上乗せされます。

UQモバイルおしゃべりプラン/ぴったりプラン
コースプランSプランMプランL
月間データ容量2GB6GB14GB
基本料金1,980円
(2年目以降 2,980円)
2,980円
(2年目以降 3,980円)
4,980円
(2年目以降 5,980円)
本体価格28,900円(初回100円+1,200円×24回)
分割支払金(24ヶ月間)1,200円
マンスリー割(24ヶ月間)−200円−700円
月々の端末代1,000円500円
合計月額料金2,980円
(2年目 3,980円、3年目以降 2,980円)
3,480円
(2年目 4,480円、3年目以降 3,980円)
5,480円
(2年目 6,480円、3年目以降 5,980円)
【実質負担額】24,100円
(初回100円+月々1,000円×24回)
12,100円
(初回100円+月々500円×24回)

なお、端末代割引のマンスリー割を利用できるのは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」だけ。そのため、P20 liteを安く購入したいなら、この2つのプランを選ぶべきです。

参考>> UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランを解説

マンスリー割の割引額はデータ容量別のプランS・M・Lというコースによって異なり、プランSでは−200円、M・Lでは−700円となっています。

結果的に、実質負担額はプランSで24,100円、M・Lでは12,100円です。

一方、ワイモバイルでは、P20 liteの本体価格が42,500円。分割払いの場合、月々1,750円×24回+頭金500円となります。

ワイモバイルスマホプラン
コースSML
月間データ容量2GB6GB14GB
基本料金1,980円
(2年目以降 2,980円)
2,980円
(2年目以降 3,980円)
4,980円
(2年目以降 5,980円)
本体価格42,500円(頭金500円+1,750円×24回)
分割支払金(24ヶ月間)1,750円
月額割引(24ヶ月間)−750円−1,250円
月々の端末代1,000円500円
合計月額料金2,980円
(2年目 3,980円、3年目以降 2,980円)
3,480円
(2年目 4,480円、3年目以降 3,980円)
5,480円
(2年目 6,480円、3年目以降 5,980円)
【実質負担額】24,500円
(頭金500円+月々1,000円×24回)
12,500円
(頭金500円+月々500円×24回)

端末代割引の月額割引は、UQモバイルと同様にスマホプランSとM・Lで異なっていて、実質負担額はスマホプランSで24,500円、M・Lで12,500円です。

本体価格はUQモバイルよりワイモバイルのほうが高いですが、月額割引の割引額も大きいので、月々の端末代は500円で同じ(Sの場合は月々1,000円)。

ワイモバイルの頭金が400円高いので、実質負担額もワイモバイルが400円だけ高くなっています。

ただし、以下のことには注意が必要です。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは不利

ワイモバイルで上記の月額割引を利用できるのは、ドコモとauからの乗り換え、または新規契約で申し込む場合のみです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換える場合、月額割引の金額が異なります。

なぜなら、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは「機種変更」と同じ扱いになるため、月額割引が500円減額されてしまうからです。

ワイモバイルスマホプラン(ソフトバンクから乗り換え)
コースSML
月間データ容量2GB6GB14GB
基本料金1,980円
(2年目以降 2,980円)
2,980円
(2年目以降 3,980円)
4,980円
(2年目以降 5,980円)
本体価格42,500円(頭金500円+1,750円×24回)
分割支払金(24ヶ月間)1,750円
月額割引(24ヶ月間)−250円−750円
月々の端末代1,500円1,000円
合計月額料金3,480円
(2年目 4,480円、3年目以降 2,980円)
3,980円
(2年目 4,980円、3年目以降 3,980円)
5,980円
(2年目 6,980円、3年目以降 5,980円)
【実質負担額】36,500円
(頭金500円+月々1,500円×24回)
24,500円
(頭金500円+月々1,000円×24回)

ソフトバンクから乗り換えたときの実質負担額は、スマホプランSで36,500円、M・Lで24,500円。ドコモやauからの乗り換えと比べると、実質負担額が1万円以上も高くなってしまいます。

そのため、現在ソフトバンクを使っている人は、間違いなくUQモバイルを選んだほうがお得です。

参考>> ソフトバンクから乗り換えるならワイモバイルでなくUQモバイルを選ぶべき

ちなみに、auから同じKDDIグループのUQモバイルに乗り換える場合は、端末代割引で不利になることはありません。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは避けたほうが良いですが、auからUQモバイルへの乗り換えは全く問題ないです。

参考>> auからUQモバイルに乗り換えるべき理由とデメリット

途中解約に不利なのはワイモバイル

なお、上記で述べてきたP20 liteの実質負担額というのは、あくまで2年間使い続けた場合の金額です。

マンスリー割や月額割引といった端末代割引は、2年間にわたって毎月割引されるため、途中で解約したり、機種変更した場合には、すべての割引を受けることができません。

その場合、本体価格が高く、端末代割引も大きいワイモバイルのほうが不利です。

たとえば、スマホプランMで端末代の支払いを1年残して解約すると、実質負担額は27,500円となり、UQモバイルよりも7,000円高くなってしまいます。

 UQモバイルワイモバイル
プランSプランM・LスマホプランSスマホプランM・L
本体価格28,900円42,500円
実際に適用される割引
(残り1年で解約・機種変更の場合)
−200円×12回=−2,400円−700円×12回=−8,400円−750円×12回=−9,000円−1,250円×12回=−15,000円
実質負担額26,500円20,500円33,500円27,500円

もっとも、UQモバイルとワイモバイルのどちらも端末代割引があるプランは2年縛りであり、違約金も発生するため、2年以内に解約することはおすすめできません。

とはいえ、途中解約の場合はワイモバイルが不利になるということは留意しておいたほうがいいでしょう。

機種変更でもUQモバイルが有利

前述の通り、P20 liteを購入して2年以内に機種変更するのは、端末代割引が途中で終了してしまうため、おすすめできません。

しかし、端末代の支払いが終わった後であれば、機種変更したくなることも考えられます。

機種変更に関しては、UQモバイルが有利です。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えが「機種変更」と同じ扱いになり、月額割引が減額されるというのは既に述べた通り。

同様にワイモバイルで機種変更すると、月額割引が減額され、新規契約や乗り換えよりも端末代が高くなってしまいます。

一方、UQモバイルでは、機種変更が新規契約・乗り換えよりも不利になることはありません。

機種変更手数料3,000円が1回だけかかるものの、たとえば次に実質100円のスマホに機種変更するのであれば、3,100円でスマホを新しくできます。

参考>> UQモバイルは3,100円で機種変更が可能

2年後の機種変更という先の話まではあまり考えられないかもしれません。ですが、乗り換えたからには同じ会社で長く使い続けたいという人は、考慮しておくといいでしょう。

音声通話はワイモバイルが有利

音声通話に関しては、ワイモバイルがUQモバイルよりも若干有利です。

ワイモバイルのスマホプランでは、通話は10分かけ放題となっています。

一方、UQモバイルでは、おしゃべりプランは5分かけ放題、ぴったりプランは指定時間の無料通話が付いています。

音声通話比較プランSプランMプランL
UQモバイルおしゃべりプラン国内通話 5分かけ放題
ぴったりプラン無料通話 60分無料通話 120分無料通話 180分
ワイモバイルスマホプラン国内通話 10分かけ放題

5分を超える通話をよくかける人なら、ワイモバイルを選んだほうがいいかもしれません。

しかし、UQモバイルのメリットは無料通話付きのぴったりプランも選べるということです。

10分以上の長電話を少ない回数だけかけるという人は、UQモバイルのぴったりプラン最適です。

またUQモバイルでは、おしゃべりプランとぴったりプランは相互にプラン変更が可能。プラン変更手数料は無料で、翌月から新しいプランに切り替えられるので、使い方に応じて自分に合ったプランを選べます。

通話の面ではワイモバイルが有利ですが、5分を超える電話をかけることが少ない人や、電話かける回数自体が少ないという人なら、他の部分でメリットが多いUQモバイルを選んだほうが良いです。

まとめ

ファーウェイのP20 liteを、UQモバイルとワイモバイルのどちらで買おうか迷っているなら、UQモバイルを選ぶべきです。

なぜなら、割引適用後の実質負担額はほぼ同じながら、ワイモバイルは本体価格が高いいので、途中解約や機種変更をする際の負担が重くなってしまうからです。

また、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは端末代が高くなって不利である点にも注意が必要です。

ワイモバイルの唯一の優位点は、音声通話が5分かけ放題ではなく10分かけ放題ということですが、それに魅力を感じないのであれば、UQモバイルを選んだほうがいいでしょう。

なお、UQモバイル公式オンラインショップでは、当サイトからの申し込み限定で最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

>> 当サイト限定、UQモバイル公式オンラインショップのキャッシュバックキャンペーン

たとえば、おしゃべりプランのSなら10,000円、Mなら11,000円がキャッシュバック。

実質12,100円のP20 liteが、さらに1万円以上安く入手可能となっています。

月々のスマホ料金を安くしつつ、ダブルレンズカメラ搭載のP20 liteを手軽に入手したいなら、このチャンスを逃さないようにしてください。

UQモバイル

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。月間3GBのデータ高速プランや、最大500kbps通信が使い放題のデータ無制限プランも提供しています。iPhone SEも割安で購入可能!

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 縛りなしの3GB・音声通話対応プランは月額1,680円

UQモバイル公式オンラインショップにて、当サイトからの申し込み限定で、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!

iPhone・Android・SIMのみ、全て対象。UQモバイルにお得に申し込めるチャンスを逃すことなく!

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム!」からの申し込み限定。公 ...

2

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

3

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

-UQモバイル, Y!mobile(ワイモバイル), 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2018 AllRights Reserved.