OCN モバイル ONE SIMフリースマホ 格安SIM(MVNO)

OCN モバイル ONEで買えるスマホのオススメは?(2017年1月版)

投稿日:

OCN モバイル ONEでは、月々の通信料を安く提供する格安SIMサービスだけでなく、スマホのセット販売もしています。

「格安SIMサービスを導入したいし、今使っているスマホも古くなってきたから、SIMもスマホもまとめて変えたい」と思う人にとってはぴったりなサービスではありますが、「スマホがいろいろあってどれがいいのか、自分に合うかわからない」と感じるかと思います。

この記事では、OCN モバイル ONEで扱っているスマホの中で、最新かつオススメの機種を紹介します。

2017年1月26日時点でオススメしたい機種は、「gooのスマホ」シリーズとして提供しているAndroidスマホ「g07」(グーマルナナ)

約2万円というリーズナブルな価格とは思えないほど性能が高いのが最大の特徴で、いわゆる「コスパが高い」スマホです。また、長く使いたいという人にもオススメな保証がされているのもポイント。

そんなg07について紹介していきます。

キズが付きにくく、大きめなディスプレイを装備

約2万円という価格ですと、本体の品質もそれなり、ということがままありますが、g07はアルミ加工で高級な質感を実現しており、デザイン面もシンプルです。

液晶パネルの大きさは5.5インチ、解像度は1920×1080ドット(フルHD)です。Dragontrailというキズが付きにくい強化ガラスを採用しているのも特徴。

本体サイズを数値で見てもイメージしづらいですが、厚み以外はiPhone 7 Plusよりも若干小さく、重量もg07の方が軽いもの、と考えるとわかりやすいかもしれません。

こうした5.5インチクラスという大きさはAndroidスマホではポピュラーなものになってきていますが、とくに女性など、手の小さい人には持ちづらさを感じるサイズではあります。

持ち運びも若干しづらくなりますが、映像を比較的大きな画面で楽しめるという利点もあるので、YouTubeなどをスマホで視聴することが多い人に向いているサイズ感です。

指紋認証でロックを簡単解除。セキュリティも強固に!

スマホの中身を他人に見られないよう、スマホにロックをかけている人は多いと思います。ロックを解除する方法はいくつかありますが、g07では内蔵の指紋センサーを使い、簡単にロックを外せます。

具体的には、スマホの背面に設置された指紋センサー部分に指で触れるだけ。これだけでロックを解除OK。もちろん登録していない指紋でロック解除はできないので、他人に不正利用される心配もなし!セキュリティを強固に保てます。

格安SIMなら活用しやすい話題の機能DSDSにも対応

なんと、このg07、SIMカードが2枚差せるんです。「それってそんなにすごいの?そんなスマホ聞いたことあるけど」という人もいるかもしれません。

たしかにSIMカードを2枚入るスマホ自体は前からあったのですが、SIMカードスロットの片側が、日本では有効に機能せず、活用シーンが限られていました。

しかしg07は2枚のSIMカードがどちらも働き、それぞれの回線の同時待受が可能に!この機能は2枚のSIMカードを同時に待受、スタンバイの状態にできることから「デュアルSIM、デュアルスタンバイ」(DSDS)と呼ばれています。

DSDSを使えば、2枚のSIMカードが音声通話対応のものなら、どちらの電話番号に着信があっても、ユーザー側は操作をすることなく応答できます。

たとえば、個人用と仕事用のスマホをそれぞれ持つのではなく、それぞれのSIMカードをg07に入れておくだけで、相手に応じた回線を使い分けるなど、効率の良い使い方が可能。

また、海外ではいつも使っているSIMを受話専用にしておき、現地で購入したSIMカードを差してメイン利用するといった方法でも活躍し、スマホをお得に使えるシーンを広げてくれるステキな機能です。

なお、nanoサイズのSIMカードスロットはmicroSDカードスロットとしても利用するので、microSDカードを利用する場合はDSDSは使えないこと、データ専用SIM2枚は差せないことには注意しましょう。

メインスペックもコスパ良好

そのほか、基本的な性能は以下にまとめてみました。

製品名g07
メーカーコヴィア
カラーリングホワイト、ブラック
大きさ約152×75.6×7.9mm
重量約150g
ディスプレイ5.5インチ
(1920×1080ドット)
OSAndroid 6.0
(Android 7.0アップデート保証)
チップセットMediaTek MT6750T
(Cortex-A53 1.5GHz×4、1.0GHz×4)
ROM/RAM32GB/3GB
対応する外部メモリmicro SD/SDHC/SDXC
(最大128GB)
カメラアウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量3,000mAh
SIMカードスロットmicro SIM、nano SIM
(DSDS対応)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
BluetoothBluetooth 4.1
対応周波数帯LTE:B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
3G(W-CDMA):B1(2100) / B6(800) / B8(900)
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
センサーA-GPS/GPS
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
電子コンパス
ジャイロセンサー
その他指紋認証
USB Type-C OTG (USB 2.0)

注目したいポイントは、同価格帯のスマホではめったに見られないCPUとRAMのスペックの高さです。このレベルであれば、相性もあるとは思いますが、たいていのゲームも快適に遊べそう。

さらに、AndroidスマホではOSをアップデートしてくれるかどうかを明言しているところは少ないなか、g07はAndroid 7.0アップデートを保証しているのも魅力。

スマホを長く使っているうち、OSのAndroidが古くて話題の最新アプリが使えない、なんて事態を避けるなら、g07はオススメのスマホです。

防水・防塵には非対応

g07はサイズ以外でも注意しておきたい点があります。それは、防水・防塵に非対応なこと。

ただ、もともと約2万円という低価格なので、ある程度、割り切りが必要かもしれませんね。保護ケースを着けて衝撃から守ったり、水に濡れそうな場面では防水仕様のバッグに入れるなどして対策しましょう。

評判はどう?

ここまではスペックからわかることを説明しましたが、実際の使い勝手はどうなのか、「価格.com」で調べてみました。

良い点

外観の安っぽさは感じません。

 

DSDSで使用していますが電話着信も全く問題ないです。

 

一般的な使用では十分過ぎる性能
(電話・メール・LINE・you tubeなど動画視聴・ウェブ閲覧など)

出典:価格.com

悪い点

表面はすべすべで落としやすそうです。

 

カメラ写りはそれなり、だけど使えないって感じでもないです。

 

相手の声がこもって聞こえる感じです。

出典:価格.com

指紋認証と受信感度に関しては精度が悪い、問題ないという意見が分かれていますが、中身を修正するアップデートが影響しているのかもしれません。ただ通話の音質は普通、もしくは悪いといった声が多く見られるため、音質にこだわりたい人にとっては不向きと言えそうです。

フルHDの画面はキレイで見やすく、本体デザインも高級感があって好評。「安くてもチープなデザインはイヤ」と感じる人にとっては、購入候補に挙がるスマホでしょう。

画面のレスポンスも概ね良好で、評判の通り、LINEのやり取りや動画視聴、WEBブラウジングなどでは問題ないレベルで動作すると報告されています。

また、SIMフリースマホには、メーカーオリジナルのアプリがいくつもインストールされていることが大半で、削除できないこともしばしば。

g07にもオリジナルアプリが複数導入されているようですが、クチコミによれば削除可能とのこと。好みのアプリだけを残し、肌に合わないアプリは削除して、ストレージを節約可能なのはうれしいところです。

まとめ

g07は、約2万円という低価格でありながら指紋認証に対応し、2つの回線の同時に使えるDSDS機能も用意。さらにスペックもなかなか高いという、コスパの良いスマホです。

Android 7.0へのアップデートも保証され、長期間使い込んでるうちにOSが古くなって目当てのアプリが対応していない、なんてことにもなりにくい特徴があるのも魅力的。

防水に非対応であることなど、いくつか注意する点はありますが、画面はキレイでレスポンスも良いので、一般利用する分にはちょうど良いスマホです。

人気のiPhone 7と比べると、約4分の1の価格で買えるコスパ良好なg07。浮いたお金を貯金にあてたり旅行に出たりと、好きなことに使えちゃいます。

g07は、goo Simsellerというショッピングサイトから購入可能です。OCN モバイル ONEを提供するNTTコミュニケーションズのグループ会社であるNTTレゾナントが運営し、OCN モバイル ONEのSIMカードやスマホなどを取り扱っています。

goo Simsellerは、データ専用/SMS対応/音声通話対応のSIMパッケージとg07をセット販売していますが、パッケージ代は無料。パッケージはOCN モバイル ONEの初期費用である契約事務手数料を兼ねているので、初期費用が実質タダになるわけです。

公式WEBサイトはこちら>> goo SimSeller

ただし、セットを購入してもOCN モバイル ONEのサービスを開通できるわけではない点には注意。自宅に届いたパッケージを使い、OCN モバイル ONEの公式WEBサイトから改めて契約を結ぶことになります。

買ったスマホとパッケージが届いたらすぐ開通、というわけにはいきませんが、お得にスマホを運用するなら使わない手はありません。

サービスの詳細やOCN モバイル ONEの他のスマホのラインナップなどが気になったら、公式のWEBサイトもチェックしてみてはいかがでしょうか。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、月額900円から使える格安SIMサービス。1日単位でデータ容量が設定され、月末に速度制限に引っかかることなく使えるプランがとくに魅力的。速度制限時でも1回150KBまで高速通信でき、WEBサイトやLINEのやり取りなど軽めの通信ならストレスなくこなせます!

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
データ通信
通信速度受信最大262.5Mbps
通信速度制限データ容量を超えた時に制限
送受信最大200kbps
データの繰り越し日次プラン:翌日まで
月次プラン:翌月末まで
追加チャージ料金日次プラン:当日無制限/500円
月次プラン:0.5GB/500円
SMS送受信料国内送信:3円/通(月内5通までは無料)
海外への送信:50円/通(不課税)
海外からの送信:100円/通(不課税)
受信:0円
音声通話
音声通話(国内)通常:20円/30秒
「OCNでんわ」アプリ:10円/30秒
5分かけ放題オプション「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」
基本料:850円/月
国内1通話5分まで:無料(回数無制限)
超過分:10円/30秒
IP電話サービス「050 plus」
基本料:無料
固定電話宛:8円/3分
携帯電話宛:16円/1分
050 plus同士:無料
留守番電話300円/月
キャッチホン200円/月
転送電話月額料0円
迷惑電話月額料0円
SMS拒否月額料0円
着信通知月額料0円
その他オプション
遠隔操作月額料0円
公衆無線LAN月額料0円
(全国約82,000ヵ所)
メールサービス月額料0円
あんしん補償500円/月
(自然故障・物損故障したスマホの修理・交換を補償。
音声通話対応SIMユーザーが利用可能)
保証上限金額:50,000円(税込)
PC・スマホ用セキュリティサービス「マイセキュア」
1ライセンス:250円/月
3ライセンス:500円/月
スマホの総合サポート「マイポケット プラス」
500~900円/月
(スマホの電話・遠隔操作サポート、
オンラインストレージ。
セキュリティ対策ソフトが付くプランも用意)
各種手数料など
SIMカード追加・サイズ変更データ専用SIM:1800円
SMS対応SIM:1800円
音声通話対応SIM:3000円
MNP転出料3,000円
解約違約金最低利用期間内に解約した場合
8,000円(不課税)
最低利用期間と料金支払方法
最低利用期間6ヶ月:音声通話対応SIM
なし:データ専用SIM
料金支払方法クレジットカード
口座振替(カスタマーズフロントへ要連絡)

公式WEBサイトはこちら>> OCN モバイル ONE

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

3

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

-OCN モバイル ONE, SIMフリースマホ, 格安SIM(MVNO)
-, ,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.