LINEモバイル 格安SIM(MVNO)

LINEモバイルにMNPで乗り換えてみた。実際の通信速度は?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

大手キャリアのスマホから、LINEモバイルへの乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルはMNP(携帯電話ポータビリティ)に対応しているため、

いま使っている電話番号を変えずに、大手キャリアなどから乗り換えることが可能です。

また、LINEモバイルは店舗での申し込みができず、WEBサイトから申し込むことになりますが、

申し込みからSIMカードの受け取りまで、すべて自宅にいながら済ませられるのが特徴です。

とはいえ、「MNPにはどのくらい日数がかかるの?」「MNPの手続きが面倒そう…」と不安に感じている人もいるかもしれません。

今回、実際にLINEモバイルへMNPで乗り換えてみたので、その流れを紹介したいと思います。

結論からいうと、MNP予約番号の発行の申し込みからは4日後、LINEモバイルへの申し込みからは3日後に、MNPでの乗り換えが完了し、LINEモバイルを利用できるようになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

申し込み前に必要なMNP予約番号の取得

移行前のキャリアでMNP予約番号を申し込み

今回、筆者は格安SIMのFREETEL SIMから、LINEモバイルにMNPで乗り換えました。

FREETEL SIMは、音声通話対応SIMであれば、月額999円〜の段階制の料金体系で利用できる「使った分だけ安心プラン」が特徴。

使っていてとくに不満はありませんでしたが、LINEやSNSのデータ消費がゼロになるという、LINEモバイルの「カウントフリー」に興味があったので、乗り換えてみました。

参考>> LINE・SNSが使い放題のLINEモバイル

LINEモバイルにMNPで申し込む前に必要なのが、移行前のキャリアで「MNP予約番号」を取得することです。

今回の場合、FREETEL SIMでMNP予約番号を発行してもらうことになります。

FREETEL SIMの場合、公式WEBサイトのマイページからMNP予約番号の発行を申し込むことになります。

格安SIMの場合、このようにWEBサイトからMNP予約番号の発行を申し込むことが多く、

オペレーターにあの手この手で引き止められない、というメリットはありますが、MNP予約番号の発行までに、数日かかることがあるので注意が必要です。

大手キャリアでMNP予約番号を取得する場合

大手キャリアの場合、MNP予約受付窓口に電話をかけて、MNP予約番号を発行してもらうのが一般的です。

オペレーターが対応するため、各社とも受付時間が9時〜20時と限られています。

また、キャリアによっては、違約金がいくらかかると説明されたり、スマホ購入のための割引クーポンを提案されたりと、引き止めに遭うこともあります。

なお、ドコモであれば、WEBサイトのMy docomoでもMNP予約番号の発行を申し込むことが可能。こちらは24時間対応なので便利です。

ちなみに、auとソフトバンクは、ガラケーであれば、EZWebやMy SoftbankからMNP予約番号の発行を申し込むことができますが、スマホの場合は、電話での発行だけとなっています。

大手キャリアでは、MNP予約窓口に電話をかけるのが基本になり、やや億劫に感じますが、

申し込んだその日のうちに、MNP予約番号をもらえるというメリットもあります。

Amazonでエントリーパックを購入するとお得

FREETEL SIMにMNP予約番号の発行を申し込んだ後で、筆者の場合は、AmazonでLINEモバイルのエントリーパックを購入しました。

エントリーパックは990円(税込)ですが、これをあらかじめ購入し、記載されているエントリーコードをLINEモバイルの申し込み時に入力することで、登録事務手数料3,000円が無料になります。

つまり、約2,000円がお得になるわけです。

LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパック (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応] LMN-Ama02

新品価格
¥990から
(2017/1/21 01:32時点)

なお、エントリーパックは、音声通話対応SIM用とデータSIM用で分かれているので、

MNPの場合は、音声通話対応SIM用を選ぶのをお間違えなく。

また、2月1日以降の申し込みでは、エントリーコードを持っていても、SIM発行手数料400円が追加でかかるので注意してください。

もちろん、エントリーコードがなくても、LINEモバイルの公式WEBサイトから申し込むことは可能です。

ですが、登録事務手数料が3,000円(2月1日からはSIM発行手数料400円も)がかかるので、

よりお得にLINEモバイルに乗り換えたいなら、Amazonでエントリーパックを購入するのがオススメです。

LINEモバイルに申し込む

MNP予約番号とエントリーパックが届く

当たり前ですが、MNP予約番号を取得しただけでは、MNPは完了しません。

MNP予約番号を使って、LINEモバイルに申し込む必要があります。

FREETEL SIMにMNP予約番号の発行を申し込んだのは23時過ぎと、かなり遅めの時間帯でしたが、翌日の10時前にはメールで予約番号が届きました。

また、Amazonで購入したLINEモバイルのエントリーパックも、同じ日の夕方まで届き、いよいよLINEモバイルの申し込みをする準備が整いました。

なお、MNP予約番号の有効期限は14日間。有効期限が10日以上残っていない場合は、申し込みができないので注意しましょう。

申し込み前に準備しておくもの

LINEモバイルへの申し込みにあたり、いくつか手元に準備しておく必要があるものがあります。

まずは、MNP予約番号。そして、運転免許証などの本人確認書類とクレジットカード、メールアドレス

エントリーコードを使う場合は、エントリーパックも手元に用意しましょう。

本人確認書類は、画像をアップロードすることになるので、スマホなどで写真を撮影し、パソコンに保存しておきます。

また、メールアドレスは今後連絡に使われるものなので、移行前のキャリアのメールアドレスは使えません。

乗り換え後も引き続き使える、Gmailのアドレスなどを用意してください。

公式WEBサイトから申し込み

LINEモバイルの申し込みは、公式WEBサイトから行います。

申し込み画面では、まず申し込み方法を「通常申し込み」「コードを使用して申し込み」から選択します。

エントリーコードを使う場合は、「コードを使用して申し込み」を選んで、エントリーパックに記載されているコードを入力しましょう。

次に、申し込みの種類を「端末+SIMカード」「SIMカードのみ」から選びます。

今回はSIMカードだけを申し込んだので、「SIMカードのみ」を選択しました。

続いて、プラン、SIMカードのサイズ、留守番電話などのオプションサービスを選択します。

SIMカードのサイズは、手持ちのスマホに対応するサイズを間違えずに選んでください。

取得したMNP予約番号を入力

MNPの場合は、次にMNP予約番号を入力するとともに、有効期限を選び、MNPで転入するスマホの電話番号を入力します。

続いて表示されるお客様情報入力画面では、氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを入力していきます。

利用規約などを確認し、同意すると、ここでメールアドレスの確認が行われます。

入力したメールアドレスにメールが届くので、記載されているURLをクリックして、申し込み画面の続きを表示しましょう。

本人確認書類のアップロード

続きの画面では、本人確認書類の画像をアップロードします。

さらに支払い方法を選択して、クレジットカードの情報を登録。

最後に、LINEモバイルのログインIDとパスワードを設定し、最終確認で申し込み内容を確認して、申し込むことができます。

通信サービスの契約となるため、申し込みにはやや時間がかかりますが、必要なものを準備しておけば、30分もかからないのではないかと思います。

キャリアの店舗で申し込む場合も、30分くらいはかかるので、WEBサイトだから手続きが面倒ということはないでしょう。

筆者の場合は、20分弱で申し込みが完了しました。

SIMカードの到着と開通手続き

申し込みの2日後にSIMカードが到着

申し込み後は、LINEモバイルの審査基準にもとづいて審査が行われ、通過すると契約成立のメールが届きます。

21時過ぎに申し込みが完了し、契約成立のメールが届いたのは申し込み翌日の12時。

さらに、18時前にSIMカードの発送を知らせるメールが届きました。

その次の日、つまり申し込みの2日後にSIMカードが到着。

配送はクロネコヤマトでしたが、翌日の朝7時には最寄りの配送センターを出ていたので、時間指定をすれば、おそらく午前中に荷物を受け取れたのではないかと思います。

しかし、仕事の関係上、荷物を受け取ったのは夕方となりました。

MNPの切り替え申し込み

MNPの場合、SIMカードが到着しても、そのままでは使うことができません。

カスタマーセンターのMNP開通受付窓口に電話をかけ、番号切り替えを申し込む必要があります。

開通受付窓口の電話番号は0120−889−279。受付時間は10時〜19時で年中無休です。

申し込みの2日後にSIMカードを受け取ったのですが、後で説明する理由によって、開通受付窓口に電話をしたのは次の日の12時過ぎとなりました。

申し込み後、開通までにどのくらいかかるのかをオペレーターに尋ねたところ、「今日の状況だと2時間ぐらい」とのことでした。

なお、電話で番号切り替えの申し込みを行わない場合は、SIMカードが到着した翌々日に自動的に切り替えが行われます。

参考>> LINEモバイルはいつから使える?

切り替えまでの実際の所要時間を検証

番号切り替えが行われると、それまで使っていたSIMカードは使えなくなり、LINEモバイルのSIMカードが利用可能になります。

オペレーターによると、切り替えまでは約2時間とのことでしたが、実際はどうなのかを、元のSIMカードをスマホに装着したままで確認してみました。

切り替えの申し込み直後は、まだ元のSIMカードが利用できる状態でした。

しかし、1時間後の13時過ぎには、アンテナに「×」が表示され、通信できない状態に。

ここで、LINEモバイルのSIMカードに挿し替えて、APN設定を行いました。

APN設定は、データ通信を使うために必要な設定であり、設定方法はSIMカードと一緒に届くマニュアルに記載されています。

APNの設定後、音声通話をかけてみたところ、すでに使える状態でした。ただし、データ通信はまだ使えませんでした。

音声通話が使えるようになった後でも、データ通信が使えるようになるまでは、1〜2時間程度かかる場合があるということなので、しばらく待ちます。

30分後、再び確認してみましたが、やはりデータ通信は使えない状態。

ですが、試しに一旦、機内モードをON→OFFしてみると、データ通信が利用可能になりました。

ちなみに、機内モードのON→OFFは、スマホで音声通話やデータ通信が使えないときに、まず試してほしい手順となります。

結果的に今回の例では、音声通話は1時間後、データ通信は1時間半後に使えるようになっていました。

ただし、1時間後の段階でも、機内モードのON→OFFをすれば、すでにデータ通信が利用できた可能性もあります。

もっとも、開通までにかかる所要時間は、日や時間帯によっても変わってくるので、あくまで参考として捉えてください。

実際の通信速度は?

開通後、実際に通信速度を計測してみました。

通信速度を計測

下り30.15Mbps、上り11.94Mbps。評判通り、かなり快適な速度です。

LINEモバイルへのMNPで注意すべき点

今回、SIMカードの到着当日には、MNPの開通処理ができなかったのですが、それには次のような理由がありました。

到着当日の18時半頃に、MNP開通受付窓口に電話をかけたところ、

「ただいまの時間、大変混み合っているため、あらためておかけ直しください。12時頃が比較的すいています」との自動音声のアナウンスが流れ、電話が切れてしまいました。

その10分後に再びかけましたが、状況は変わらず。そのため、アナウンスに従って、翌日の12時すぎに電話をかけた次第となります。

つまり、電話でMNPの開通を申し込むことはできるのですが、現時点では、時間帯によって対応できない場合があるということです。

夕方以降、とくに受付終了時間の19時前に開通を申し込みたいと考えていた人は、注意したほうがいいでしょう。

12時頃のすいている時間であれば、スムーズに開通手続きができたので、昼休みに時間を確保するのがオススメといえます。

まとめ

今回、実際にLINEモバイルにMNPで乗り換え、申し込みから利用開始までの流れを紹介してきました。

日数でいえば、MNP予約番号の申し込みからは4日後、LINEモバイルの申し込みからは3日後に、LINEモバイルを利用可能になりました。

なお、大手キャリアからの乗り換えであれば、MNP予約番号を当日に取得できるので、さらに日数を短縮できるかもしれません。

LINEモバイルの詳しい情報やプランは、公式WEBサイトでご確認ください。

>> LINEモバイルの口コミを確認する

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEが使い放題で月額500円〜の格安SIMです。LINEのトーク・無料通話をどれだけ使っても、データ容量を消費しません。月間3GB以上のプランでは、Twitter・Facebook・Instagramも使い放題に。SNSを使いすぎても、もう月末の速度制限には悩まされません!

  • LINE・主要SNSのデータ消費がゼロ!
  • LINEの年齢認証・ID検索に対応する唯一の格安SIM
  • 音声通話SIMの3GBプランは月額1,690円

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
データ通信
通信速度受信最大375Mbps / 送信最大50Mbps
通信速度制限月間データ容量を超えた場合は
送受信最大200kbps
データの繰り越し翌月まで
追加チャージ料金500MB/500円、1GB/1,000円、3GB/3,000円
SMS送受信料国内送信 3〜30円/通
海外へ送信 50〜500円/通(非課税)
海外で送信 100円/通(非課税)
受信 0円
オプションサービス
留守番電話サービス300円/月
割込通話サービス200円/月
着信転送サービス0円/月
フィルタリング無料
(フィルタリングアプリ i-フィルター)
端末保証450円/月
(LINEモバイル購入端末を有償で交換)
持込端末保証500円/月
(持込端末を有償で修理・交換)
各種手数料
SIMカード再発行要問合せ
SIMカードサイズ変更3,000円
MNP転出料3,000円
解約金契約解除料9,800円
(最低利用期間内の解約の場合)
最低利用期間と料金支払方法
最低利用期間12ヶ月:音声通話対応SIM
なし:データSIM(データのみ、SMS付き)
料金支払方法クレジットカード / LINE Pay /
LINE Payカード

公式WEBサイトはこちら>> LINEモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

-LINEモバイル, 格安SIM(MVNO)
-,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.