LINEモバイル ハウツー 格安SIM(MVNO)

LINEモバイルは「利用コード」で便利になる。LINEアプリでID検索やデータ量の確認が可能に

投稿日:

LINEモバイルといえば、LINEやSNSのデータ利用量がカウントされないという「カウントフリー機能」が注目されがちです。

しかし、実はカウントフリー機能を搭載している格安SIMはほかにもあり、

たとえばFREETEL SIMの月間3GB以上のプランでは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramに加えて、ポケモンGOなどのデータ利用量がカウントされません。

「それじゃあ、LINEモバイルを選ぶメリットはないの?」と感じた人もいるかもしれませんが、もちろん、そんなことはありません。

LINEモバイルは、LINEアプリと連携させることで真価を発揮します。

今回は、LINEモバイルをLINEアプリと連携させるための「利用コード」の確認方法と使い方、連携によって何が可能になるのかを紹介したいと思います。

LINEモバイルをこれから契約しようと考えている人は、利用コードを使うことで便利になる、ということをお忘れなく。

それでは見ていきましょう。

LINEモバイルの「利用コード」とは?

LINEモバイルの「利用コード」は、LINEのアプリ上で年齢確認を行い、ID検索を有効化するために使います。

利用コードは、LINEモバイルのWEBサイトにアクセスして、マイページにログインし、メニューの「契約情報」から確認することができます。

利用コードは「LM」から始まる16桁のコード。大小の英字と数字で構成されています。

パソコンのブラウザからでも確認できますが、メモを取って、スマホで入力するというのは大変。

LINEアプリで入力することになるので、スマホのブラウザでマイページを開き、コピー&ペーストするのが簡単でオススメです。

年齢確認をすると、LINEのID検索が可能に

利用コードをコピーしたら、LINEアプリを起動して、設定画面の「年齢確認」を選択します。

次の画面で「年齢認証結果」をタップして表示されるポップアップメニューで「LINEモバイルをご契約の方」を選択。

利用コードの入力画面が表示されるので、コピーした利用コードを貼り付けます。

その次の画面で「通知を許可する」をタップすると、年齢確認が行われ、利用者が18歳以上であれば、LINEのID検索が可能になります。

大手キャリアのスマホでは、LINEの年齢確認に対応していて、ID検索が可能ですが、ほとんどの格安SIMは、LINEの年齢確認に非対応となっています。

LINEモバイルは、格安SIMながらLINEの年齢確認とID検索に対応しているので、連絡先をスムーズに交換できるのが大きなメリットです。

LINEアプリ上でデータ残量を確認できる

LINEモバイルの利用コードは、年齢確認以外にも使うことができます。

利用コードを使って連携を行うことで、LINEアプリ上でデータ残量などを確認することが可能になるのです。

使い方としては、まずLINEモバイルの公式アカウントをフォロー(友だちに追加)します。

すると、LINEモバイル公式アカウントとのトーク画面には、メニューが表示されているので、「利用者連携」をタップ。

利用コードの入力画面が表示されるので、再びコードを貼り付けて、「連携する」をタップします。

これで連携は完了となり、次回以降はメニューの「データ残量確認」をタップすると、データ残量と直近3日間のデータ利用量がテキストで通知されます。

LINEを使っているときに、すばやくデータ残量を確認できるのが魅力です。

また、LINEモバイルではLINEがカウントフリーになるため、データ容量を消費せずに、残量を確認できるのもメリットといえます。

契約者連携でLINEポイントが貯まる

ちなみに、LINEモバイル公式アカウントとのトーク画面のメニューには、「契約者連携」という項目も存在します。

契約者連携は、LINEのアカウントとLINEモバイルのIDを連携できる機能。

利用コードは使用せず、LINEモバイルのIDとパスワードを入力して連携を行います。

連携を行うと、LINEモバイルの月額基本料の1%がLINEポイントとして、LINEのアカウントに毎月付与されます。

スタンプ購入などにLINEポイントをお得に活用したいのであれば、ぜひ設定しておきましょう。

また、契約者連携を行うと、次回以降はメニューの「契約者連携」から、LINEモバイルのマイページをログイン不要で開けるようになります。

やや面倒だが、確実に便利になる3ステップ

ここまで見てきたように、LINEモバイルでLINEアプリをフル活用するうえでは、年齢確認と利用者連携、契約者連携という3つの設定が必要になります。

それぞれ利用者コードやID・パスワードを入力して設定しなければいけないため、やや面倒ですが、

LINEのID検索やデータ残量の確認が可能になり、ポイントも付与されるので、確実に便利・お得になります。

なお、年齢確認を行った場合でも、利用者が18歳未満の場合はID検索はできません。

ですが、18歳以上なのにID検索ができず、不満に思っていたほかの格安SIMのユーザーにとっては、LINEモバイルは有力な乗り換え先となりそうです。

また、利用コードを使うことで、LINEアプリ上でデータ残量をこまめに確認できるので、データ容量の使い過ぎも防げるでしょう。

LINEモバイルの詳しいプランは公式WEBサイトなどをご確認ください。

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEが使い放題で月額500円〜の格安SIMです。LINEのトーク・無料通話をどれだけ使っても、データ容量を消費しません。月間3GB以上のプランでは、Twitter・Facebook・Instagramも使い放題に。SNSを使いすぎても、もう月末の速度制限には悩まされません!

  • LINE・主要SNSのデータ消費がゼロ!
  • LINEの年齢認証・ID検索に対応する唯一の格安SIM
  • 音声通話SIMの3GBプランは月額1,690円

サービス概要

初期費用
契約事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
データ通信
通信速度受信最大375Mbps / 送信最大50Mbps
通信速度制限月間データ容量を超えた場合は
送受信最大200kbps
データの繰り越し翌月まで
追加チャージ料金500MB/500円、1GB/1,000円、3GB/3,000円
SMS送受信料国内送信 3〜30円/通
海外へ送信 50〜500円/通(非課税)
海外で送信 100円/通(非課税)
受信 0円
オプションサービス
留守番電話サービス300円/月
割込通話サービス200円/月
着信転送サービス0円/月
フィルタリング無料
(フィルタリングアプリ i-フィルター)
端末保証450円/月
(LINEモバイル購入端末を有償で交換)
持込端末保証500円/月
(持込端末を有償で修理・交換)
各種手数料
SIMカード再発行要問合せ
SIMカードサイズ変更3,000円
MNP転出料3,000円
解約金契約解除料9,800円
(最低利用期間内の解約の場合)
最低利用期間と料金支払方法
最低利用期間12ヶ月:音声通話対応SIM
なし:データSIM(データのみ、SMS付き)
料金支払方法クレジットカード / LINE Pay /
LINE Payカード

公式WEBサイトはこちら>> LINEモバイル

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

3

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

-LINEモバイル, ハウツー, 格安SIM(MVNO)
-

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.