ハウツー

【最安】月800円の5分かけ放題がG-Callから。どの格安SIMでも利用可

投稿日:

格安SIMに乗り換えたものの、思いがけず通話代がかさんでしまい、戸惑っている人もいるかもしれません。

一般的な格安SIMでは、音声通話の通話料は20円/30秒の従量課金制。電話をかけた分だけ通話料がかかるので、よく電話をかける人なら通話代が高額になってしまう場合があります。

5分かけ放題などをオプションで提供しているMVNOも増えていますが、LINEモバイルを始めとして、5かけ放題が無いMVNOもまだあります。

そんな場合に通話代を節約するために試してほしいのが「G-Call」です。G-CallはどのMVNO(格安SIM)でも使える通話サービス。通常20円/30秒の通話料を半額の10円/30秒にできます。

さらに、最近登場した「5分かけ放題オプション」により、5分以内の国内通話をかけ放題で利用することも可能です。

この記事では、G-Callのサービス内容と仕組み、デメリットなどを紹介していきます。現在、格安SIMを使っている人、これから格安SIMに乗り換える人なら要チェックです。

公式サイトはこちら>> G-Call

G-Callは通話料10円/30秒の半額通話サービス

G-Callは、国内通話を10円/30秒でかけられる半額通話サービスです。

半額通話サービスだけを利用するなら月額基本料は無料。初期費用も不要なので気軽に始められ、G-Callアプリから電話をかけるだけで通話料が半額の10円/30秒になります。

プレフィックス方式と呼ばれる通話サービスで、アプリから電話をかけると、相手の電話番号の頭に「0063」などの番号が自動で付けられます。この番号を付けることで、G-Callの電話回線を経由して、通話料が半額になるという仕組みです。

インターネット経由で通話する050番号のIP電話とは異なり、電話回線を使用する通話サービスなので、音声品質は通常の電話発信と同等。相手には自分のスマホの電話番号が通知されるので、「知らない番号から電話がかかってきた」と相手を困らせることもありません。

楽天でんわよりも通話料が安い

同種のサービスとしては、楽天が提供している「楽天でんわ」が有名ですが、G-Callは楽天でんわよりも通話料が安いのが特徴です。

G-Callのプレフィックス番号には「0063」と「00328200」の2種類があり、使い分けが可能です。「0063」を付けると国内通話料は一律10円/30秒(非課税)になります。楽天でんわの通話料は10円/30秒(税抜)なので、消費税8%分だけ安くなっています。

ただし、「0063」を付けた場合、スマホやケータイには電話番号が通知されますが、固定電話にかけたときには非通知になってしまいます(楽天でんわは固定電話にも通知可能)。

一方、「00328200」を付けると、固定電話にも電話番号を通知できます。通話料は税抜9.5円/30秒(税込10.26円/30秒)で、非課税の「0063」よりは少し高くなりますが、それでも楽天でんわより安いのが魅力です。

G-Callの半額通話サービスは、月額基本料が無料なので、使わなければ1円もかかりません。G-Callアプリから電話をかけるだけで、通話料を半額にできるため、格安SIMユーザーならとりあえず入っておいて損はないサービスです。

G-Callアプリの使い方

G-Callで通話料を半額にするには、アプリから電話をかけるだけなので、使い方は簡単です。

あらかじめG-Callの公式サイトからサービスの申し込みを行い、電話番号を登録したうえで、アプリをインストールします。

公式サイトはこちら>> G-Call

G-Call

G-Call
開発元:gap Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

G-Callのアプリは、ダイヤルパッドを表示するシンプルなアプリで、電話番号を直接入力して電話をかけられます。また、連絡先や発信・着信履歴(iPhoneアプリは発信履歴のみ)から電話番号を呼び出すことも可能。

電話番号を入力して[発信]ボタンを押すとメニューが表示されて、どの発信方法で電話をかけるかを選べます。

わざわざ選択するのが面倒に感じるかもしれませんが、発信方法を自動保存できるので、一度かけた番号なら次回以降は発信方法を選ぶ必要はありません。

G-Callアプリから電話をかける、たったそれだけで通話料を半額にして、簡単に節約が可能です。

G-Callの5分かけ放題オプションは月800円

あまり電話をかけない人ならG-Callの半額通話サービスだけでも十分ですが、電話をかける機会が多い人には、G-Callの「5分かけ放題オプション」がおすすめです。

5分かけ放題オプションは月額料金が800円(税抜)。G-Callアプリから電話をかけたときに、5分以内の国内通話であれば、何度かけても通話料が無料になります。

5分超過後の通話料は、プレフィックス番号に応じて10円/30秒(非課税)または9.5円/30秒(税抜)です。

G-Callは、どのMVNOでも利用できるので、とりわけLINEモバイルなどの5分かけ放題が無いMVNOを使っている人にはおすすめです。

楽天モバイルやmineoなどのMVNOでは、同じような5分かけ放題オプションを選べますが、月額料金は850円(税抜)。楽天モバイルやmineoのユーザーでも、G-Callの5分かけ放題オプションを利用したほうがお得です。

なお、どのMVNOでも使えるかけ放題サービスとしては、FREETELの「だれでもカケホーダイ」もありますが、5分かけ放題は月額840円(税抜)。5分かけ放題では、月額800円のG-Callが最安になっています。

G-Callで5分かけ放題オプションを申し込むには、サービスの申し込み時に「5分かけ放題に申し込み」のチェックを入れるだけ。G-Callアプリの使い方は半額通話サービスと同じなので、簡単かつ便利です。

G-Callを使うデメリットは?

G-Callの半額通話サービスや5分かけ放題オプションを利用すると、通話料はG-Callに支払うことになります。そのため、月々のスマホ料金の支払い先がMVNOとG-Callに分かれてしまいます。管理が複雑になるので、デメリットと言えるかもしれません。

しかし、G-Callでは以下の画像のように、通話明細で発信先の電話番号や通話時間を詳しく確認できるのが特徴です。

MVNOによっては、通話明細を確認できない場合もあるので、どこに電話をかけたかなどを細かく確認したい人には、G-Callをおすすめできます。

また、G-Callは利用する電話番号を複数登録することが可能です。家族も格安SIMを使っているなら、家族全員の電話番号を登録して、通話料をまとめて管理・支払いできるのは便利ではないでしょうか?

電話をあまりかけない人も、よくかける人もお得になる

G-Callは、電話をあまりかけない人にも、よくかける人にもメリットのある通話サービスです。

電話をかけるのは月に数回という人なら、月額基本料無料の半額通話サービスだけを使って、通話料を10円/30秒に節約できます。

一方、毎日のように電話をかける人であれば、月額800円の5分かけ放題オプションを付けて、お得なかけ放題で通話を楽しめます。

電話をあまりかけない人も、よくかける人も、格安SIMの通話料で損しないために、G-Callへの申し込みをどうぞお忘れなく!

公式サイトはこちら>> G-Call

当サイトに記載されている金額は、注釈がないかぎり税抜表示です。

人気記事

1

UQモバイル公式オンラインショップにて、新規申し込みで最大13,000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャッシュバックキャンペーンが実施中です。 なお、このキャンペーンは当サイト「トクシム ...

2

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます。 しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。 この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから ...

3

UQモバイルでは、4インチでコンパクトなiPhone SEを購入できます。 そこで気になるのが、「iPhone SEがいくらで購入できるのか?」「実質負担額はいくら?」「月額料金は?」といったことです ...

-ハウツー
-,

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.