無駄に高いスマホ料金、いつまで払い続けるつもりですか?

当サイトをご覧いただいている方の多くは、月々のスマホ料金が高いと感じて、格安SIMの情報を探しているのではないかと思います。

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアのスマホ料金は高額です。格安SIMにすれば、月々のスマホ料金を半額以下、場合によっては3分の1以下にできます。

スマホ料金を安くしたいなら、間違いなく格安SIMに乗り換えるべきです。

参考>> そもそも格安SIMとは?

格安SIMに乗り換えると、具体的にいくら安くなるのかを以下で解説していきます。

格安SIMにすると、いくら安くなる?

大手キャリア3社は、どこも似通ったプランを出していて、競争がなく、料金は高止まりしたままです。

たとえば、ドコモでデータ容量が5GBのプランを使っている場合、5分かけ放題の「カケホーダイライト」なら月額基本料が1,700円、spモードが300円、パケット料金が5,000円で、合計月額料金は7,000円となります。

当サイトでおすすめするLINEモバイルなら、同じく5GBのプランで月額料金はたったの2,220円です。データ容量が5GBも必要なく、3GBプランで十分であれば月額料金は1,690円と、なんと2,000円以下になっています。

参考>> LINEモバイルのプラン詳細へ

なお、LINEモバイルには“かけ放題”がないので、電話をかけた分だけ20円/30秒の通話料がかかります。そのため、たくさん電話をかける人であれば、通話代が高額になる可能性があります。

ですが、大手キャリアのプランでは強制となっている“かけ放題”は、本当に必要でしょうか? ほとんど電話を使わないのに、それ以外に選択肢がないので、やむを得ず“かけ放題”に入っている人も多いのではないかと思います。

あまり電話をかけない人なら、“かけ放題”が強制ではない格安SIMが確実にお得です。

また、どうしても“かけ放題”が必要という人であれば、UQモバイルのような5分かけ放題付きのプランがある格安SIMを選ぶこともできます。

参考>> UQモバイルの5分かけ放題プラン

また、ジーエーピーが提供している「G-Call」という、どの格安SIMでも使えるかけ放題サービスもあります。これを使えば、LINEモバイルでも5分かけ放題を利用することが可能です。

あまり電話をかけない人はもちろん、電話をよくかける人でも、格安SIMに乗り換えることで、月々のスマホ料金を安くすることができます。

データ容量のプランや通話代にもよりますが、格安SIMでは毎月の支払いを2,000円〜3,000円にできます。現在、大手キャリアのスマホに毎月7,000円支払っている人であれば、月々4,000円〜5,000円の節約が可能です。

格安SIMにはデメリットもある

とはいえ、格安SIMにはデメリットもあります。以下の記事で詳しく解説していますが、格安SIMに乗り換える際は、あらかじめデメリットも把握しておきましょう。

参考>> 格安SIMのデメリットは?

しかし、ほとんどの人にとっては、格安SIMのデメリットよりも、料金が安くなるメリットが大幅に上回るのではないかと思います。

格安SIMにいつ乗り換えるべきか?

ほとんどの格安SIMはMNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応しているため、電話番号を変えずに大手キャリアから乗り換えが可能です。

ただし、乗り換えには所定の費用が発生します。大手キャリアの違約金などもあるため、いつ乗り換えたら良いのか疑問を持っている人も多いかもしれません。

以下では、MNPで乗り換える場合の一般的な費用について解説します。

まず、移行元のキャリアに支払うMNP転出手数料として、ドコモ・auは2,000円、ソフトバンクは3,000円が発生します。

また、格安SIMの契約事務手数料として3,000円がかかります。LINEモバイルの場合、SIM発行手数料400円も加えて、合計3,400円になります。

さらに、大手キャリアを2年契約で利用していて、更新月以外の解約の場合、違約金9,500円も発生します。

これをすべて合わせると15,000円程度の出費になります。そのため、乗り換えの費用を極力抑えたいなら、違約金の発生しない更新月の乗り換えがベストです。

参考>> 格安SIMへの乗り換え費用を解説

本当に更新月まで待ったほうが良い?

しかし、たとえば更新月まで1年以上ある場合に、格安SIMへの乗り換えを更新月まで待ったほうが良いのかというと、そういうわけでもありません。

格安SIMにすれば、毎月4,000円〜5,000円の削減が可能なので、違約金を払ったとしても、すぐに元を取ることができます。

大手キャリアで毎月7,000円支払っていて、格安SIMにすると3,000円になる。更新月まで1年間、というケースで、大手キャリアを使い続ける場合と格安SIMに乗り換える場合の累計出費額をシミュレーションしてみます。

LINEモバイルなどの格安SIMでは、初月無料となることも多いため、1ヶ月目の出費は、乗り換え費用15,000円としています。

以降、毎月3,000円を加算していき、最初のうちは格安SIMのほうが出費が上回っていますが、4ヶ月目で累計出費額が逆転しているのが分かります。そして、1年間で見ると、格安SIMのほうがトータルで4万円も安くなります。

グラフで確認しましたが、実は計算は簡単で、月々の差額が4,000円もあるので、4,000円×4ヶ月=16,000円となり、乗り換え費用15,000円を上回るというわけです。どのくらいの期間で乗り換え費用の元が取れるのかは、差額で割ればすぐに計算ができます。

また、MNP転出手数料と契約事務手数料は、格安SIMに乗り換えるなら必ずかかる費用なので、実際には違約金を何ヶ月で取り戻せるかで、いつ乗り換えるべきかを考えるべきです。

すると、大手キャリアと格安SIMの差額が4,000円というケースでは、更新月まで2ヶ月なら更新月を待ったほうが良いですが、更新月まで3ヶ月以上あるなら、なるべく早めに乗り換えたほうが良いことになります。

初期費用を考慮しても1年間で4万円の違い。いつ乗り換える?

シミュレーションのグラフでも確認した通り、格安SIMに乗り換えるかどうかで、1年間だけでもトータルで4万円もの差が出てきます。4万円もあれば、ちょっとした旅行やレジャーなら十分楽しめるのではないでしょうか。

大手キャリアで、いつまで無駄に高いスマホ料金を払い続けるつもりですか? スマホ料金が高いと感じているなら、絶対に格安SIMに乗り換えたほうが良いです。

世の中に節約法は数多くありますが、格安SIMはとても手軽で簡単な節約法です。たとえば、食費を節約しようとすると、買い物や食事のたびに節約を意識しなければいけません。

しかし、格安SIMなら最初に申し込むだけで、あとは意識する必要もありません。いつもと同じようにスマホを使っているだけで、自動的に毎月4,000円〜5,000円の節約が可能です。

賢い人は、もう格安SIMを使い始めています。あなたは、いつ格安SIMに乗り換えますか?

当サイトおすすめの格安SIM

UQモバイル【正規代理店 LinkLife】

UQモバイルは、auの4G LTEネットワークに対応する格安SIMです。月額1,980円〜の「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話がどれだけかけても通話料無料。「ぴったりプラン」は、60〜180分の無料通話付き。

  • 5分かけ放題「おしゃべりプラン」は2GB・月額1,980円〜
  • マンスリー割でお得にスマホを購入可能。実質100円の機種も!
  • 代理店限定キャッシュバック&初期費用無料キャンペーン実施中!

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEが使い放題で月額500円〜の格安SIMです。LINEのトーク・無料通話をどれだけ使っても、データ容量を消費しません。月間3GB以上のプランでは、Twitter・Facebook・Instagramも使い放題に。SNSを使いすぎても、もう月末の速度制限には悩まされません!

  • LINE・主要SNSのデータ消費がゼロ!
  • LINEの年齢認証・ID検索に対応する唯一の格安SIM
  • 音声通話SIMの3GBプランは月額1,690円

DMMモバイル

DMMモバイルは、業界最安値クラスでとにかく料金が安い格安SIMサービス。高速データ容量 1GBのプランなら月額480円、最大200kbpsのライトプランなら月額440円と、ワンコイン以下で運用ができます。スマホの取り扱い機種も多く、端末代の分割払いも可能です。

契約事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンを2017年11月30日まで実施中!

・業界最安値クラスの料金、データ1GBプランが480円〜
・小容量プランでもデータのシェアが可能
・月850円の追加で5分かけ放題も利用できる

楽天モバイル

楽天モバイルは、低速データ無制限のベーシックプランから月間30GBプランまで、幅広いプランを選べる格安SIMです。端末代と5分かけ放題込みで月額1,880円〜のコミコミプランも提供。料金の支払い方法として口座振替を選べるので、クレジットカードを持っていない人も安心して使えます!

Copyright© トクシム! , 2017 AllRights Reserved.